理事長のブログ

2014.03.10更新

こんにちは。

新しくセレックブログをはじめました!

セレックブログはハートフル歯科で普段行われているのセレック治療について掲載していきます。

今回はセレック治療には欠かせないラバーダムを装着してオムニカム撮影を行いました。

右下大臼歯部のセレック治療です。

下の大臼歯部は唾液の浸入が多く乾燥した状態を維持するのが難しいです。

今回の治療する部位は咬合面(咬み合う面)のみの治療でしたので、ラバーダム装着した状態で撮影ができました。

ラバーダムを装着しての撮影することにより、唾液の侵入も防ぎ乾燥した状態で早くて簡単に撮影ができました。
撮影時間の短縮で患者さまも喜んで頂けました!


2014.03.10更新

3/21-4/3まで ニューヨークーボストンに行ってきます。

昨年、9月にボストン行き、北米の進んだ医療に触れてきましたが、年末に新しい術式が可能になるツールと新しいサイズのインプラント体の発売があったのでその購入と、バイコン国際学会に参加する為に渡米します。

また、セレックの最新マテリアルのスプリニティーの発売されています。



この渡米で、また ハートフル歯科に新しい治療の風が吹くことになります。

昨年、秋にバイコンに行って以来、上顎のインプラント手術が変わりました。
その新しい術式は、今までのインプラント手術の難しい部分をシンプル化してトラブルを防ぐ術式となっています。


海外に学ぶ事をするようになり、数年が過ぎました。
多くの刺激を受けて、ハートフルの歯科医療レベルは、大きく進展しています。


先日、3年ぶりに来た、勤務医の先生の驚く姿をみて、自分では、気づかなかったことに気づかされました。
だいぶ変わってしまったようです。良い意味で。


ハートフル歯科は、これからも進展していきます。
世界の歯科医療が進む限り。



全ては、患者さんの笑顔のために・・・

下田孝義  

2014.03.07更新

開業して二年目、初めて勤めてくれた菊池先生が仙台に戻り代替わりをして、新規開業しました。という報告をしに来てくれました。

勤めてくれた歯科医師の先生が、故郷に錦を飾り報告に来てくれるのは、すごく嬉しいです。
ご両親も喜んでくれたと思います。
3年ぶりの訪問にハートフルの変化に驚きながらセレックや小児矯正などのレクチャーを受けて帰宅しました。

当時の名前入りの白衣をずっと保管してあり、持ってきてくれました。

とっても嬉しい気持ちになりました。たくましく成長した姿に父親の気持ちになっていました。



仙台での成功を期待しています。

夜に菊池先生から、お礼のメールを頂しました。嬉しい内容です。



先生は始めて会った時に一年間の目標を決めて働きなさいと言われました。
目標を更新させて継続して来た結果が今のハートフルだと思います。
その背中を幸運にも早くから見れたので引き続き追いかけます!
理事長にはスキルを院長にはメンタルを鍛えてもらったと思います。
語弊が、あるかもしれませんが。
今日はミナ先生に、私は菊池先生に叱りすぎたかもしれないと言われました。
今日はミナ先生にも感謝を言おうと思い伺いました。
独り立ちすると、力の差はやはりどれだけ厳しい環境にいたかどうかだと思います。
二十代の何も分かってない子供にあれだけ熱心に教えて下さったこと、本当に感謝しています。
どうかお体ご自愛下さいとお伝えください。


全ては、患者さんの笑顔のために・・・

下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY