理事長のブログ

2015.01.25更新

新宿野村ビル48階のホールにて、
KOデンタルという日本最大の歯科材料屋さん向けに
シロナ社のCTの製品に関する講演を行ってまいりました。



日本臨床歯科CADCAM学会でいつもお世話になっている
草間会長とご一緒させていただきました。

内容は、シロナのCTを応用した
インプラント治療に関するものです。
僕は、シロナ製のCTが歯科院のインプラント臨床を変化させる
という部分に焦点を絞った形で講演をしてきました。

関東中から集まったKOデンタルの
営業150名に講義をしています。





歯科の専門用語は使わないように
平易な文章を使用して、細かな専門的な操作よりも
感覚的にシロナのCTを使用すると
インプラント手術が、安全に行えると講演をします。


ちまたでは、インプラントの安全な治療か?
などと、話題になっています。
しかしハートフル歯科では、事故なく毎日の臨床に
インプラントを組み込まれています。

なぜか! 
それは、インプラントを個人のテクニカルスキルに頼らず、
CT技術を応用した
ガイドサージェリーを毎回必ず使用してるからの他なりません。
車のナビゲーションのシステムのように、
インプラントナビゲーションシステムと言われる。
=ガイドサージェリー
そのシロナ社製のCTを応用して、
インプラント治療に行っているからです。
安全なインプラント治療の支援ソフトがついています。

今回は、インプラント手術が安全に行える理由。
患者さんも歯科医師も
「安全なインプラント治療が求めている!」
とお話しさせていただきました。



全ては、患者さんの笑顔のために・・・

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY