理事長のブログ

2014.01.17更新

新年のセミナーで、発表された注目の材料

今月末から、高強度セラミックのe-max cadから、インプラント専用の穴あきブロックが販売されます。
残念ながら、とても素晴らしい材料なんですが、日本国内ではほんの一部の先生にしか利用できません。
ハートフルでは3年前からこの開発を知り、待ち続けていた材料です。



このブロックが利用できる医院の条件は

①カムログインプラントを使用していること、
②CEREC sysytemを全て利用できること

残念ながらこの条件を満たせないと、全く意味のない材料となってしまいますが、日本で認可されている50社のインプラントメーカーのうち、たった一社だけがこの素晴らしい材料を取り扱います。
もちろん、ハートフル歯科では使う予定です。

この材料を使うメリットを解説します。

①インプラント治療で問題となる、インプラント周囲炎の原因となる細菌付着が少なく、TIBACEと言われる接合部に精度高く接着することで強度も保証させます。
②審美的にに仕上げることが可能です。
③施設さえあれば院内ですぐに製作が可能となるため、インプラントのワンデー治療において治療の質を著しく向上させます。




この材料を使用することで、患者さんには多くの福音をもらたらします。
忙しい方が多い日本の中において,待ち望まれていた材料です。

2/1以降、この材料で作られた歯が、色んな方に装着されていきます。

このプログを読まれた方は、是非 【emax cad メゾブロック】の取り扱いは、ありますか?と通われている歯科医院に聞いてみてください。

全ては、全国の患者さんの笑顔の為に

2014.01.15更新

今年、JSCAD主催の初めてのセミナーが行われました。
新年会は、初めての企画!
内容は、会場は、会費は、二転三転。
初めての幹事に、とまどいながら会員の先生方に連絡を取りながら無事にセミナーが行われ大変嬉しく思っています。
その後の新年会では鏡割りが行われ、神田の上喜元という日本酒が振る舞われました。



セミナーでは、セラミック治療で使用される今年の最新材料、接着剤などの紹介が行われました。
会員の皆様には、初めて目にする話も多かったと思います。
良い情報発信ができたと思います。

今後、正式発売後には、ハートフル歯科でも使用する予定の材料がいくつか出てきて確認となりました。

ハートフル歯科では、社員教育の一環で歯科医師・歯科技工士にも参加してもらいました。
こういうオープンな企画にはなるべくメンバーと一緒に参加して、メンバーにもセラミック治療の良さや最新治療について、一緒に勉強してもらいたいと思っています。

今回のセミナーにも自発的に参加してくれています。

ハートフル歯科が、1歩前進した気がします。

理事長 下田孝義

2014.01.14更新

新年あけましておめでとうございます。

一年の計は、元旦にありと。
元旦から、今年の目標を決めやっていくことが通年である。

今年は、こうして 新年の挨拶を書くのが遅くなってしまった。
なかなか今年の目標が決まらないからか。

あれもやってみたい、これもやってみたい。
こんな治療が出来る様になりたい。
歯科医師としてのスキルを追い求めていた若い頃と
年齢を重ねてだいぶ変わってきたからだと思っています。

気づけば今年44歳になろうとしている。
歯科医師としてこれから一番、経験、技術がある時期になるのかなぁと気づかされました。

自分では、今が一番とは思いたくない。
あくなき探究心と好奇心を原動力にやってきましたが、そのパワーが落ち着いてきています。
若い頃、憧れていた治療が出来る様になってきて満足してきているからだと思っています。

「40代 脂がのっている!」 
そう思っていただける年になってきました。

今年は、人材育成に力を注いでいこうと思います。
年末の患者さんアンケートの結果を受けて、更に 一緒に働くメンバーが、
治療説明などしっかり・正しい情報提供ができるように指導していこうと思います。

対外的には、即日セラミックが製作できる【セレック】という機械が、全国に2000台近く販売されてやっと日本の歯科界にも広く認知され始めたので、その正しい使い方の指導者として活動を続けたいと思っています。
また、CTとの併用による【ガイドサージェリー】(ハートフル歯科では、2010年導入)が日本中に広く理解されてきたので、その経験を生かし、欧米と日本の利用実績やソフト・ハード・材料の壁を乗りこえ、日本国内でいち早くやってきた治療経験を生かしてきたノウハウを日本の歯科医師の先生方にお話する企画が出ていますので、是非、やってみたいと思っています。

欧米レベルの安全なインプラント手術が全国に広がり、皆さんにも『インプラントで食事がおいしくなった!』という分かりやすく、誰もが嬉しい医療が安全神話と一緒に広がると信じています。

ここ数年、インプラント使い回し事件、インプラントの治療中の事故、など多くのマスコミに悪い部分ばかりが紹介されていますが、多くの先生方はそんな事故が起らない様に細心の注意を払い治療を行っています。ハートフル歯科では、欧州の標準的な滅菌機の導入、全ての症例でCTシュミレーション、ガイド手術を行い、神経や血管を確実にさける事が可能で、120%安全な手術に徹しています。
決して、冒険・チャレンジなどという治療は行いません。
そして、新たなインプラント安全神話を発信していきたいと思っています。

コストがかかっても、安全な手術が行いたいからに他なりません。

ハートフル歯科に通っていただく患者さんには、もっとしっかりと説明・コミニケーション・おもてなし。更に高い医療水準を目標にいたします。
対外的には、ハートフル歯科で行っている治療を広く伝えていくことを目標にしていきます。

「全ては、全国の患者さんの笑顔のために・・・」

理事長 下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY