理事長のブログ

2015.02.19更新

プログに初めて書く 話になります。

いつもプログには,コンピューターを使用した最新の歯科治療や
CT、安全なインプラントオペなど書いてます。

今日は、歯周病について書きます。

ハートフル歯科では、歯石取りだけの歯周病治療は、
あまり勧めていません。




なぜか?

歯周病の直接の原因が、歯石だからではないからです。

歯周病の原因菌は、歯周病原因菌群です。
特定の菌達と言ったら分かりやすいかもしれません。

歯石が直接悪さをしているわけではありません。
原因は細菌によるものだとも知られています。

しかし、歯石の直接の原因が歯石だと誰も言わないのに、
歯周病治療が歯石取りにすり替わっています。

これが歯周病治療の不思議な話。

そこで、ハートフル総合歯科では
DrPLUSという塩水を電気分解したお水で
お口の中や、歯周病菌の住みかとなる
歯周ポケットを洗い流すことで、
直接歯周病原因菌群を洗い流し、
除菌していく行為をしています。

その結果、写真のように歯肉縁下歯石と言われる、
黒い歯石が見えてきます。



歯肉の上の白い歯石、
歯肉の下の黒い歯石。




治療が進むといつの間にか黒い歯石が見えてきます。
見える歯石の除去は、簡単です。

こそっと取れてきます。

歯石取りは、痛くてツライものだと思っている方もいらっしゃいます。

ハートフル式の歯周病へのアプローチでは、
薬液効果を使った歯周病治療を行っているために
無理に歯石を取らなくとも自然に改善していき、
歯肉の下のこびりついた黒い歯石までも
除去できるようになるのです。




歯石は、歯周病原因菌群の住み家、
]ザラザラな表面は、汚れ、食べかすの宝庫となっています。
だから歯周病菌が繁殖し、歯周病が進行するのです。
歯がぐらぐらしたり、抜けてきます。

歯石の存在は、歯周病菌に
家と栄養を提供してことになってしまいます。

歯石除去は、確かに必要なのですが
当院では菌そのものにもアプローチしていきます。

それがハートフル式!

歯肉の下の黒い歯石を歯科衛生士さんが、
ゴリゴリ血だらけのお口の中、
昔からよく見る歯科医院での光景です。

それは、縁下歯石を刃物でゴリゴリ取ろうとして、
歯肉をちぎってしまうからです。

それでは、痛いです。

ハートフル歯科では、
美容院でシャンプーやリンスをしてもらうように、
やさしくポケット内を洗います。
それだけで、歯周病は、改善していきます。

もう、つらいだけの歯周病治療は、卒業しましょう。

たまたま、歯肉の下の黒い歯石が見えてきた
通い始めの患者さんの歯肉の下の黒い歯石を見つけたので、
プログにしてみました。

全ては、全国の患者さんの笑顔のために・・・

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY