井上先生のブログ

2015.07.12更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

7/12(日)に品川で開催されたバイコン社主催のCADCAMスペシャルセミナーに参加してきました!
「バイコンインプラントの優位性CADCAMを利用した補綴物について」をテーマに講師の先生は下田理事長でした。



バイコン社はアメリカのインプラントメーカーで、ハートフル総合歯科グループでは2013年から導入しているシステムです。
ハートフル総合歯科グループで行われているCADCAMを使ったインプラント治療についてわかりやすい講演でした。

ショートインプラントのバイコン社のシステムを利用すると、安心安全にインプラント治療を行うことが可能で、
患者さまの負担も軽減できると教えて頂きました。

理事長お疲れ様でした。

今後ともよろしくお願いします。

2015.06.07更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

6月7日(日)に東京駅から徒歩1分のステーションコンファレンス東京でZEISS Forumが開催され参加してきました。

Carl Zeiss社は双眼鏡、眼鏡、カメラレンズそしてハートフル総合歯科グループで3台あるマイクロスコープなどドイツの優れた光学機器のマーカーです。

今回は医科からは眼科医の市川一夫先生の基調講演と日本を代表する8名の手術用顕微鏡(マイクロスコープ)で有名な歯科医師の先生が講演されました。



歯内療法専門医の先生の講演やどの先生もとても素晴らしい講演で勉強になりました。

特に楽しみしていたのは、山梨県ご開業の秋山先生の講演でした。



手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を応用した今までにない、新しいむし歯の診断、治療、インスルメント(器具)の発表がありました!

インスルメントはまだ発売されてないようで、発売されたら使ってみたいです。

今後のむし歯治療が大きく変わりそうなわくわくする講演内容でした。

このような機会を頂き理事長、ミナ先生ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。



2015.05.30更新

こんにちは。

三鷹市ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

ハートフル歯科で行われているVPT(Vital Pulp Theraphy)のパンフレットを作製しました。
VPTは以前のブログにも掲載しておりますが、歯の神経を保存する処置で予防的歯内療法として知られています。

患者さまにわかりやすくお伝えするためにパンフレットを作りました。

この度、エンドマスターの本山院長監修のもと完成いたしました。



治療の流れはもちろん手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使ってのVPTが書かれています。

ご興味がございましたらお声がけ下さい。

今後ともよろしくお願いします。

2015.04.26更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

4/26(日)にゲートシティー大崎ホールで開催された、日本臨床歯科CADCAM学会 平成27年度 第1回関東甲信越支部例会に参加してきました!



日本臨床歯科CADCAM学会(JSCAD)は下田理事長が理事を務められる学会で、私も所属しております。

歯科接着の第一人者の眞坂信夫先生をお招きし、ご講演頂きました。
内容は「増加する歯根破折への対応」です。



我々歯科医師は、常に歯根破折(歯の根っこが割れてしまうこと)には注意深く診査しておりますが、歯根破折の治療はとても悩みます。

歯根破折の原因はいろいろあります。
歯の神経をとり歯質が薄くなったり、太く長い金属があったり、ブラキシズム(歯ぎしり、くいしばり)など様々です。

歯根破折は、破折の状態によっては残念ながら抜歯を選択しなければいけないこともあります。

今回は、この歯根破折への対応だけでなくマネージメントについても非常に興味深かかったです。

そして眞坂先生の歯を保存する大切さ、患者さまへの思い、歯科界のみならず日本をよくしたいという情熱がとても印象的でした。

今回は、ハートフル総合歯科グループの下田理事長はじめ本山院長、野田先生、小坂井先生と一緒に受講いたしました。

質疑応答では、野田先生が壇上に上がり、スライドを使って眞坂先生とディスカッションをされていました。
大人数の前でも堂々と野田先生はディスカッションしておりました。



ドクター全員で共有し、患者さまを少しでも永く歯を保存してもらい、口腔内から健康になって頂きたいと思います。
そして、さらによい医療を提供させて頂きたいと思います。

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

2015.04.19更新

前回のブログの続きです。

発表当日は8時30分に現地集合し試写会が行われました。

今回の私の発表は動画が多く入っていた為、試写では動画の画質やスムーズに動くか等念入りに確認しました。           

緊張よりも素晴らしい会場で発表ができることにとてもワクワクしていました。

『マイクロスコープでの歯科治療』と題しまして発表しました。



発表内容はブログにもよく出てくる秋山勝彦先生ご考案のThe Micro Endoscopic Technique(マイクロスコープでの直視のポジショニング)を応用した歯科治療についてお話しました。



視野が狭く、反転し、水滴がかかるミラー越しの治療よりも、このテクニックですと片手にミラーを持ちませんので、両手が使えて安心安全にしかも精度が高い歯科治療が可能と考えます。

すべての歯科治療にこのテクニックの応用はできません。
直視で確認できないところはミラーテクニックはとても重要です。

私自身The Micro Endoscopic Techniqueもミラーテクニックも自由に使いこなすには,
ほど遠いレベルですが、今後もトレーニングを続けていきたいと思います。

すべては患者さまの笑顔のために...



発表後には感謝状も頂きました!
大切にしたいと思います。

理事長、ミナ先生このような機会を頂きありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

2015.04.18更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

2015年4月18日(土)19日(日)に東京の一橋講堂で開催された第12回日本顕微鏡歯科学会学術大会に
参加してきました。
昨年の福岡での同学術大会に続き今年も参加させて頂きました。



昨年の同学術大会参加の際は、まさか来年自分が発表するとは夢にも思っていませんでした。

理事長はじめ多くの方々にアドバイスを頂き当日を迎えました。
ありがとうございます。

私の発表は18日(土)の午前でした。
 

 
歯科医師になってこのような大きな会場で多くの方々の前での発表は初めてです。
もちろん緊張はしましたが、発表させて頂けることが楽しくワクワクしていました。

まだまだ、発表内容やプレゼンは多く課題はありましたが、とても貴重な機会で楽しかったです。

発表内容は次のブログに書きたいと思います。

つづく

2015.04.11更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

今回は月1回行われているハートフル総合歯科グループの歯科医師が集まっての歯科医師症例検討会で、日本顕微鏡歯科学会学術大会で私が発表します内容を予演会として発表させて頂きました。



理事長、エンドマスター本山院長にもアドバイスを頂きました。



こちらは学会で発表します概要です。

アドバイスを頂きました内容を修正し本番に備えたいと思います。

2015.04.07更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

4月18日(土)19日(日)に行われます、第12回日本顕微鏡学会学術大会の受講証が届きました!



私は昨年の福岡での学術大会に引続き参加を予定しております。

なんと!!

今回は18日(土)に一般演題で発表する機会を頂きました!

「マイクロスコープでの歯科治療」と題しまして発表させて頂きます。

緊張と同時にとても楽しみです。

また、ブログで報告させて頂きます。

2015.03.29更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

3月29日(日)に船井総合研究所主催の2015年歯科衛生士採用フォーラムに参加してきました!



会場は東京駅から徒歩1分です。



右上の写真は東京駅の内部です。とてもキレイだったので撮りました!

今回の話題はマイクロスコープ(手術用顕微鏡)の話ではありません。

私は現在、ハートフル歯科グループの求人採用担当をさせて頂いております。

ハートフル歯科グループでは2015年4月からは新卒の歯科衛生士さんが3名入社されます。

現在、新卒の歯科衛生士さんの求人倍率は関東甲信越だど、なんと「19倍」です。
単純に一人の新卒歯科衛生士さんに19件の歯科医院が求人募集をしている状況です。

今後の歯科衛生士さんのリクルート状況についてもとても勉強になりました。



このような機会を頂きまして、理事長、ミナ先生ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします。

2015.03.03更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

2015年3月3日に待望のマイクロスコープ(手術用顕微鏡)が武蔵野市にあるハートフルデンタルクリニック(北口院)に導入しました!

ハートフル歯科グループのマイクロスコープは、南口院3台、ハートフル矯正小児歯科1台、そして北口院2台となりました。

マイクロスコープの機種はもちろんCarl Zeiss社のOPMI pico Mora Interfaceで、5cmのエクステンション(スペーサー)を装着し、ライトはキセノンライトです。ハイビジョンカメラ搭載予定です!



上の写真は、秋山先生が考案された「The Micro Endoscopic Technique」を行うには欠かせないエクステンションです。



北口院でも南口院でもマイクロスコープを使用した、精度の高い治療が受けられます。



すべては患者さまの笑顔のために....

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史

前へ 前へ