井上先生のブログ

2014.05.31更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

いつものように、根管治療を当院で希望される患者さまにラバー装着後にマイクロスコープで、痛み、腫れの原因を探っていたら???

根の内側から出血が確認しました!

そこで、出血の原因確認のために、CTにより診査、診断をしました。

    


左上の写真は通常の二次元の歯科レントゲンです。この画像では歯の周りに黒い影もなく問題はないようです。

しかし、右上の写真は三次元の歯科用CTでの画像だと根の途中で黒い影があり穴(パーフォレーション)が空いていることが解りました。

痛みや腫れの原因は根の途中でのパーフォレーションが原因と診断しました。

今後の治療方針はMTAセメントを使用してマイクロスコープでパーフォレーション部を修復していきます。


今日もマイクロスコープが、痛みや腫れの原因を見つけてくれます。
マイクロスコープは、正しい診断力を与えてくれます。

もちろんハートフル歯科では保険内でマイクロスコープを使用して診療を行っております。

"すべては患者さまの笑顔のために..."