理事長のブログ

2016.11.27更新

三鷹市ハートフル歯科、武蔵野市ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長の下田です。

ヨシダ社のトロフィーを使い始めて、1年が過ぎ 日本でのCAD/CAMの販売数や種類も増えて来て、CADCAMによるオールセラミック修復に関する状況は、一変してきました。
従来の1社独占の販売状況から複数社の販売が進み、ようやく選べる状況になってきました。

ハートフル歯科では、従来からあるシロナ社(アメリカ製)とトロフィー(フランス製)iTero(アメリカ製)の3種類のCADCAMを使用しております。現在は、その全てを使い分けしています。

その中では、トロフィーという機種を一押ししており、使い勝手、撮影精度など便利に使っております。

そのヨシダ社の「トロフィー」の導入前セミナーが開催され、新潟まで講演をしに行って来ました。

 

新潟講演

 

今回のセミナーは、CAD/CAM 導入前セミナーということで、トロフィー購入で歯科治療がどう変わるか。
診療室の中で起こりうる問題、患者さんや歯科医院へのメリット、デメリットなどお話をしてきました。
トロフィーを購入すると、精度、診療時間軸、長期予知性、審美性などが向上して歯科医院の治療レベルが非常に向上します。
7年を越え、8年間の臨床を踏まえて、自信を持って歯科医師の皆さんにお話をしてきました。

現状では、CAD/CAMを使いこなす歯科医院は、全国で500件程度しかないと言われています。
その先生方しか知らない、CAD/CAMの魅力をこれから始めようとする先生方に伝えてきました。

使ったことない先生方は、その使い方や便利さ、
従来と異なる考え方と大きな違いがあります。
講義を通じて伝えたつもりです。

この導入前セミナーは、CAD/CAM購入前のセミナーで購入後は、オールセラミック修復作製HANDS ONセミナーの開催も予定されています。

 

22日セミナー

 


ヨシダ社としては、購入前の不安を解消すべく導入前セミナーを開催し、導入後には、取り扱いセミナーの開催をします。
CAD/CAMは、大学教育には、含まれない内容なので、始められる先生方は、しっかりと勉強してもらわない使いこなせません。
今回のセミナーを通じて、「トロフィー」導入前後の不安をなくし、使用用途、使用法など実戦向きな内容の理解が進むと思われます。
平成28年12月、8年目を迎えCAD/CAM治療が16000症例を越えようとしています。
正直なところ、8年前は、今考えると無知だったと反省しております。
CADCAM学会の会長の草間先生はじめ、ドイツやスイスで開発に携わっている海外の先生方にもお世話になり、多くの指導をうけながらCAD/CAM治療をやってきました。今では、大きな自信に変わっております。
日本でもやっと、CAD/CAM治療が一般化してこようとしています。

今まで培った経験を生かし、全国の歯科医師の先生方に正しい情報提供を行い、CAD/CAMの良い部分を正しく情報発信していこうと思っております。

すべては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

 

2016.11.15更新

三鷹市ハートフル歯科医院、武蔵野市ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長の下田孝義です。

12年前の話
開業前に内装屋さんとデザイナーさんとで、よく打ち合わせを下高井戸でしていました。
最近は、行かなくなった下高井戸ですが久しぶりによったので、当時の打ち合わせ場所だった「COLORADO」という喫茶店の様子を見に行ってきました。

 

下高井戸

 


「夢と希望に満ちた。」開業前の気持ちを思い出します。患者さんに持てる限りの力を出し、良い医療がしたいと思っていました。
そして、患者さんとの3つの約束をして開業したのです。

①最新の治療を提供すること
②しっかりと説明すること
③心優しい医療を心がける=ハートフル

 

①最新の治療を提供すること
最新=デジタル化
デジタル化=デジタルレントゲン でした。

10年ひと昔とは、よく言ったもので、今では、デジタル化=CTやCADCAM クラウド などに取って代わられました。

最新の医療を、目指して。
最新の医療機器導入を欠かさず、海外にも目を向け研鑽をするようになりました。

②しっかりと説明すること
③心優しい医療を心がける=ハートフル
説明すること、思いやる事は、心の部分で、アナログな所。
毎日、患者さんが不安な顔をして帰宅されないようにしっかりと説明することを心がけています。
患者さんの気持ちを考えて常に接するようにしています。

「アナログとデジタル」の両面から
開業前の気持ちを思い出し、身の引き締まる思いになりました。


「痛くない、削らない、抜かない」予防重視の歯科治療

医院理念は、こうして生まれました。


規模が大きくなり、働く人も増えてきました。
しかし、開業時の気持ちは、忘れていません。一緒に働くメンバーにも常に共有して欲しいと話しかけています。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

2016.11.12更新

三鷹市ハートフル歯科、武蔵野市のハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長下田孝義です。

 


来年もバイコン社よりインプラントセミナーの依頼を受けましたので告知をします。

 


一昨年より、バイコン社より依頼を受け、ベーシックな講義とアドバンスの講義を行っております。

 


世界中の多くのスクリューインプラントとの違いから始まり、ショートインプラントだからこその良さ、適応範囲の広さなどをお話しさせて頂きます。

 


来年からは、福岡などにも行かさせて頂きます。知らない福岡の地でも楽しく講演させて頂きます。

福岡の方は、ベーシックしかないのでバイコン社のショートインプラントの適応症例の多さを感じてもらえるようなアドバンスコースの告知をするつもりです。

 

来年バイコンセミナー

 

 

来年バイコンセミナー2



僕のインプラントセミナーの基本は、「安全、安心、確実」。無理をしないで、良好な結果を目指す。
それを基本にしています。
開業医の歯科医師の先生がたは、インプラントで悩むことが多いと思うので悩むことなく確実な手術の仕方を指導していきます。


全ては、全国の患者さんの笑顔のために・・・


下田孝義

2016.11.08更新

初めて感じた話

政治的に
お金の価値について、考えさせられた瞬間でした。

インド首相が紙幣の無効化を発表しました。
「えっ!」

インド時間の11月8日夜、
インドの首相が、突然「インドの1000ルピー紙幣と500ルピー紙幣の無効化を発表しました。」
僕にとっては、本当に突然です。
「なに、なに??」
誰がどう困るの?

インドでは、1000ルピーが最大額の紙幣で日本円にすると1600円くらいの価値になります。
最大紙幣と2番目の紙幣がなくなるってことは、日本にあてると、1万円と5千円札が突然使えなくなること。

つまり、日常的によく使われている1600円札と800円札が無効になり、タンス預金の紙幣が実質無効になった感じです。
インドルピーは、持っていないので、あんまり気になりませんでしたが、日本で行われたらどうなるんだろう?と感じました。

具体的には、どんな政策なのかというと、偽造紙幣や汚職、資金洗浄の防止などが目的だそうです。
一応、それならパニックは、ないのか。
貯金は、しばらく引き出しにくいが、預金封鎖とはネットに書いてなかったので、預貯金の損失とは、ならないのか??詳細は、分からない。

しかし、旧紙幣から新紙幣への切り替えは、1週間に2万ルピー(約32000円)までとのことです。
ある意味、特殊な財産没収や不正な資金の撲滅となり、裏のお金を抹殺するという真の目的は、達せられると感じます。


というわけで、どんな形にしろ、大金を手元に置いておくと、「インドみたいに無効化されてしまう。」こともあります。

こういった出来事はある日突然やってくるものです。
出来る限り多くのリスクを想定して、対策しておいた方が良いという、教訓となりました。


僕も診療をする際には、常に抜歯になる可能性、インプラント手術のリスクなど説明し、同意書などで理解をしてもらっています。

そして、
必ず話すことは、「100%の医療は、ない。」という事。治療には、何かしらのリスクが、あるものです。お薬を飲むのも、主作用と副作用があるので、簡単に飲むものでもないということです。
健康に留意して下さい。
歯科に関しては、
「むし歯予防や歯周病予防が大切!」だと語っています。

『治療よりも予防!』

上手に削ってもらうよりも、削らずに済ませる。
インプラントよりも天然歯を守る!

「痛くない、削らない、抜かない!」
予防重視の歯科治療 という医院理念を今日も真摯に守っていきます。

全ては、患者さんの笑顔のために・・・

理事長
下田孝義

 

2016.11.03更新

都内にある衛生士専門学校の就職説明会に参加してまいりました。

 

就職セミナー〔衛生士学校〕

 


駅からも近くとても綺麗な学校という印象がありました。学生さんは、皆さん熱心に話を聞いてくださっていました。「ありがとうございます。」m(_ _)m
社会人になるにあたり、就職先を決めるのは、一大事。皆さんの熱い眼差しに答えるように真剣に話をさせて頂きました。

本日、数多くの歯科医院の中から、ハートフル歯科のブースに来て下さった方には、大変感謝いたします。そんな出会いの中から就職先も見つかるんだと思います。

ハートフル総合歯科グループでは、皆さんの連絡先を聞き、押し売りのような事はいたしません。
気に入って頂けたら、是非 一度  見学に来て下さい。

一緒に働くメンバーが、「生き生きとしている姿」を見て下さい!

ハートフル総合歯科グループの紹介動画が、あります。
 

 

 

 

 

ハートフル歯科の7つの特徴

1.「痛くない、削らない、抜かない」予防重視の歯科治療を、医院理念にしています。予防業務は、衛生士さんが主役です。
2.ライフ&ワーク バランス:18時30分定時帰宅、残業なし。週休2日制
3.しっかりとした衛生管理:使い捨てのグローブは、もとより。タービンの滅菌、器具の自動洗浄機、院内水道水の殺菌システムなどを備え、衛生管理を徹底しています。
4.先輩衛生士と楽しい仲間:同行したベテラン衛生士や身近な先輩が、ゆっくり、丁寧に指導します。
5.予防業務が、中心です。:小児歯科から、義歯、インプラント、矯正まで幅広い診療科目があり、多様な予防業務が可能です。初期の研修を越えるとバキューム持ちは、ほとんどありません。
5.スキルアップサポート:マニュアルやタクスリストを通じて段階的に教育を行っていきます。節目ごとの目標設定に向けて、個別に対応し、成長してもらいます。
6.福利厚生:しっかりしています。
7.有給について:有休消化可能

 

就職セミナー〔衛生士学校〕2  

 


説明会でお会いした方やそのご両親もこのブログを見てくださっていると思います。
21年間(それ以上の方もいらっしゃいます。)大切に育てて下さったご両親様には、大切な娘さんを就職させるにあたり不安もあるかと思います。
ハートフル総合歯科グループでは、その大切なお嬢様を優しく教育し、一人前の衛生士として育てていきたいとメンバー一同、考えております。
是非一度、見学にお越しいただき、お話をさせていただきたいと思います。また、一緒に働く事になるメンバーにも会って頂きたいです。
連絡をお待ちしております。

連絡先:0422-43-1182
メールアドレス: heartfuldental@yahoo.co.jp
就職担当:宮本 まで

新卒者の採用は、企業にとっても一大事!
ハートフル総合歯科グループでも、「患者さんに良い医療」を提供するために新卒者の採用に力を入れています。来春には、キラキラした笑顔をした、新人衛生士の方が来てくださることを願っています。

全ては、患者さんの笑顔のために・・・

理事長
下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY