井上先生のブログ

2016.03.18更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

今回は右下第二大臼歯が虫歯で大きく歯冠部が欠損していたので、セラミックにて修復いたしました。
デンタルX線写真は初診時のものです。神経(歯髄腔)に虫歯の影と思われる像が近接している可能性が高いです。




患者さまからは、虫歯を繰り返し、CR(プラスチック)にて何度も修復されたそうです。



CR(プラスチック)を除去した状態です。
虫歯がかなり進行していて歯質は柔らかい状態でした。

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して慎重に虫歯を除去しました。

幸いにも神経までは虫歯の進行はいってないと診断し、神経を保存いたしました。

唾液などが入らないように歯を防湿して歯質をコーティングをしました。

舌側歯質はかなり薄いため、患者さまと相談して全体的にかぶせるタイプで補綴にし形成をしました。



試適(試し入れ)をしました。



適合など問題がありませんでしたので、取り付けました。



痛みやしみる症状も現在はなく使って頂いております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿者: 井上 貴史