理事長のブログ

2014.12.26更新

ハートフル歯科グループでは、

1、オートクレープ(クラスS 高温加圧滅菌器)


2、DAC ユニバーサル


4、DAC ClassB (クラスB 真空高温加圧滅菌器)


3、ホルマリンガス滅菌


5、プチクレープ (高速高温加圧滅菌器)

6、ミーレ 

7、超音波洗浄器

7種類の洗浄、滅菌器を駆使して、人から人への感染防止に努めております。
歯科医療器具には、金属、プラスチック製品、刃物、など様々なものが存在しています。
それに合わせて、これらの洗浄・滅菌を行っております。

そして、なるべく多くの物を使い捨てにしております。
すべては、感染防止のためです。

血液や唾液から、HIV、B型・C型肝炎、芽胞、各種細菌、ウィルスなど伝播する可能性が常につきます。
そこで、下洗いとして超音波洗浄、ミーレによる93℃の高温洗浄などを行っております。そこでは、血液、唾液を除去しています。
これを人の手で行う施設もあります。その際には、先の尖がった器具も混ざっております。医療従事者への感染の防止の為に、機械を使った洗浄をまず初めに行っております。

このミーレや超音波洗浄は、タンパク分解・除去する洗浄を主に行っています。

その後、多くの物は、滅菌パックという専用の袋にいれオートクレープという高温加熱滅菌器にかけ
られます。滅菌パックは、滅菌がかかると色が変わるので、かけ忘れを防止できる機能が備わった袋です。滅菌後、パックの中身の滅菌状態は、保たれます。





ハートフル歯科では、みなさんの将来に渡る
お口の健康サポートを目指しています。

このプログは、地域の皆さんへのハートフル歯科での取り組みとしての情報発信だけでなく、地域の歯科医院や全国の歯科医院の先生方にも読んでいただき、歯科医療現場の滅菌管理レベルの向上につながればと願っています。

5/8に、読売新聞に歯を削るドリルの柄の滅菌に関する記事が出ました。
多くの歯科医院では、その柄は滅菌されていません。
しかし、欧米の国々に行くと滅菌が当然のように行われています。
中国の歯科医院に見学に行った時にも行われていました。
日本だけが置いて行かれてしまったのかもしれません。

全ては全国の患者さんの笑顔の為に・・・

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY