理事長のブログ

2019.01.08更新


以前から、ご指導いただいている、康本先生の執筆されているページより抜粋になります。
これを見て、考えて見たいと思います。
まずは、抜粋記事より

l

歯科医院の規模は、3台40%、4台35%、ユニット2台、ユニット5台それらで、90%を占めています。
その規模では、歯科医師1名であることが多く、雇用しているスタッフは、平均4名程度です。
配置としては、歯科医師1名、受付1名、歯科衛生士または、歯科助手で2−3名と言えるでしょう。
歯科助手が受付と兼務していることもあります。
その年間医業収入は、平均4300万円
人件費は、概ね20%
人件費総額は、800ー900万円という事になります。
資格の有無に関わらず、スタッフ3名で割ると、平均300万円以下となります。4名なら1人220万程度
以上 

月給20万×12ヶ月=240万円 +賞与が、いくらか?
年収300万円前後のモデルとなります。このくらいの給与のスタッフが3名とあるのでしょうか。

歯科医院で働くスタッフの平均給与は、こんな感じだそうです。
だから、業績が上がらないと、給与は上がりません。
どこの歯科医院でも、スタッフ間で900万円を取り合う仕組みだとお気づきでしょうか?
意外と給与は、低い業界です。
だから、人が減っていくのです。

保険制度の中で、一人が生み出す時間単価、売上は、増えません。
この時間を切り売りしている、この働き方に、限界があるんです。
厳しい業界ですよね。


業績が上がらないと、給与は、伸びようがない。
もしくは、ベテランスタッフの退職で順番が入れ替わる。のを待つ。
これは、ハートフルのやり方では、ありません。
良い医療を提供して行く事で自然と業績は、上がります。

ハートフル歯科は、今まで右肩上がりの業績を伸ばしてきました。
今年も例年どうり、しっかりやっていきます。

ハートフルの求める人物像は、
『業績・教育・みんなから必要とされている』に貢献してくれる方です。

どうすれば、業績が上がるか。

まとめると、僕は、ひとえに 「患者さんに喜んでもらう事」だと思います。
患者さん満足度を上げる。

良い医療をする。=患者さんのneeds、隠れたwantsを見つけて提供する事だと思います。
人それぞれ、希望は、異なります。
多くの人に喜ばれる治療を提供するように、メンバー一同力を合わせて行こうと思っています。

清潔な、身なり。言葉使い、立ち振る舞いに気をつける
受付の気持ち良い応対、爽やかな笑顔
初診カウンセリングで現状をお聞きする。過去の歯科医療経験を聞く
キレイな診療室でお出迎えをする
歯科医師は、それを受けて適切な診断をする。
真摯な治療を行う


それに尽きると思っています。


具体的には、診療中に怒っている様子が伝わっていたり、気分のムラがあったりしないように
床にゴミやホコリがないように掃除をしっかりする。
ユニット周りの清掃、受付周りが散らかってないように

ディズニーランドのトイレが、汚かったらどうでしょうか?
強面のキャストやダンサーは、いません。
年末にディズニーランドに行き、10年前と変わらず、キャストと言われる方々の笑顔を絶やさぬ文化、35年前に作られた園内に清潔感がある事に驚きと感動を得ることができました。

今年も必死に仕事をして行く事には、代わりがありません。
14年前に開業した時にきてくださる患者さん一人一人が予約時間に来てくださった時に、ホッとして、感謝の気持ちを持ってお出迎えしたことを思い出しました。


全ては、患者さんの笑顔のために・・・


下田孝義

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY