井上先生のブログ

2014.12.14更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

12月も中旬となり今年もあとわずかですね。

12月14日(日)に山梨県で行なわれた第4回デンタルアスリートに下田理事長と参加してきました!

このデンタルアスリートでは秋山勝彦先生主宰のMATIペリオスペシャリストコース (3年間の歯周治療のスペシャリスト育成コース)を終了された5名の先生方がコースで習得されたスキルを発表して下さいました。

マイクロスコープを使用した繊細な歯周治療のプレゼンテーションを聴かせて頂きました。

どの先生も非常にレベルが高く、勉強になりました。

細かい手技等は私もMATIのペリオスペシャリストコース受講を予定なのでそのときに学びたいと思います。

今からとても楽しみです。

こちらは山梨県甲府駅近くの武田信玄公の像です。



このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございます!

投稿者: 井上 貴史

2014.12.06更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

12/6(土),7(日)に行われました、秋山勝彦先生のマイクロスコープ プリンシパルコースに受講してきました。

このプリンシパルコースはマイクロスコープのコースのなかで一番重要なコースです。

ミラーテクニックでは治療の精度が落ちる事を脳と身体の感覚的に理解してきました。

なるべくミラーテクニックは使わずに、どうしてもマイクロスコープで直視できない場合のみ使いたいと考えます。

そのためミラーテクニックは出来ないといけません。

患者さまにより良い医療を受けて頂けますように、今後もミラーテクニック、直視のポジショニングともにトレーニングを積んでいきます。

このような機会を頂き理事長、ミナ先生ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。
 

投稿者: 井上 貴史

2014.12.01更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回はマイクロクラックから神経治療となったケースを載せたいと思います。

症例
50代 男性 右下奥歯がズキズキ痛むことを主訴に来院。
レントゲン写真から根尖(根の先)に病巣の透過像(黒い影)が確認されます。




ラバーダムを装着し、いつものようにマイクロスコープで見てみると



さらに、高倍率で拡大すると



矢印で示した部位がマイクロクラックです。

患者さまの症状、レントゲン写真、マイクロスコープでの診査等からマイクロクラックが原因で今回の症状が出ていたと診断しました。




やはり、根管口(歯の神経の入口)付近までマイクロクラックが入っていました。

以前のブログにも載せましたが、マイクロクラックは肉眼ではなかなか確認することは出来ません。

今後も注意深くマイクロスコープを使用して診査、治療を行っていきます。

今後ともよろしくお願いします。

投稿者: 井上 貴史