理事長のブログ

2011.01.27更新

新幹線も変わりましたね。
電車の足元にコンセントがありました。凄い!
時代の流れで車内でパソコンする人が多い事におどきます。


雪で新幹線が遅れてます。
新幹線でパソコン開き 仕事しています。

2011.01.27更新

ドイツ研修旅行で会った、姫路の先生のオフィスに見学に行くことになりました。
姫路を日帰りは、さすがに遠く、前日最終ののぞみで新大阪まで行き、宿泊 し、姫路に向かいます。


新幹ホームで 子供用の新幹線靴下が売ってました。お土産に買いました。
「 喜ぶかなぁ!」と。

東京から全国どこまでも近いと思いましたが、飛行場が近くないとなかなか 移動が難しいと感じています。
帰りの新幹線で見学内容は、また アップします。

2011.01.08更新

2011.1.8
新年が始まり数日が経過しております。
ハートフル歯科は、5日からの診療でしたが 休み明けもあり、忙しく過ごしています。
毎日、患者さんに来ていただき、今年もホッとしています。
昨年も不況と歯科医院の増加のあおりで、歯科界は、暗い話ばかりが増えていましたから。
「今年も普通に始まったんだなぁ。」と  胸をなでおろしました。
暗い話も嫌なので、歯科界と患者さんに明るい話題を。

 
年末にインプラントのジルコニアアバットメント研修会に参加してまいりました。
昨年11月、ドイツで研修してきた物に日本でも認可が下り、発売にいたった経緯から 注目度や日本の歯科医師の先生方の見解を確認する目的での参加でした。
 
私は、生体親和性、審美性、強度が高い、ジルコニアに注目して海外研修にも参加してまいりました。今年は、ジルコニアアバットの正式認可を受けて更に臨床応用していけることに感動しております。それは今回の研修会に参加された先生方の総意でもありました。
従来、大手メーカーに依存していたため、作製費用が通用の倍以上かかり、患者さんへの費用負担を軽減することが難しい状態でした。
しかし、一昨年 セレック3の導入から、セラミックの作製コストを下げることが可能になり、今回 ジルコニアの作製コストを下げる設備の導入という、願いが叶いました。全ては、セレックから始まっています。ジルコニアに関しても、セレックを使用して作製していきます。シンタリングファーネスの導入に伴い、大手メーカーに依存しない形で作製が可能になりました。
 
これら、セラミック、ジルコニアなど天然歯により近い、メタルフリーの歯科治療が主流になっていきます。それが、世界水準、ワールドスタンダードであることは北欧、欧米の最先端医療を見ても明白です。
そして、歯科技工のあり方も、従来の手作業からコンピューター化されていきます。
年末の研修を聞いて思ったのは、今年は、ハートフル歯科にとって、歯科界にとってデジタル元年になるんだぁということ。大きな進化は、歯科界や患者さんにとって大きな福音をもたらすことでしょう。デジタルデンティストリー、歯科のIT化が進む年になるのです。
セレック(CAD/CAM)が従来のアナログ技工からデジタル技工に変わる、象徴になっていくと信じています。
 

これがデジタル放送の象徴、東京スカイツリーです。(画像中央です。小さくて申し訳ない・・)
デジタル放送、デジタルデンティストリーと今年は、新デジタル元年になることでしょう。お正月に東京スカイツリーを見て 重ね合わせてしまいました。
 
ハートフル歯科は、空に飛び出すスカイツリーのように 患者さん一人一人の心の中でNo1を目指していきたいと思います。

2011.01.07更新

新年あけまして、おめでとうございます。



東京は、お正月 晴れていたので、家族と初詣、ゴセイジャーショー(戦隊もの)や忍者ショー、院長のご家族と近場の温泉に行ったり、自分の親戚と食事をしたり。また子供も従妹の子たちと楽しくかるた取りなど充実した、お正月らしい 時間を過ごしました。


毎年、「今年の目標!」なんて思うのですが。

患者さんの為に、
更に 世界水準に近づくような、医療レベルの向上
患者さん目線での、医療サービス、接遇の向上           
メンバーのストレスフリーの環境づくり
そして
家族との時間を増やす

毎年、同じようなことを考えていますが、去年の良かったことと反省点を踏まえて 進めていこうと考えています。

昨年は、初めて 僕自身 一人で研修でドイツ、スイス、リヒィテンシュタインに初めて行かせて頂き、大変勉強になりました。
院長もソウル、オーストラリア、香港に行き、世界水準の医療を目の当たりにしました。

5年前、アメリカロスアンジェルスで院長と二人で見た 歯科医院の形に感動し、日本にもこんな歯科医院を作りたいとハートフル歯科を開業したことを思い返しました。
ハートフル歯科開業から、5年 がむしゃらに診療に励み、人材育成に悩んできました。
昨年は、 再び 海外に勉強しにいくチャンスをいただけました。
なかなか海外に勉強しに行くことができないでいる友人も多い中、 理解して下さる、患者さんやメンバーに囲まれ
感謝しております。また、今年も 引き続き 世界水準の医療を学んでいこうと思いました。

恒例の患者満足度調査を行い、幸せ向上委員会から今年も接遇や院内環境整備について話題が出てきています。それを取りまとめて、改善案を練っていこうと考えております。

人材に悩んだ、5年ですが 新人教育プログラムが整備され今年から来る新人さんの成長が楽しみです。
また、3年を越すメンバーが増えてきたことにより、ハートフルの医院理念や文化の構築、継承がなされてくと思います。人材が人財になれば、ストレスフリーの環境づくりに役立ってくれると思います。

家族の時間を増やすために、「休み」を「休もう」と考えています。
平日は、仕事で、日曜日にも、学会や研修会など忙しく過ごしています。
子供が5歳になります。かわいい盛り、と言いますが 今しかない家族との時間、絆づくりも忘れないようにしたいと思っております。

今年も 患者さん、メンバー、医院、家族の4者のハピネスを 願ってやっていこうと思います。

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY