理事長のブログ

2018.05.02更新

4月が無事に終わり、今年は、例年以上に新入社員が数多く残ってくれそうな雰囲気で嬉しく思っています。また、ここ2年くらいに入ってくださった方が、2年目3年目を、迎え、医院の方向性を理解して、仕事をしてくださっています。マニュアルの更新が、あり。新人教育カリキュラムを、更新して臨んでいます。
役割分担が進み、仕事を円滑にしてくれています。

また、何かの折にもその内容を引き継いでいただければそのままハートフル歯科は、良い感じに仕上がっていくと期待しております。
人に悩み  苦しんできた13年間でした。

Dr、DH、DT、DA、受付、事務、保育士、パートさんなどそれぞれの役割があります。
それぞれに伝わってきた気がします。

個人のスキルが伸びないと、医院全体のスキルは、上がりません。
個人のスキルや個人の利益だけを気にしても全体のレベルアップは、叶いません。
新人教育、後輩の育成こそ、歯科医院全体には、必要とされていています。
また、事務員さんがいないので、その分を皆さんが細々負担して下っている事を知っています。

そう、振り返ると、今年に入り
誰にこの仕事を振ればちゃんとやってくれる。
その区分けがしっかりしてきた事感じます。

個人のスキルに厚みが、増してきました。

僕がいなくても、話し合いが、進み、シフトを決まり新人の指導をする。
この4月からの1ヶ月 既存メンバーが力をつけてきたことを感じます。
PDCAサイクル:計画して、やってみる。上手くいかないことを、修正する。再度やってみる。その繰り返しで、新人を育てていきたいと思います。
組織は、かならず人の入れ替わりがあるものです。
既存のメンバーには、組織には、代謝(退社)が、つきものです。入れ替わり、責任あるポジションに就くことで新しい才能や力を発揮する人も出てきます。そう思ってもらいたいです。

その甲斐あって、
昨年秋以降入社されたメンバーの定着率も上がっています。ベテランのスタッフが1人で抱え込んでストレスを感じるのでは、なく。後輩を育成して、仕事をうまく振れている様子に良いサイクルを感じます。

歯科医師は、常に診療だけに専念できるようにサポートしてもらいたいと思っております。
誰じゃないと何かの処置のサポートができないとならないように、アシスタントのレベルも平均化させていきたいと思います。
そして、人材育成に協力してくれる人を評価して行こうと思います。

時々、メンバーに話すこと

どんな職場にも、3種類の人が働いています。
1.組織の中のお豆の存在
2.そこの職場で仕事に慣れて評価される人
主には、育った環境で力を発揮します。
3.どこの職場にいっても力を発揮し、評価される人

新入社員の方は、1になります。やがて、2に成長していきます。
3の力を持って行く人は、わずかだと言われています。

2として、生きる事が、評価を上げる1番の早道です。だからこそ、キャリアを積み上げてもらいたいと切に願っています。隣の芝が青く見えても、個人のキャリア、スキルを、みたことのない隣人が100%評価出来るわけないからです。
見込みで100%の評価をする経営者は、いない。そんな冒険は、出来ない。

2の方が転職すると、環境が変わり力を出しきれなくなり一旦評価を下げます。一定期間後に評価されるかもしれません?そのまま、評価されないかもしれません。何しろ、時間的なロスが生まれます。
3だと思いこみ転職して、適応できずに再転職を繰り返す方もいるでしょう。


とかく、自分が、自分がと思われる方が、多いと思いますが、一人では生きられない社会。
隣の方のサポートをしていると、自分も誰かに支えてもらえます。「因果応報」

欲しいスキル、欲しいお金、欲しい休み。

一人は、みんなのために
みんなは、一人のために

ラグビー精神の様に
巡り巡って皆さんの 下に帰ってくるのです。

患者さんに
「より良い医療を提供する。」ために
みんなで、やっていきましょう!!

良い医療を提供する→患者さんが、喜ぶ→支払い→歯科医院が継続する→働く人が増える→給与が支払われる。→給与、賞与、有給が、もらえる。

歯科医療技術。身につけたければ、勉強する、練習する、手が進む。患者さんが増えて、仕事が忙しくなる。自分の手が足りなくなる。やらせてみたくなる、歯科医師の歯科医療技術向上のチャンスができる。

このサイクル

メンバーが一緒になって
「ハートフル歯科の目指す道」共に志すことで、メンバーには、それぞれが欲しいものが、手に入ると思います。

「良い医療」とは、
「30年後も患者さんの笑顔になれる治療」
だと思っています。

ハートフル総合歯科グループとなり、数年が経ち、人が育ってこようとしています。
人材を人財としていきたい!
その願いも叶いつつ、あります。
まだまだ、お叱りを受けることもあると思います。しかし、一歩だけ段階を上がったように感じます。

メンバーの成長を感じ、嬉しく  それを形にしたいと思い、春の特別賞与を支給しました。
今時、社員旅行やパーティーをしても時間を拘束されて嫌がる若者が、多いと聞ききします。みんなが頑張るその姿を評価して、経営者としても、暖かく見守っていきたいと思います。

メンバーのおかげで、強くなってきたました。
患者んには、ハートフル歯科をこれからも応援してください。

メンバー一同  毎日、皆さんのお越しをお待ちしております。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY