理事長のブログ

2017.01.22更新

三鷹市ハートフル歯科、武蔵野市ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長の下田孝義です。

ハートフル歯科では、2年前より ヨシダ社のトロフィーシステムを導入し、日々 CADCAM修復に使用しております。そこで、多くの症例を通じて知り得たものが増えてきたので新規導入の歯科医師の先生方にハンズオンセミナーの依頼がありました。
半年間の準備を経て初めて開催の運びとなりました。

 

YCC集合写真1

 

実習付きのセミナーは、受付待合室のロールクスリーンを下ろし、講義を受けていただきました。

 

YCC講義

 


また、実習は、治療イスを利用して行いました。

 

YCCセミナー ユニット

 


定員8名の所、キャンセルもありましたが7名の方にご参加頂くことが出来ました。
お忙しい中、お越しいただきありがとうございます。

CADCAM修復におけるイロハを、急ぎ足ではありましたが、行うことが出来ました。開業医の歯科医師の先生方を対象にしているので、化学記号云々よりも現実的にどう取り扱うと良いのか明日から応用できる内容を中心に進めていきます。

他社製品とのカメラの撮影比較や実際に模型を削りカメラで撮影した先生方一人一人用にセラミックブロックを削り、研磨し装着まで進めます。

実際に自分で削った模型に合わせて、カメラ撮影、適合状態、仕上がりなど確認して頂きました。嘘偽りない、本物志向の実習を行いました。
講師の先生の理想的な削り方ではなくても、ある程度勉強すれば適合するということを知ってもらえたと思いました。これは、CADCAMの「ハード&ソフト」の大きな進化に他なりません。
講師の先生のテクニックで、「どぅやぁ!」と見せられても信用できないのが世の常。初めて学んだCADCAM修復でもすぐにうまく作ることが出来ることを体験してもらいます。

何十万円もする高額セミナーに行かなくても、しっかり学ぶことが出来ることを目指して企画しました。
主催企業さんや協賛企業さんのお力もありセミナーは、大盛況に終わりました。

早速、第2回のオファーが来て、第1回の様子をFacebookに投稿したら次回の参加希望の連絡を頂くことも出来ました。

ハートフルのメンバーで開催するCADCAMハンズオンコースは、メンバーみんなの学びの場所となりました。良い機会となりました。
そんな機会を下さった、株式会社ヨシダ様にも深く御礼申し上げます。

また、このような大それた企画を立て、成功させることができたのは、いつも通ってくださる患者さんに教えて頂いた事の積み重ねによるものです。
ありがとうございます。

全ては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY