井上先生のブログ

2015.11.29更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

11月28日(土)29日(日)に平成27年度日本大学松戸歯学部付属病院 歯科医師臨床研修指導医ワークショップに参加させて頂きました。



参加された先生は40名の講習会でした。

2日間に渡り研修目標をグループ討論、発表討論と充実した内容でした。

最後には修了証を頂きました。



今回の講習会でお世話になりました日本大学松戸歯学部付属病院 歯科医師臨床研修指導医ワークショップに関わるすべての方々に感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いします。

2015.11.23更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

11月23日(祝)に大阪の梅田スカイビルにおきまして、特定非営利活動法人 歯科医療情報推進機構(IDI)主催の歯科外来診療環境体制加算施設基準研修会に参加してきました。

今回は大阪で開催されたため、日帰りで行ってきました。
東京駅を6時発のぞみ1号に乗って大阪駅までいきました。



梅田スカイビルの22階会議室で講習会が行われました。



歯科医療安全に関する総合的研修会で特に3つの項目について勉強してきました。

医療事故防止、院内感染防止、歯科診療時の緊急対応等の講習でした。

ハートフル総合歯科グループでも特に院内感染については特に注意しております。
講習会でもありましたが、洗浄→消毒→滅菌の工程が重要です。
最近読売新聞の記事にもありましたがタービンの使い回し、歯科医院で使用されている水等が歯科院内感染について話題となっております。

ハートフル総合歯科グループでは洗浄機(ミーレ)、タービン、コントラの油注は滅菌ができる機器(シロナ社ダックユニバーサル)、院内で使用する水をキレイにする機器(ヨシダ社ポセイドン)を採用しております。

患者さまに安心安全に治療を受けてもらえるために、そして勤務している歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手の方にも安心安全に勤務してもらえるように院内環境には注意していきたいと思います。

帰りも新幹線はのぞみで帰りました。



このような機会を頂き理事長、ミナ先生ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

2015.11.12更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

11月12日(木)に銀座のマロクリニック東京におきましてインプラントセミナーに参加させて頂きました。

今回は下田理事長から薦めてもらいマロクリニック東京の下尾先生のインインプラントにセミナー参加となりました。

下田理事長もインプラントを教えて頂いた下尾先生は有名なインプラントのスペシャリストの先生です。

ライブオペ、オペの環境整備、外科的診査診断、補綴的診査診断、メインテナンスやハンズオンと充実したセミナーでした。

こちらは、ノーベル・バイオケア社のインプラント埋入実習で使用した模型です。



今後もインプラント治療も勉強していきたいと思います。

下尾先生はじめマロクリニック東京の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、スタッフの皆様ありがとうございました。



理事長、ミナ先生このような機会を頂き感謝いたします。

今後ともよろしくお願いします。

2015.09.28更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

今回は歯科メーカーのYOSHIDA社から出ています、オーラルスキャナーのトロフィーを使用して治療を行いました。

左下第一大臼歯に穴があいたことを主訴に来院されました。



金属と歯質の間にむし歯ができています。
レントゲン写真から根管治療が終わった歯で神経はないようでした。
患者さまはなかなか来院できず即日治療をご希望されました。

撮影はトロフィーの専用カメラで行います。



むし歯を除去し根管治療が終わっている歯なので、咬合面(咬み合う面)はセラミックで覆うタイプのデザインにしました。



デザイン後はミリング(セラミックブロックを機械で削ります)します。



セラミックをSETした状態です。



頬側の歯質はなるべく削らないようにしました。

一日で修復しました。
ハートフル総合歯科グループでは、1日で修復できるセレックシステムの他にトロフィーでもセラミック治療が行えます。

どちらを選択するかは、歯の状態によって判断いたします。

今後ともよろしくお願いします。

2015.08.14更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

先日、下田理事長が手術用顕微鏡と使って診査診断したケースです。
前歯のかぶせ物がとれたことを主訴に来院されました。

よく問診をしたあとで、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)で確認しました。

実際に手術用顕微鏡での動画です。
(事前に動画に関しては患者さまには了承を頂いております。)

http://youtu.be/U74GYgt-zdY

歯根までハセツしている可能性が高く、そのまま外れたかぶせ物は入れられないことを説明いたしました。

手術用顕微鏡を使用することで、診断力が上がり患者さまにわかりやすく説明が行えます。

今後ともよろしくお願いします。

2015.08.06更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル総合歯科グループ 歯科医師 井上貴史です。

2015年8月6日に青森県八戸市にあります八戸歯科衛生士学校就職説明会に参加させて頂きました。

青森に行くのは生まれてはじめてでした。
当日は東京と気温は同じく真夏日でとても暑かったです。以外でした。

八戸歯科衛生士学校はハートフル総合歯科グループの歯科衛生士の鹿原さんの母校ということもあり、今回は鹿原さんと一緒に
歯科衛生士学生さんの前でハートフル総合歯科グループの就職説明をさせてもらいました。

八戸に行く前に理事長に内容を確認してもらい、鹿原さんと発表の打ち合わせを重ね練習して当日を迎えました。



鹿原さんも日々の衛生士業務について立派に発表されていました。

八戸歯科衛生士学校関係者の皆様お忙しいところありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

2015.07.12更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

7/12(日)に品川で開催されたバイコン社主催のCADCAMスペシャルセミナーに参加してきました!
「バイコンインプラントの優位性CADCAMを利用した補綴物について」をテーマに講師の先生は下田理事長でした。



バイコン社はアメリカのインプラントメーカーで、ハートフル総合歯科グループでは2013年から導入しているシステムです。
ハートフル総合歯科グループで行われているCADCAMを使ったインプラント治療についてわかりやすい講演でした。

ショートインプラントのバイコン社のシステムを利用すると、安心安全にインプラント治療を行うことが可能で、
患者さまの負担も軽減できると教えて頂きました。

理事長お疲れ様でした。

今後ともよろしくお願いします。

2015.06.07更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

6月7日(日)に東京駅から徒歩1分のステーションコンファレンス東京でZEISS Forumが開催され参加してきました。

Carl Zeiss社は双眼鏡、眼鏡、カメラレンズそしてハートフル総合歯科グループで3台あるマイクロスコープなどドイツの優れた光学機器のマーカーです。

今回は医科からは眼科医の市川一夫先生の基調講演と日本を代表する8名の手術用顕微鏡(マイクロスコープ)で有名な歯科医師の先生が講演されました。



歯内療法専門医の先生の講演やどの先生もとても素晴らしい講演で勉強になりました。

特に楽しみしていたのは、山梨県ご開業の秋山先生の講演でした。



手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を応用した今までにない、新しいむし歯の診断、治療、インスルメント(器具)の発表がありました!

インスルメントはまだ発売されてないようで、発売されたら使ってみたいです。

今後のむし歯治療が大きく変わりそうなわくわくする講演内容でした。

このような機会を頂き理事長、ミナ先生ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。



2015.05.30更新

こんにちは。

三鷹市ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

ハートフル歯科で行われているVPT(Vital Pulp Theraphy)のパンフレットを作製しました。
VPTは以前のブログにも掲載しておりますが、歯の神経を保存する処置で予防的歯内療法として知られています。

患者さまにわかりやすくお伝えするためにパンフレットを作りました。

この度、エンドマスターの本山院長監修のもと完成いたしました。



治療の流れはもちろん手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使ってのVPTが書かれています。

ご興味がございましたらお声がけ下さい。

今後ともよろしくお願いします。

2015.04.26更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

4/26(日)にゲートシティー大崎ホールで開催された、日本臨床歯科CADCAM学会 平成27年度 第1回関東甲信越支部例会に参加してきました!



日本臨床歯科CADCAM学会(JSCAD)は下田理事長が理事を務められる学会で、私も所属しております。

歯科接着の第一人者の眞坂信夫先生をお招きし、ご講演頂きました。
内容は「増加する歯根破折への対応」です。



我々歯科医師は、常に歯根破折(歯の根っこが割れてしまうこと)には注意深く診査しておりますが、歯根破折の治療はとても悩みます。

歯根破折の原因はいろいろあります。
歯の神経をとり歯質が薄くなったり、太く長い金属があったり、ブラキシズム(歯ぎしり、くいしばり)など様々です。

歯根破折は、破折の状態によっては残念ながら抜歯を選択しなければいけないこともあります。

今回は、この歯根破折への対応だけでなくマネージメントについても非常に興味深かかったです。

そして眞坂先生の歯を保存する大切さ、患者さまへの思い、歯科界のみならず日本をよくしたいという情熱がとても印象的でした。

今回は、ハートフル総合歯科グループの下田理事長はじめ本山院長、野田先生、小坂井先生と一緒に受講いたしました。

質疑応答では、野田先生が壇上に上がり、スライドを使って眞坂先生とディスカッションをされていました。
大人数の前でも堂々と野田先生はディスカッションしておりました。



ドクター全員で共有し、患者さまを少しでも永く歯を保存してもらい、口腔内から健康になって頂きたいと思います。
そして、さらによい医療を提供させて頂きたいと思います。

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。
前へ 前へ