理事長のブログ

2018.08.24更新


今年の夏は、暑かったですねえ!
「暑い、暑い 」が、日々の挨拶となっています。
7月1日 ボストンインプラント研修から帰国して、成田で「あっついなぁ」と話して以来、もう2ヶ月になります。

8月生まれの僕は、暑いのは、大好き!
暑い暑いと、夏を感じるのは、大好き!
昼休みに暑い暑いと言いながら、近所を歩いて、気分転換するくらい。

シャツが、汗でビッショリ!
ポケモンGOをやっています。(笑)

しかし、日曜日は、逆に家族と過ごしているのでこの暑いのは、困ります。行くところがない!
7月末に「よみうりランド」に行ったのですが、あまりの日の強さに日焼けし過ぎるのと熱中症が、怖いのでそれ以来行っていません。

今年の夏のヒットは、「映画」 でした。
何年も映画館には、行ったことがありませんが、

娘と妻と3人で、
「インクレディブル ファミリー」

g

「コードブルー」

j

妻と2人で、
「ミッション インポッシブル」

i

 

 

合計3本も見てしまいました。

映画のジャンルがバラバラなのは、それぞれの好みで行くからです。3人で、3本。

クイズ:「誰がどれを見たかったのでしょうか?」

それぞれの映画館には、異なった客層がいました。また、そういう事を見ているんです。(≧∇≦)
映画監督の狙った世代が、バッチリ集まっていました。
家族がそれぞれ見たかった映画には、そんな集団が出来ていたのです。

ハートフル総合歯科グループは、三鷹駅周辺に四つの歯科医院が、それぞれに別のコンテンツを揃えています。

1.南口の大人の歯科医院
2.北口の大人の歯科医院
3.子供用の歯医者さん
4.矯正とホワイトニングサロン

中身が異なります。そうすると、患者さんが選んでるくれるのです。同じ吉祥寺の映画館でも、それぞれに集まる人は、異なります。
「論より証拠」 
吉祥寺に映画館がいっぱいあってどうするの?
とは、言わないでしょう。

映画作りとは、どんな作品でも「良い映画」作る事を目標としているんですね!
全員で、見る映画は、難しいけれども、その層に合わせたしっかりとしたコンセプトを持ち、ブレずに作り続けることの大切さを感じました。

ミッションインポッシブルは、1996年に第1作が公開されています。僕は、26才でした。22年前でしょうか。変わらぬド派手なアクションを繰り広げる イーサンハント(トムクルーズ)にハラハラドキドキさせられました。「期待通り」の息つく間のない展開に十分楽しませてもらいました。感謝です。

他の作品にも、泣いたり笑ったり、ハラハラしたりしましたが そこは、割愛します。
またまたですが、シリーズの映画や、ドラマからの映画など、前作のある映画を見たのですが、変わらぬ味。しかし、新しいストーリーが展開される面白さ。を感じました。

ハートフル歯科として、誕生して13年を越えて、
変わらぬ味と新しいストーリー展開。
「良い映画」を作りづける監督ならぬ、
「良い医療」を提供しづつける僕らでありたい!

映画って面白いですよね。

仕事と子育てに振り回されて30代、40代を終えようとしています。48才の誕生日を、越えて。
映画を見る機会を得ました。
「映画って面白い」
携帯でこそこそ見る映画は、盛り下がる事を理解しました。スマホ依存症となり、アマゾンプライムやユーチューブなど見るようになりましたが、そこには、臨場感というものがなかったり。他のことに気を取られながらながら見ているだけの「暇つぶし」だった事に気付きました。
「娯楽」としての映画では、無くなっていた気がします。

これからは、休みの日に妻と2人で「たまには、映画でも行こう!」という日を作ろうね。
と話しています。

良い医療を続けるために、たまに  全てを忘れて、映画を見てスッキリするのは、良いことだと思いました。

あと2年で、50才 高齢者割引になるそうです。
多少の違和感は、まだありますけど。(笑)

 

最新の機械で、最先端な医療を行う。
「良い医療を提供しづつける。」
それが、ハートフルな歯科医療の形なのです!


全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY