井上先生のブログ

2014.04.25更新

こんにちは、ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

4/25のお昼休みを利用してハートフル歯科南口院の受付のスクリーンを出して、松風の方をお招きし、新しいCAD/CAMのブロック、「松風ブロックHC」の説明をしてもらいました。

理事長はじめドクター、歯科技工士チームが集まり説明を聞きました。



その説明の中で目を引いたのが、天然の歯に近い蛍光性と歯ブラシによる耐摩耗性、耐着色性が優れている点です。他のレジンブロックと比べ、着色もしにくいブロックになっています。



レジンブロックでも接着、形成をきっちりプロトコールに沿ってやれば、割れることはないと思われます。
逆にここを怠ると、すぐに割れてきてしまいます。
形成のプロトコールはセレックとなんら変わりはありません。
マイクロスコープを使い精度の高い治療を今後とも行っていきます。
セレックの症例数日本一を誇るハートフル歯科だからこそできる治療があります。

これからも患者様に良い診療をさせてもらうために、よりよいセラミックブロックを選択していきます。

"すべては患者様の笑顔のために・・・"

今後ともよろしくお願いします。

投稿者: 井上 貴史

2014.04.13更新

こんにちは。

三鷹市ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

4月13日(日)に福岡で開催された第11回日本顕微鏡歯科学会学術大会・総会に参加してきました。
朝一番の飛行機に乗って福岡へ向かいました!



講演ではCTの有用性、歯内療法外科にはマイクロスコープやマイクロスコープ用のインスツルメント(道具)を使用することで成功率が上がる事など再確認できとても勉強になりました。



なかでも今回は感動しましたのは、まだ発売前のマイクロスコープ用の新しいインスツルメントの情報と素晴らしい臨床を聞けた事です。

新しいインスツルメントは歯肉を剥離するものとミラーが一体化したものです。
マイクロスコープで見ながら歯肉を剥離しミラーがついていることで最小限の侵襲で歯石や感染物が確実に確認でき取り除けます!

早く使いたいです。

もちろん新しいインスツルメントはハートフル歯科でも導入予定です。



これからも患者さまによい医療を受けて頂けますように研鑽を積んでいきます!

"すべては患者さまの笑顔のために"

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございました!

投稿者: 井上 貴史