理事長のブログ

2015.12.25更新

今年もクリスマスがやってきました。
ハートフル歯科南口院では、12月になると玄関のお花
をクリスマスリース風にアレンジを加えます。



クリスマス用に特別メニューが変わるのではないので 
過度にクリスマスに関しては、南口院では、行っておりません。
キッズ(小児歯科院)では、ハロウィン、クリスマスで仮装をしたりするのとは、対照的です。



2015年度を振り返ると
12月にハートフル歯科の総合歯科として、夢となっていた矯正院が完成して、
ハートフル総合歯科として理想の形になりました。
良い年となりました。

南北歯科医院でのこだわり(三鷹駅を利用される方に最先端の歯科医療を提供する)

キッズ(小児歯科院)でのこだわり(未来ある子供たちは、遊びの中から学ぶ、むしば予防)

オルソ(矯正歯科院)でのこだわり(歯を抜かない矯正治療)

オペ室(十分なスペースと、ゆとりあるオペ時間を作る、オペの際術野の光量を確保する。)
を作りました。

というこだわりを突き進むと、こうなるんだというものを
全国に向けて情報発信できた事が一番良かったと思います。

10年数年前に見た
アメリカ・ロサンジェルスの歯科院は、矯正院、根管治療院、歯周病治療院、
口腔外科院、小児歯科院と科目ごとに分かれていました。
それぞれが別の経営者が治療を行う 日本風にいうと医療モールとなっておりました。

当時は、マイクロスコープが根管治療院にあるだけで、
歯科用CT、CADCAMなど、まだまだ一般的ではない時代でした。
現在は、マイクロスコープが虫歯治療や手術にまで使用範囲が広がり、
日本だけだと思いますが、歯科用CTやCADCAM が
一部健康保険適用まで使用可能となり、一般化してきました。


標榜科目が、歯科の細かなものまで認知されていない日本の現状を踏まえると

大人の歯科医院
子供の歯科医院
矯正歯科医院
口腔外科(インプラント)医院と分類する。

標榜可能な科目ごとに歯科医院を分類する事が
一番地域に受け入れられやすいんだと思うようになりました。

そこに、現在必要な歯科用の診断機器(歯科用CT)(矯正用のセファロ)、
治療器具(CADCAM)(レーザー)などを必要に応じて、
それぞれの標榜歯科医院に配置する事が必要であると考えてきました。
5、6年前からそういった、重機が増えるようになり、個人の歯科医院では、
購入し続ける事が難しくなってきているので、グループの強みを生かし
歯科の科学技術の進歩に対応していく事が出来ています。

ハートフル歯科グループでは、国からも助成金をうけて支援されています。
全ては、個人ではなくグループだからこそ、可能であると考えます。

また、診断機材、診療機器が増えるとその使用法も多岐に渡り、
学会やセミナーなど受講する必要性が、新たに生まれ、
ブラッシュアップするために時間が診療以外にも取られるようになっています。
その時間を捻出すのも、分担できるのは、個人でなくグループだからと言えます。

プログには出てきませんが、1昨年来、ハートフル歯科グループの技工士チームは、
各人がすすんでより良い補綴物を製作するために、夜間、週末を利用して学校に通っております。
前歯の形態を学び、色や形にしていくトレーニングや、
最新のCADCAM器具の取り扱いについて学んでおります。

以前より、チームの向上には、個人のスキルの向上が欠かせないと言っております。
歯科医師チームは、朝の勉強会、お昼のMTを通じて教育を行っております。
衛生士チームも同様に、勉強会を行っております。

各セクションごとにチーム力アップの取り組みをするようになっております。
一人では、できない事がチームだと可能になります。
個人個人のスキルアップのために、
先輩や後輩がトレーナーのように寄り添い、支えあう風土が生まれています。
一人がセミナーに行って、学んだ事を、チームに教える。
教える事が本人にとって、一番の勉強になります。
それが動きはじめたのが、2015年でした。
良い診療環境と、メンバーが揃ってきたと感じております。

来年は、メンバーの教育を重視していこうと考えておりますが、
僕から何か教えるというよりも、グループを支え、個人個人を見てあげたいと考えております。
一人一人の居場所が作れるように、リーダーの役割を担っていこうと考えます。

昨日、年内最後のオペが終わりました。
その後、熱が出て昨日は、1日寝ておりました。
4年前も年末インフルで倒れました。
一年中、気が張っているから、気の緩む、
年末に風邪を引くんだなぁと感じます。

今日は、熱も下がり 診療に戻ります。

年始に来年の抱負を書くと、2月から実施されるとよく言われています。
今年も年末に来年の事を考え、1月から良いスタートを切っていきたいと思っています。

2016年は、ハートフル歯科誕生から10年を越え
更に良い医療を提供していきたいと思います。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY