井上先生のブログ

2019.10.15更新

こんにちは。

東京都 三鷹市 ハートフル歯科医院、武蔵野市 ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、 三鷹ハートフル矯正歯科医院 歯科医師 井上貴史です。

 

今回は東京都三鷹市にある医療法人徹心会ハートフル歯科医院(南口院)に設置している手術用顕微鏡(マイクロスコープ)での動画撮影後瞬時にプレゼンテーションがおこなえるカリーナ社のADMENIC DVP2が故障し起動しなくなりました。手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を応用しての診療時にカリーナ社のADMENIC DVP2を使って患者さんに現在の状態、治療後などに説明するツールとして使用していたので故障は非常に困りました。すぐにGCの方に電話をさせて頂き修理をお願いしました。


使用期間はどのぐらいかと言うと、以前ブログに書かせて頂きました”ハートフルデンタルクリニックにカリーナが導入されました!”http://www.e82.jp/blog/2016/04/post-124-232610.htmlの内容で「2016年4月8日に武蔵野市にありますハートフルデンタルクリニック(北口院)に手術用顕微鏡(マイクロスコープ)での動画撮影、瞬時にプレゼンテーションがおこなえるカリーナ社のADMENIC DVP2が導入されました!」と記載させて頂いたので、ハートフルデンタルルクリニック(北口院)より前に三鷹市ハートフル歯科医院(南口院)に設置していると思われるので、少なくとも3年半以上は使用させて頂いたと思います。ほぼ毎日の診療時に使用しているためカリーナ社のADMENIC DVP2が故障は仕方のないとこだと思われます。

 

修理が終わり戻ってきました。

これからもカリーナ社のADMENIC DVP2を使用して患者さんの口腔内の状態(治療が必要な歯なのか、保存ができる可能性がある歯なのか、むし歯や歯周病の状態など)を瞬時にお見せし説明ができると思います。

 

南カリーナ

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。 

 

井上貴史

 

 

2019.10.05更新

こんにちは。

 

東京都 三鷹市 ハートフル歯科医院、武蔵野市 ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院 歯科医師 井上貴史です。

 

今回はお子さんのむし歯予防のクリーニングについて書きたいと思います。

 

医療法人徹心会三鷹ハートフル小児歯科医院では0歳から12歳のお子さんの予防処置と平日の午前中に保育士による無料託児を利用してお母さんの歯科治療や予防処置のママタイムをご利用いただけます。

 

むし歯や歯周病予防に定期的に検診や歯のクリーニングは必須と思われます。

 

今回は、子どもの歯(乳歯)がすべてそろった3歳の頃から検診に来院されている男の子です。口腔内診査を行いむし歯はありませんでした。自宅での歯みがきの仕方(当て方、動かし方、順番など)、デンタルフロスを使用して歯と歯の間(隣接面)のデンタルプラーク(バイオフィルム)の除去などお母さんにブラッシング指導を行いました。仕上げ磨きの重要性や定期的な歯科医院での検診やバイオフィルムの除去の必要性などお母さんに説明しました。

 

okosama1

 

上の口腔内写真2019年現在のものです。6歳になりました。6歳臼歯と呼ばれる大人の歯(永久歯)はまだありませんでした。いつもと同じように歯のクリーニングを行いました。よく麦茶を飲むようで茶色の沈着が歯の表面に確認されました。むし歯はありません。

 

okosan

 

3歳の頃から受診しているため歯科医院への恐怖心などは感じられず、ユニット(診療台)にスムーズに座り、口を大きく開けて歯のクリーニングをすることができました。

 

患者さんとお母さんには口腔内写真などの資料を使用させて頂くことを十分に説明させて頂き同意を得て使用させて頂いております。

 

これから子どもの歯(乳歯)が抜けて大人の歯(永久歯)がはえてきて口腔内の環境が変わってくるため、今後も注意深く経過観察させて頂きます。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

井上貴史

2019.10.04更新

こんにちは。

 

東京都 三鷹市 ハートフル歯科医院、武蔵野市 ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院 歯科医師 井上貴史です。

 

今回は少し前の話なのですが、東京都三鷹市にある医療法人徹心会ハートフル歯科医院(南口院)に設置している手術用顕微鏡(マイクロスコープ)のCarl Zeiss社のOPMI pico Mora Interfaceのライトの電球が切れてしまいました。ライトの種類はキセノンライトです。手術用顕微鏡を使用しているうちに見え方が暗くなってきたと感じました。業者の方に連絡させて頂きキセノンライトの電球を交換してもらいました。

 

kisenonn

 

キセノンライトの電球はメインと今回のように電球が切れた場合のスペアの合計2個設置してあります。業者の方からキセノンライトの電球はお取り寄せになりすぐには電球がないとのことでしたが、スペアの電球がありましたので診療は問題なく手術用顕微鏡を使用できました。メーカー推奨の電球の交換期間は500時間とされています。

 

kisenonn2

 

消耗品のためキセノンライトの電球を交換してくれた方から交換目安はおよそ1年ぐらいとアドバイスを頂きました。交換時期の目安を忘れないように日付を記入してもらいました。

 

kisenon3

 

キセノンライトの電球を交換後はとても明るく見やすくなりました。ありがとうございました。東京都三鷹市にある医療法人徹心会ハートフル歯科医院(南口院)に設置している手術用顕微鏡(マイクロスコープ)のCarl Zeiss社のOPMI pico Mora Interfaceは2台、武蔵野市ハートフルデンタルクリニック(北口院)は1台設置してあります。ほかの2台のCarl Zeiss社のOPMI pico Mora Interfaceのキセノンライトも交換が必要か注意深く確認していきたいと思います。歯を保存していくために設備や器具は大切にチェックしていきます。


 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

井上貴史