本山先生エンドマスターへの道

2013.06.24更新

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

藤本研修会エンドコースの第2回目を受講してきました。

今回は、第2回目の中でも一番気になった"破折"について書きたいと思います。

破折というのは、歯が割れているということです。

破折は、大きく二つに分けることができます。

垂直性破折と水平性破折です。

水平性破折は、第5回ぐらいで講義されるとのことでしたので、

今回のブログでは私もふれませんが、水平性破折というのは主に外傷によって

引き起こされるものです。

そういうわけで、今回は垂直性破折のことについて書きたいと思います。

   

垂直性破折は、5つに分類されます。

①Craze Line(ひび割れ)
②Fractured Cusp(咬頭破折)
③Cracked Tooth
④Split Tooth
⑤Vertical Root Fracture(垂直歯根破折)

④のスピリット トゥースは、歯根の終末まで破折しているもので、

保存不可能な状態であり、抜歯という診断になってしまいます。

垂直性破折の中でも、③のクラック トゥースは診断が難しく、

⑤のバーティカル ルート フラクチャーは、診断と処置が難しいものとなります。

両者は破折の発生場所が異なり、診断と処置が難しいので、

今回の破折の講義の中でも一番時間を割いていました。

 

クラックトゥースは、なぜ診断が難しいのでしょうか?

歯髄炎(神経の炎症)の場合、多くはむし歯から起こるため分かりやすいのですが、

クラックトゥースの場合、歯髄炎と似たような症状が現れますが、

むし歯はなく、かつ破折線が見えにくいので分かりにくいのです。

これらのことが、診断を難しくしているというわけです。

診断でクラックトゥースを見つけられるかどうかの最重要な要因というのは、

我々が天然歯でも歯の破折が起こった時に、患者さんが訴える症状として

現れるということを知っていなければならないということです。

このようなことが診断時に欠落していると、診断名としてでてくることがなく、

見逃してしまう恐れがあると言えるでしょう。

次に、垂直性の歯根破折についてふれたいと思います。

垂直性の歯根破折は、歯根のあらゆる位置から始まり、

完全に破折したり、途中で止まる場合もあります。

垂直性の歯根破折は、残存歯質量に直結しています。

そして、このことは修復処置に関わってきます。

ハートフル歯科で行っているセレックによる修復処置は、残存歯質量を考慮し、

強い接着という考えのもと行っているものなので、非常に歯にやさしい

修復処置と改めて感じました。

   

破折というのは、様々な所見から診断しますが、

視認しか確定診断には至らないということでした。

そして、診断が難しく、治療手段が限られています。

しかし、今回の講義から学んだことは、やはり診断が非常に重要であるということ。

診断がつかなければ、そこで見逃してしまうかもしれないのです。

ただ、今回の講義を受けて、私は少なくとも破折というものが

頭の中の診断の一つとして入りました。

もしかしたら、また一人歯の痛みで悩んでいる患者さんを

救うことができるかもしれません。

この仕事に誇りをもって、日々の診療を行わせていただいております。

"すべては患者様のために"
 


投稿者: 本山 直樹

2013.06.02更新

東京都三鷹市ハートフル歯科の本山です。

今回は、CT症例について書きたいと思います。

ハートフル歯科では、最新のCTを導入しています。

皆さん、CTを用いるとそこから何が診断できると思われますか?

CTは、2次元のレントゲン写真では判断しづらい

複雑な根管形態や根の病巣の広がり、破折、

パーフォレーション(歯に穴があいている)など

何らかの問題が生じている場合に3次元的に診断することが可能なのです。

今回は、その中でも"見つからない根管"について書きたいと思います。

この症例は、右上の奥歯が虫歯により神経まで侵されており、

神経をとる治療を行い、根管充填まで通常どおり行いました。

ところが、痛みがとれず原因追究のためにCT撮影をしたところ、

2根管だと思っていたものが、実は3根管あったという症例です。

3根管目は虫歯により根管口が石灰化しており、

本来あるべき位置になく、見逃していたというわけです。

   

   

通常、レントゲンで根管の形や長さを確認して治療を行いますが、

通常のレントゲンは、平面的です。

重なった根管や分かりにくい根管には、このようにCTが非常に有効的です。

立体的に上下・横・斜めに観察でき、根管の実像を把握する

ことができます。

この患者さんは、無事マイクロスコープにより3根管目をみつけることができ、

現在痛みも軽減しており、治療終了へと向かっております。

最後に、今回はCTの有用性について書きましたが、

一番大事なことは、正しい医療・良い医療を行うためには、

正確な診断が必要であり、CTはその診断力を上げてくれるものの一つと

言えるでしょう。

"すべては患者様のために"



投稿者: 本山 直樹