井上先生のブログ

2014.09.14更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回は9月14日(日)~9月15日(祝)にマイクロスコープポジショニングコースに受講してきました。

このコースは1~2年待ちのとても人気の高いマイクロスコープのコースで、やっと私の順番となり受講しました。

以前のブログにも載せましたが、マイクロスコープの多くの使い方としては片手にミラーを持ちミラーに写し出された歯を治療しております。
そのため片手はミラーを持つため両手を使いたい治療はできません。
 
 
 
 
歯科では狭い口腔内の歯や歯周組織を治療するために、多くはミラーテクニックと呼ばれ片手にミラーを持ってミラーに映った歯や歯周組織を対象に間接的に診療します。

医科では、精密でそして失敗の許されない治療においてミラー越しに診療することは考えられないそうです。
そのためミラーテクニックと呼ばれる概念はないそうです。

今回受講したのは一番の目的は秋山勝彦先生が考案された「The Micro Endoscopic Technique Akiyama Method」を学ぶためです。

「The Micro Endoscopic Technique Akiyama Method」はハートフル歯科南口院に二台あるツァイス社のマイクロスコープ(OPMI Pico with MORA インターフェイス)を利用して、ミラーに越しの像ではなく直視で治療部位を見ることができます。

このマイクロスコープの最大の特徴は左右に動き可動域が大きいことが特徴です。
 

 
そして延長の筒をつけることでさらに可動域が大きくなります。
可動域が大きくくねくね曲げることができます。



マイクロスコープの使用方法の多くはミラー像を見て治療を行います。

実際に上顎前歯のミラー像と直視をくらべてみると...




左がミラー像です。右が直視です。

ミラー像ではないので治療時に反転することなく、治療時間が短く、治療の質も向上します。
しかし、ポジショニングが非常に難しいです。

このテクニックではなかったら下から覗き込まないと右上の画は見えません。

患者さまに質の高い歯科治療を受けてもらうために、ポジショニングの精度をさらに上げていきます。

ポジショニングコース終了後に修了証を頂きました。





秋山先生、インストラクターの先生、スタッフのみなさまありがとうございました。

12月にはプリンシパルコース(初心者顕微鏡コース)にも参加予定です。

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございます。

"すべては患者さまの笑顔のために..."

2014.08.30更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回はマイクロスコープを使って金属を除去しセレックで修復した内容を載せたいと思います。

30代 女性 金属と歯の間に物がつまる事を主訴に来院。

いつものようにマイクロスコープをのぞいてみると...



金属と歯の間に隙間があり、虫歯になっているのが確認できます。

麻酔をして金属を除去しいてみると...



金属の下は虫歯になっていました。

健全な歯質は硬いのですが、右上のように虫歯になると軟化象牙質といいやわらかく、ボソボソしています。

金属の成分で歯が黒く変色していました。



マイクロスコープとカリエスチェック(虫歯が染まる液)を使い虫歯を除去した状態です。

マイクロスコープで虫歯の取り残しがないか確認します。

黒い部分は虫歯ではなく金属による変色です。



ZOO(唾液の進入を防ぎ乾燥した状態を保つ器具)を入れ、コ―ティングを行います。

通常のマイクロスコープのライトですと光効果型のコ―ティング材が固まってしまうため、コ―ティング材が硬化しないように
ライトをかえて行いました。



セレックを入れた状態です。

左側の倍率は2倍です。右側は16倍です。

マイクロスコープの倍率を上げ、段差がないか、余剰なセメントがないかチェックします。



術前、術後です。

今回の金属からセレックへの治療の利点としては

①セレックは金属のように電位を持っていないため虫歯菌がつきずらいです。

②セレックは歯と接着し段差なく移行的に仕上がり、金属のように歯の適合も悪く、一度治療しても数年で虫歯を再発してしまう事が少ないです。

以上のことから、金属からセレックにかえることで虫歯になりずらいお口の中へ変わります。

今後ともよろしくお願いします。



2014.08.18更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回は上の前歯を他歯科医院で根管治療が終わったが、痛みと違和感が消えないため来院。

レントゲン所見から根尖部から根管充填材が飛び出てその周り透過像(病巣)ことが確認できます。



マイクロスコープでのイメージ画像です。ピンク色をしているのが根管充填材です。
tyt




マイクロスコープと専用の器具を使うことで根管充填材だけでなく根管内の汚染物までもきれいに除去できました。

症状は軽減されました。

根管充填材除去時のレントゲンです。



歯根のまわりにまだ白い線が映っています。
これは根管内からのアプローチは困難なため、そして病巣も大きいことから歯内外科を行います。

歯内外科の歯根端切除術を行いました。



根の先の白く写っていたものもキレイになくなりました。

術前、術後です。



今回の場合は通常の根管治療だけでは治せません。

マイクロスコープを使い根尖病巣の取り残しがないか確認しています。

レントゲン所見では、根尖部の黒い円形の透過像も右上のレントゲンでは薄くなっており、順調に治癒傾向に向かってます。



白く写っているのはMTAセメントです。
根管内を閉鎖しました。

術後はいままであった痛みや違和感がなくなりました。


「すべては患者さまの笑顔のために...」

今後ともよろしくお願いします。


2014.07.27更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

7/27(日)に汐留にありますシロナデンタルシステム東京におきまして、「DIGITAL DENTISTRY SUMMIT」に参加してきました!



ドイツからシロナ社のCT機器GALILEOSの研究に携わるLutz Ritter先生とサージカルガイドのSiCAT CEO MR.Jochen Kuschの講演でした。

内容はインプラントを安全に施術するためにGALILEOSとCERECを融合したことで、インプラントの正確なプランニング、安全な施術が可能となります。

GALILEOSで撮影した画像をもとに作成したサージカルガイドを使用することでインプラント埋入位置、方向が精度高く,安全に行う事ができます。



このシステムはもちろんハートフル歯科南口院にも設置してあります。



術前に解剖学的形態、補綴(被せもの)形態を3次元に把握できることにより、安心安全にインプラント治療を受けて頂けます。

近い将来はインプラント治療だけでなくFaceScanを使い、顎顔面領域の診査、診断、治療を行う事が可能になっていくようです。

今後もヨーロッパの最先端の歯科治療を学び、患者さまに良い医療を受けて頂きたいと思います。

このような機会を頂き、理事長、ミナ先生ありがとうございました!

「すべては患者さまの笑顔のために...」

2014.07.19更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回はマイクロスコープを使用して根管内にパーフォレーション(穴)の状態を確認し、感染物を除去した内容を載せたいと思います。

他歯科医院で左上大臼歯部の根管治療するも違和感、腫れが改善されなく当院受診されました。

マイクロスコープで根管内を診てみると...



むし歯が歯肉の下まで広がり、根管内から出血がありました。

出血部の止血をして再度確認すると、本来の根管ではなくパーフォレーションをおこしている部位に根管充填剤がつめられていました。
こういった出血は肉眼では見つけることはできません。

こちらが除去した画像です。



除去するとやはりパーフォレーションをおこしており、出血が多く出ていました。

マイクロスコープを使った細かい感染物の除去にはこちらをよく使ってます。



絶妙な曲がり具合で根管内の感染物除去に役立ちます。

マイクロスコープや器具があるおかげで、患者様の症状の原因を発見することができます。

2014.07.12更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回は北口院のセレック撮影機器のブルーカムのレンズを新しくなりましたので、そのことについて書きたいと思います。




左上のカメラは今まで使用していたものです。レンズ部分に傷があります。
右上のカメラは今回レンズを新しくしました。

実際に撮影した画像がこちらです。



左上の画像はレンズに傷があるため画像に線やヒビのようなものが入っています。
右上の画像は新しいレンズで撮影しました。左上の画像とは異なりとても綺麗に撮影ができました!

撮影機器のブルーカムのレンズを変えたことにより撮影の精度が上がり撮影画像も鮮明になったことでセレックの撮影時間、作製時間の短縮しセレックの適合もさらに向上しました。

そして、マイクロスコープを使うことにより歯肉を傷つけず、出血もなく綺麗な形成面がになります。



南口医院でも北口医院でも最先端のセレック治療が受けられます。

ご不明な点がございましたらご相談下さい。

「すべては患者さまの笑顔のために...」

2014.06.21更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回はマイクロスコープを使った意図的再植術の症例を書きます。

40代 女性 他院で根管治療を行うも腫れや痛みの改善がみられないため当院受診をなりました。


いつものようにレントゲンを撮影しマイクロスコープを使い診査、診断を行いました。




レントゲン所見から根の先に白く映りそれを取り囲むように黒い透過像が確認されます。

三次元的な形態診査をしたいためCT撮影を行いました。



マイクロスコープとCT画像の結果白く映っていたのは他院での根管治療時に折れた金属片でした。

まずはラバーダムを使用して根管治療を行い、その後に根尖病巣が大きいため根管治療後に外科(意図的再植術)を選択しました。


歯根の周りに汚れがあります。折れた金属片の根の先から飛び出ているのも確認できます。



こちらが除去した金属片です。



根の汚れ、金属片の除去、感染物質のある根尖をカットしMTAセメントを入れました。

マイクロスコープを使用しながら感染物質を除去していますので歯周組織を傷つけないで行えます。



その後生理食塩水でよく洗浄し元に戻し糸で固定しました。





この状態で数ヶ月経過をみます。

経過良好なら被せていきます。



2014.06.03更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回は3月に福岡での学会で発表されましたマイクロスコープの新しい器具について書きたいと思います。

主に歯周治療の際に歯石、歯内外科、セレックのセメントの取り残し、直視では見つけられない部位のむし歯などを見つけることができます。

片方にミラー、反対側に剥離(ハクリ)ができる構造です。



ハートフル歯科ではペリオミラーと呼んでいます。



実際に使った症例です。



左下大臼歯部の根分岐部(歯根と歯根の間)に茶色い歯石が付着しています。
マイクロスコープとペリオミラーを使用して歯石除去を行いました。



マイクロスコープのおかげで歯石以外の歯周組織は傷をつけず、しかも短時間で歯石除去ができました!



セレック装着後に余剰なセメント(接着材)がないかも確認できます。


マイクロスコープとこの器具のおかげで治療精度が上がり、短時間での診療が可能となりました!

これからも患者さまによりよい医療を受けて頂けますように研鑽を積んでいきます。

2014.05.31更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上貴史です。

いつものように、根管治療を当院で希望される患者さまにラバー装着後にマイクロスコープで、痛み、腫れの原因を探っていたら???

根の内側から出血が確認しました!

そこで、出血の原因確認のために、CTにより診査、診断をしました。

    


左上の写真は通常の二次元の歯科レントゲンです。この画像では歯の周りに黒い影もなく問題はないようです。

しかし、右上の写真は三次元の歯科用CTでの画像だと根の途中で黒い影があり穴(パーフォレーション)が空いていることが解りました。

痛みや腫れの原因は根の途中でのパーフォレーションが原因と診断しました。

今後の治療方針はMTAセメントを使用してマイクロスコープでパーフォレーション部を修復していきます。


今日もマイクロスコープが、痛みや腫れの原因を見つけてくれます。
マイクロスコープは、正しい診断力を与えてくれます。

もちろんハートフル歯科では保険内でマイクロスコープを使用して診療を行っております。

"すべては患者さまの笑顔のために..."

2014.05.26更新

こんにちは。

三鷹市 ハートフル歯科 歯科医師 井上 貴史です。

今回は先日治療時に見つかったクラック(歯のひび)について載せたいと思います。

左上最後方臼歯の保険の金属を除去しましたところ、クラックが見つかりました。



これはマイクロスコープを使用しなかったら見つけることが難しかったです。

この原因は
① かみ合わせが強いこと
② 保険の金属が入っていたこと(歯の内面から外面へ力の方向がかかったこと)
と考えます。



セレックは歯と強固な接着をする為、左上の図のような金属から外側へ力の方向がかからず
歯全体で力を受けることができます。

保険の金属は審美的な事だけでなく、長期的に入れていると今回のようにクラックが入り咬合痛や冷温水痛などを引き起こし
クラックの状態によっては抜歯しなくてはいけないケースもあります。

以上のことから、お口の中に金属がありましたら是非セレックに代えてメタルフリーの口腔内から健康になっていけたらと
考えます。

"すべては患者さまの笑顔のために・・・"


前へ 前へ