新人成長日記

2015.05.22更新

第5回 インビザラインについて



朝の清掃、 準備時間を頂いて、約30分間ほど勉強会を行っていただきました。

本日はインビザラインについて学びました。

インビザラインのことはハートフルに入社して初めて知りました。

今まで矯正はワイヤーや床矯正などがメインであったと思います。

ですが、このインビザラインは透明できれいなマウスピースタイプのもので、目立ちにくく、

取り外すことができるので装置自体も、口腔内も清潔に保つことができます。

初めての装置でわからない事があっても、わかりやすいパンフレットや、先輩方に教えてもらえるので、

安心して現場に立てます。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.05.15更新

第4回 食育とバイオセラピー

朝の清掃、準備時間を頂いて、約30分間ほど勉強会を行っていただきました。

本日は食育とバイオセラピーについて学びました。

バイオセラピーとは、歯並びなどを矯正装置を使わずに、普段の食事で野菜などを大きめに切ったりして

よく咬むことによって、(自分自身の咬む力を使って)直すことを言います。

6歳までによく咬ませることで子供の成長期を利用して、

矯正をする必要のない状態へ導くことができます。

わかりやすい資料もたくさんあるため、臨床の場で悩むことなく患者さんにもお話できます。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.05.08更新

第3回 スケーリング・ポリッシング・ホットイリゲーション

今日は金曜日です。朝の診療準備の時間を使って(ユニットの準備はスタッフが代わりにしてくれます。)30分間、理事長からドクタープラスを使用して行うホットイリゲーションについてまなびました。
ホットイリゲーションとは歯周ポケットの中を約40度に温めたドクタープラスで洗浄していき歯茎を引き締めて、今まで縁下に隠れていた歯石を取り除いていく歯周病治療です。ドクタープラスは温めることで効果を増します。また麻酔をして行うSRPと違い痛みはほとんどなく患者さんへの負担も少ないです。
初めは、ポケット内に専用のスケーラーチップの先を入れるのが難しいですが、先輩衛生士が空いている時間などにチップの挿入の仕方や動かし方を丁寧に教えてくれます。また、新人衛生士同士で相互実習などもさせてくれるので直ぐに実践に移ることができました。

投稿者: 医療法人社団徹心会

2015.05.01更新

第2回 歯周病検査、歯周病治療の流れ

こんにちは。歯科衛生士の勝田です。

先日第2回衛生士研修プログラムを行いました。

今回は理事長から「歯周病検査、歯周病治療の流れ」について学ばせていただきました。

ハートフル歯科ではプロービング(歯周病検査)をしてから、歯周病治療を行います。
プローブは20~25gの圧力で測れるようになった、プラスチックプローブを使用しています。目盛りは3㎜刻みに色がついているので、読み取りやすくなっています。

ハートフル歯科での歯周病治療の流れを説明します。

プロービングを行い、検査結果を紙に印刷し患者様へお渡しします。検査結果の紙と当院で準備している歯周病治療のパンフレットを用いて患者様に自分の歯周病の状態を知っていただきます。歯周病進行度にあわせて治療の回数を決め、コース設定をおこない、治療を始めます。コースの最後には再評価を行い、SPTやメンテナンスへ移行していきます。

初期症状の段階では自覚できる症状がほとんどない歯周病、早期発見をするために歯周病検査が大切であることを改めて感じました。

今後も歯周病検査を精密に行い、歯周病治療、歯周病予防をしていけるよう、歯科衛生士一同努めていきます。

投稿者: 医療法人社団徹心会