理事長のブログ

2009.01.21更新

①インプラント(人工歯根)
歯の無い場所に、インプラントを植えることにより、
以前のように、しっかりかむことができます。

残っている大切な歯を削ることなく、
新たな歯ができる治療がインプラントです。
インプラントも、私たちが目指す予防歯科にとって、
必要不可欠な治療方法だと考えています。

今までは、あなたは、大切な歯を1本失えば、
その両側の歯を削って、
ブリッジ(橋渡し)になっていました。
そのため、支えになる2本の歯を削る必要があります。

また、入れ歯の場合は、バネをかけている歯がぐらぐらしてきて抜けてしまいます。
しかし、あなたがインプラントを選択することで、
健康な歯を削らなくてすみます。バネもかけなくてすみます。
このため、私たちは積極的にインプラントをお勧めしています。

また、骨の無い所には、
従来、インプラントを植えることが、出来ませんでした。
今では、最新の技術により上あごなどの骨の少ない部分にも可能になりました。
それは、CT撮影をすることにより、術前に骨の状態を十分に把握できるようになった、からに他ありません。
手術当日にすぐに歯が生えて、噛めるようなテクニックも可能になりました。
当院にもCT(日立メディコ製マーキュレー)が導入されました。
現在、大学病院でさえもまだ少ない世界最高レベルの最新医療機器です。従来、医科用CTと比較して格段に少ない被曝量で鮮明でかつ正確なCT画像が得られます。
 CT撮影をすることで、骨の高さ、幅が容易に診断できるようになり、安全で確実な手術が可能になりました。
今では、たった直径4mmの穴を歯肉に開けるだけで手術がすむようになったのです。
結果、腫れない、痛くない、すぐに噛める、手術が可能になりました。

そこまで進んだインプラントだからこそ、
・歯を失ってしまった。しかし、周囲の健康な歯を決して削りたくない
・今まで入れ歯しか出来ないと言われ、あきらめていた
・以前のように、しっかり硬いものでも噛めるようになりたい

そんなあなたに、おすすめの治療法です。

①インプラント(人工歯根)
歯の無い場所に、インプラントを植えることにより、
以前のように、しっかりかむことができます。

残っている大切な歯を削ることなく、
新たな歯ができる治療がインプラントです。
インプラントも、私たちが目指す予防歯科にとって、
必要不可欠な治療方法だと考えています。

今までは、あなたは、大切な歯を1本失えば、
その両側の歯を削って、
ブリッジ(橋渡し)になっていました。
そのため、支えになる2本の歯を削る必要があります。

また、入れ歯の場合は、バネをかけている歯がぐらぐらしてきて抜けてしまいます。
しかし、あなたがインプラントを選択することで、
健康な歯を削らなくてすみます。バネもかけなくてすみます。
このため、私たちは積極的にインプラントをお勧めしています。

また、骨の無い所には、
従来、インプラントを植えることが、出来ませんでした。
今では、最新の技術により上あごなどの骨の少ない部分にも可能になりました。
それは、CT撮影をすることにより、術前に骨の状態を十分に把握できるようになった、からに他ありません。
手術当日にすぐに歯が生えて、噛めるようなテクニックも可能になりました。
当院にもCT(日立メディコ製マーキュレー)が導入されました。
現在、大学病院でさえもまだ少ない世界最高レベルの最新医療機器です。従来、医科用CTと比較して格段に少ない被曝量で鮮明でかつ正確なCT画像が得られます。
CT撮影をすることで、骨の高さ、幅が容易に診断できるようになり、安全で確実な手術が可能になりました。
今では、たった直径4mmの穴を歯肉に開けるだけで手術がすむようになったのです。
結果、腫れない、痛くない、すぐに噛める、手術が可能になりました。

そこまで進んだインプラントだからこそ、
・歯を失ってしまった。しかし、周囲の健康な歯を決して削りたくない
・今まで入れ歯しか出来ないと言われ、あきらめていた
・以前のように、しっかり硬いものでも噛めるようになりたい

そんなあなたに、おすすめの治療法です。

三鷹市の歯科 矯正歯科 インプラントはハートフル歯科へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY