理事長のブログ

2014.05.20更新

2013年ドイツで行われたIDS(世界デンタルショー)で最新のインプラントガイドサージェリーテクニックが発表され、
その場で購入し、日本で初めて行うチャンスが得られました。

それから1.5年が経過して使いこなせるようになりました。

すると、
その最新のガイドシステムについて、企業の方は、その使用方法など確認しにいらっしゃいました。

第3世代のインプラントガイドサージェリー(インプラントガイド手術システム)、その実際の使用状況の解説を
ライブオペで行いました。

第1世代、第2世代のガイドサージェリーを使いこなせるようになり、タイミングよく、第3世代を使い始めたのです。

この第3世代の「最新ガイドシステム」は、
その簡便でかつ、短時間で制作が可能、そして何より安全に手術が可能になります。


ハートフル歯科では、常に安全な手術を行う為に、ガイドサージェリーを使用しております。
第1世代、第2世代、第3世代とガイドサージェリーは、進化しています。
しかも、次世代のガイドシステムといっても、使用方法が異なる、3種類のガイドシステムとなり進化しています。
それは、使ってみるとすごくよう分かります。
使い分けをすることで、安全度は上がり、医院のコストも下げることが可能になります。

ドイツで始まって、1.5年日本にも、「最新ガイドシステム」が販売され、ガイドサージェリーが普及するかもしれません。

日本でなぜ普及しないか?

単純に「価格が高い」から

しかし、安全、安心を考えると必須のガイドサージェリー・システム
大事な血管、神経を避けて審美的な手術、被せ歯を製作が可能なる、次世代型のインプラント治療が存在します。

ハートフル歯科から 最新のインプラントガイド手術の術式が発信されていきました。

今後も地域の皆さまだけでなく
全国の患者さんの為の情報発信をしていきます。

すべて全国の患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

2014.05.19更新

4月より夜の診療時間が少し短くなりました。

月、金は、最終アポイントを6時半、7時まで
火、水、木、土は、最終アポイント6時、6時半まで
とさせて頂きました。

火、水、木の3日間の診療時間を30分早く終わらせていただきます。

1か月が過ぎ、来院されている患者さんにも少しづつ、新しい診療時間が浸透していっている様子がうかがえます。
働いている患者さんには、時間的に来院が難しくなってしまったかもしれません。
申し訳ないと思っています。


20世紀に入り、歯科医院の乱立が進み、歯科医院に求められている医療を考えると、

「いつでも、どこでも、だれでも」 

コンビニエンスな歯科治療が求められていました。
朝10時ー夜10時まで、年中無休な歯科医院
そんな歯科医院も実際存在しています。

ハートフル歯科医院でも開業以来
「何度も、もっと遅くまでやって欲しい。」
「日曜日もやって欲しい。」と言われ続けてきました。

しかし、ハートフル歯科では、一貫して 夜間診療は、やらず。
日曜日は、休息の日とさせて頂いております。

歯科医療は、物品販売の業種と異なり、
「one to one」のお仕事です。
一人一人、人の手による医療サービスです。 
そこで、働く医療従事者の雇用環境を充実させ、より高い医療サービスを目指しています。

我々の目指す歯科医療は、

いまだけここだけ、あなただけ

いまだけ:毎回の診療時間を大切にし、充実させ、良い医療に徹する。
      そのために、研修を通じて高い医療技術を習得する。

      
ここだけ:ハートフル歯科グループでしか受けられない、高度な医療サービス。
      
      ハートフル歯科にしかない医療設備を充実させる。
      心のこもった(ハートフル)な医療サービスを提供する。

あなただけ:予約の診療時間は、あなただけのもの。
        あなたの健康観、価値観に合った医療サービス提供に最善を尽くす。

ハートフル歯科の歯科医療は、どんどん進んでいきます。
半年ぶりにいらっしゃた方でも、あれ??
「〇〇〇が変わった?」  とすぐにおっしゃいます。

セレックのソフト・ハードの成長
インプラントの変化
インビザライン矯正の進歩
マイクロスコープの進化
小児矯正の最新の研究

その組み合わせは、無限大
総合的な歯科医療はイマジネーション。
だからこそ、毎月、毎日ハートフル歯科は、変わっていきます。
最新の設備による診断力、コンピューターテクノロジーの進歩による技術により 効率化が進んでいます。
9年間が、より良い歯科医療を提供してくれています。

「すべては、患者さんの笑顔の為に・・・・」

下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY