理事長のブログ

2018.01.25更新

第3回のCAD/CAMセミナー開催しました。
なんとか継続する事、3回目 今回も全国から8名の歯科医師の先生方が、参加してくださいました。

r

 

今回から土曜日に、4時間、日曜日に7時間に増えました。
認知され、だんだん規模も内容も増えて、CAD/CAM初心者の方に正しい、CAD/CAMのハンズオンセミナーを行います。

8年間累計18000本の経験値を持つ、ハートフル歯科の治療ノウハウを公開しました。

「CAD/CAM治療」成功の秘訣は、『形成・接着・防湿』という事を中心に、土曜日は、座学。
日曜日は、実習を行います。

土曜日は、三鷹駅近くの貸し会議室で行います。
日曜日は、ハートフル歯科の南口院で自習を行います。

実習内容は、小さいセラミックと、被せ物の2種類です。
実際に模型を削ってもらいます。

k

q

また、午後は、実際に削った歯型から、撮影したデータを使用して、実際にセラミックの歯を接着します。
ゴムのマスク(ラバーダム)の装着し、実際にセットしてもらいます。
また、他社のカメラとの比較なども体験する事で、『ヨシダ社発売のカメラの優位性を体験してもらいます。』

2日間の講義と実習を通じて、明日から始まるCAD/CAM治療に勇気と希望を持ってもらいたいと思い、受講生の方と接しております。


ハートフルから発信された、CAD/CAM情報を全国の歯科医師の先生には、有益に使用していただき 多くの患者さんを救ってあげて欲しいと思います。
限られた時間では、ありますが 僕のCAD/CAMへの情熱を伝えられたのでは、感じています。


これからもCAD/CAM講師として、社会貢献は、続いていきます。
最新のデジタル技術を駆使するCAD/CAM治療は、まだまだ進んで行きます。
この速度に負けないように、日々精進して行きたいと思います。

 

すべては、全国の患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2018.01.25更新

13年間の時間を共に過ごしてきた、ハートフル歯科の唯一変わらぬ物、それは、外看板とトイレです。
毎月雨だれがつかないように、定期清掃にきてもらい、看板の雨だれがつかないようにメインテナンスをしてきました。
しかし、よーく見るとついに雨だれがついてきました。
長くたつと色々と変化してきます。
そうなんです。
その看板をペンキで塗ろうと思っています。
長く使うと痛んできます。
手入れしたきたつもりでも、ペンキが必要になりました。

o
歯もそうですよね!


毎日の手入れ(歯磨き)をしていても、歯の状態が悪くなることもあります。
そうなんです。

i


時々、プロに手入れをしてもらう必要があります。
皆さんには、気がついたら
歯科医院でのメインテナンスを受けるようにしてくださいね!


毎日の歯磨きだけでは、30年先の健口生活は、保証されません。
年に3回くらいは、歯科医院でのクリーニングをお勧めします。

 


しかし、13年変わらないトイレ!
それって意外とすごいと思いませんか。
トイレを見習い、毎日ジミーに活躍したいと今日も気合いを入れます。

 


全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

 

 

 


下田孝義

2018.01.19更新

 

 

年末に見つけた、山本有三記念館の改修工事に関する、ふるさと納税をさせていただきました。
地元民として、三鷹市の文化遺産保護を目的に返礼品などありませんが、山本有三さんの代表作、路傍の石は現在の子供達に特に読んで欲しい本でもあり、
この記念館を存続し、山本有三先生の想い、子供達には、日本の過去を振り返り、未来への希望を持つきっかけの場所として活用して頂きたいとの思いで、この度寄付致しました.
この山本有三文庫は、僕が幼少の頃は、遊び場として、図書館としてよく利用させてもらいました。思い出の場所でもあります。(以前のブログにも記載)


ふるさと納税の返礼品を求めて、全国の各地に納税をされる方が増えてきているとお聞きします。
僕もその一人でした。気がつくと地元の三鷹市の税制が、減っていることを知るのです。
平成28年1.5億円、平成29年、3.5億円も市の財政が減っているそうです。
三鷹市に住み、三鷹市の行政サービスを利用する、我々市民として、三鷹市の行政サービスが低下することは、大きな問題です。
逆に行政サービス向上、特に少子化対策、待機児童など子育て支援など充実させて欲しいものです。
少子化が進む中で、子供は「日本の宝」「子育ては、社会がお手伝いするもの」であると、認識しています。
だからこそ、子育てにしやすい街、『三鷹』となって欲しいと考えています。

t

 


三鷹市は、井の頭公園、井の頭自然文化園(動物園)ジブリ美術館など子供館に人気の施設があります。
また、山本有三記念館、太宰治記念館などあるなど文化人の住んだ街としても有名です。
武蔵野の緑も多く残り、中央線急行停車駅、隣の吉祥寺には、京王井の頭線など開通するなど東京のベットタウンとして、通勤・通学のしやすく、子育てしやすい街として発展してきました。
僕自身も住みやすい街だと思い、生まれてから、ずっと関わってきました。
また、これからも三鷹・武蔵野の街のホームドクター(歯科医師)として地域密着でやって行こうと思います。
山本有三記念館は、ジブリ美術館につながる、風の小道の途中にあります。
ジブリ美術館に訪れる海外のお客様も多くいらっしゃります。その方には、三鷹の魅力を増やすことで、観光客の方を更に誘致できれば、三鷹の街の発展にもつながるはずです。
今後も三鷹市に必要で、絶対に残して欲しい施設だと思います。


そんな思いからも、文化と歴史の詰まった、山本有三記念館の保全に協力させてもらいます。


下記の通り、実際のGCF(ガバメントクラウドファンディング)では、達成率21.9%のようです。
残りの期間もわずかとなってきました。


小額ではありますが、ふるさと納税を通じて三鷹市に貢献できる機会に出会えて、感謝しております。
地域の方に支えられて、ハートフル歯科も開業以来13年が経過しました。
歯科医療以外で、社会貢献ができたことを大変嬉しく思います。


しかし、なかなかGCFが集まっていない様子です。
三鷹市の取り組みがブログを通じて、周知され、協力して頂ける方が増えることを願っております。


全ては、三鷹・武蔵野に関わる方の笑顔の為に・・・

 

下田孝義

 

 

2018.01.12更新

1/5より、始まり、すぐに成人式の連休と続く1月ですが、あっという間に半ばにきてしましいました。

インプラントのオペも始まり、通常通りの日々に戻った感じです。ほっとしています。

朝の散歩の一コマです。
朝モヤの中、井の頭公園隣のジブリ美術館の巨人兵が、いつもよりも壮大に見えたので パチリ!
写真では、伝わりにくいのは、カメラの腕ででしょうね。

背景によって。見える姿も違っているということでしょう。

人も環境によって、変わっていくということです。
一緒に働くメンバーにも、ハートフルだから輝いている事実を、理解してもらいたいと思います。

新人は、誰でも仕事は、出来ません。
経験を積むことで前に進みます。そして、ベテランになります。キャリアは、積み上げることで伸びていくのです。
嫌なことがあったら、やめる選択肢もあります。
キャリアを積み、一人前に仕事が出来るようになると、後輩の教育を任されていきます。
1人の仕事量の限界になります。
後輩が育つと極端な話、2倍の仕事が可能になります。一番評価される瞬間です。
しかし、転職すると、また1からキャリアを積み上げなければなりません。
隣の芝は、青く見えるものです。
出来る職員であれば、引っ張られることもあるでしょう。それも社会です。
しかし、新しい環境で輝ける保証は、ありません。
期待されるほど活躍できなかったり、上司と合わなかったり、次の職場で、必ずしもうまくいくとは、限りません。

u


ジブリ美術館の上の巨人兵は、晴れの日も雨の日も、いつも雄大に立っています。
環境に左右されない、巨人兵は、ジブリアニメのスターキャラクターです!

しかし、巨人兵もジブリの世界にいるから、輝いています。ガンダムの世界にいたら、撲殺されてしまうでしょう。

ハートフルでのキャリアは、ハートフルの世界で伸びていきます。
ハートフル総合歯科グループは、三鷹に、ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院という、診療科目に合わせた4つの歯科医院があり、ハピネスクリエイトという技工所を併せ持っています。
常に設備投資をし、最先端な歯科治療を求めるいる、変わった世界観を持っています。他の医院では、ある意味使えない、まだ知られていない知識の宝庫だからです。

「勝ち馬になるか、勝ち馬に乗れ!」
「勝ち馬になりたければ、まず、勝ち馬に乗れ!」

僕が卒業以来、胸に秘めた言葉です。
むし歯予防。歯周病予防が、やりたい!
マイクロスコープを使って治療がしたい。見えた方が良いに決まっている。熱い情熱がありました。
しかし、当時の院長は、霞を食っては生きていけない。「歯科医院にも経営がある。」
と言って
「そんなことは、無理だ」言いました。
まだ、歯科における予防医学の黎明期でした。
「より良い医療」がしたくて、独立しました。
勝ち馬乗っていた僕から勝ち馬になろうとした瞬間です。

環境が変わると力を出すことは、難しいです。
開業してから、色々と苦労しました。
僕も転職したり、自信満々就活中に不採用になったり、多くの経験をしています。
最後の職場の院長先生には、10年近くお世話になりました。嫌なこともありましたが、振り返ると本当に多くの事を学ぶことが出来ました。最終的に後輩歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、受付など教育に携わった経験は、何事にも変えがたいと思っています。
治療技術だけでない仕事への考え方が身につきました。大変、感謝しています。

転職を繰り返したり、早過ぎて開業したり色々な歯科医になった同級生がいました。僕は、腐らずに8年間働いたことが、足腰を鍛えて今になっていると感じています。

新年を迎えて、一緒に働くメンバーには、今年もよろしくお願いいたします。昨年は、ホワイトニングサロン開設準備で多くの研修を行いました。歯科医院が変化する時、振り落とされる人が今までも出たものです。

北口院(受付不足)→小児歯科院(スタッフの退職)→セレック開始(技工士退職)→勤務医募集(勤務医継続しない)→矯正院→ホワイトニングサロン

今までも多くの人がハートフルを去っていきました。

安定した経営は、成長し続ける事だと以前のブログには、書きました。人の入れ替わらない組織は、成長しない。と物の本には、書いてあります。
メンバーには、変化に対応し、ついてきて欲しいと思います。

四月から新しいメンバーを迎え入れます。
今年は、48才戌年の年男です。
希望に燃えて、年始をスタートさせています!

「削らない、抜かない、痛くない」予防に重視の歯科治療

開業を決意した熱い情熱!
「より良い医療を、目指して!」

2018年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

全ては、患者さんの笑顔のために・・・


下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY