井上先生のブログ

2014.10.25更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回はVPTについてです。

VPTとは、Vital Pulp Therapy の略です。

歯の神経を取らずに神経を保存する方法です。

虫歯がひどく神経まで到達するギリギリの時に、症状がない場合にのみ適応します。

詳しくは本山先生のブログを見てくださいね。

<症例>

50歳男性、右上第一大臼歯の歯が欠けた事を主訴に来院。

レントゲン写真からむし歯が神経に非常に近接していることがわかります。



診査したところ症状も無く、電気診断を行い神経反応があることを確認しました。

金属を除去しカリエスを除去すると...



マイクロスコープで確認すると、まだまだ茶色い軟化象牙質(むし歯)があります。

通常、このままむし歯を除去すると神経が出てしまい、神経治療になります。

そこで、診査診断をし、神経保存療法のVPT適応と診断しました。



VPTは神経を感染させてしまうと予後がため、歯のまわりのむし歯を除去し一時的に隔壁(歯に囲いつくる)をつくり、ラバーダムを装着しました。



むし歯をすべて除去し神経の一部を除去した状態です。

止血が出来ている事をマイクロスコープで確認します。



注意深くMTAセメントを入れます。



MTAセメントが漏洩しないように蓋をします。



VPT後のレントゲン写真です。

経過観察し状態が良好でしたら次回セレック予定となります。

マイクロスコープでの高倍率と明るいキセノンライトのおかげで治療時間の短縮、治療の質も向上しています。

今後ともよろしくお願いします。




投稿者: 井上 貴史

2014.10.16更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

11月16日(日)に札幌で行われますGCセミナーの秋山勝彦先生による札幌講演に受講してきます。




以前のブログでも書きましたが、マイクロエンドスコーピックテクニック(マイクロスコープでの直視)で有名な秋山先生の1日講演を聞きにはるばる北海道へ行ってきます!

秋山先生が1日講演をされるのは今まで数回しかないようです。
この貴重な機会に是非とも参加したいと思いエアーチケットを取りました。

9月に参加させて頂いたマイクロエンドスコーピックテクニックのポジショニングの話やマイクロスコープを使った次世代の歯科治療などとても興味深い内容ばかりで今から楽しみです。

患者様によりよい医療を受けてもらえますように勉強していきます。

今後ともよろしくお願いします。

投稿者: 井上 貴史