理事長のブログ

2013.12.12更新

もう3年が経ちます。
2010年11月欧州のリヒテンシュタイン王国にある、イボクラビバデント本社に研修を受けて。
早いものですね。
あっというまの、3年間。その研修中にお世話になった、リンダさんから毎年送られてきます。



「2014年もどうぞよろしくお願いします。」と日本語で書いてあります。


こちらこそ、よろしくお願いします。
カードのお礼をプログで失礼します。


下田孝義

2013.12.09更新


半年前から準備に追われていた、CAD/CAMフォーラムが開催されました。

2年に一度の大きなJSCADの学会になります。

こういったフォーラム・学会は参加するものと決まっておりましたが、今回初めて開催・運営する側に立ち、人集めの大変さや、学会開催の難しさの苦労を初めて感じました。

今回のフォーラムは最新マテリアルの紹介と、最新オムニカムというカメラの紹介がメイントピックスになります。140名を超える参加者があり、今後のCAD/CAMが期待されてる気がしました。



僕の出番はセレックの初心者セミナーで、仲良しの北道先生と一緒にセレックについて講演しました。

内容は "セレックが歯科医療を変える" というものです。

セレックがなかった?
〜こんな時、皆さんはどうします〜

実際の患者さんの写真を使用しながら、セレックを使用した特出すべき症例を選び、従来のセラミック治療と比較した精度・時間・容易性などを熱く語ってきました。
新規導入者がやってみたくなる内容にしたいと思い、スライド作りをしました。



セレックはまだ、日本では1700台しか普及してない治療器具になります。
セレックを使用すると、治療時間や期間が短くなるだけでなく、長期予後なども期待されます。
この講演を聞いた方がセレックを導入して、その地域の方により良い医療が提供される事になれば、これ以上の喜びはありません。



全ては、全国の患者さんの為に・・・

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY