理事長のブログ

2018.08.18更新

ちょうど 「デンタルエステ」として、ホワイトエッセンスと契約をしようとしていた頃、2年前
セルフホワイトニングサロンが、となりの吉祥寺に出来てミナ先生と話題になったので、写真を撮っていた。「SIROQ」 シロクするということだろう。
一回1000円で、自分で歯薬液を使用して自分で光を当てて白くする歯のホワイトニング店だ。歯科医師は、そこにはいない。
「値段も格安!」お手軽価格のホワイトニングショップの存在に驚いた事を覚えている。

y

 

となりの看板を見ると分かるが、確かに同じテナントである。今は、変わってしまった。

y


セルフサービスのホワイトニングサロン
セルフサービスのガソリンスタンド
セルフサービスのコーヒー
セルフサービスの立ち食いそば屋さん

人件費削減のために、セルフのお店は、増えている。

ホワイトニングは、薬液を使い、歯の表面に化学変化を起こさせて歯の黄ばみを取るという、明らかに医療行為となる。痛みやしみるなどの影響が、あっても自己責任。効果がなくても自己責任。ということか。効果よりも、痛みなどの症状が出ない事を優先するシステムにならざるえない。
それで、効果は、あるのか?

一般人が、自分にメスを入れることは、自殺行為
一般人が、他人にメスを入れることは、殺人行為

自分にも他人にもメスを入れてはならない。
歯を削る行為なら、良いのだろうか?
薬もやはり、ダメだと思う。
イヤ、ダメだ。

自己責任で自ら医療行為を行う人は、いたのだろうか?

当院のホワイトニングは、発熱の少ない、新開発された薬液と専用のライトを使用する。
だから、痛みやしみるなどの悪影響が、出にくい。
むた、ホワイトニングは、人間の感受性によって、薬液の濃度を調整する。そして、毎回 結果を出す。

そう、毎回  結果が、出せる。
それが、ホワイトエッセンスのホワイトニングだ。

業界に出回っているホワイトニング薬やライトは、開業以来 色々使ってみた。名前は、書けないが、効果がすくなくクレーム対応をする日があった。だから、あんまり 勧めていなかった。

今は、自信を持って勧めている。
それだけの効果が得られている。

(ホワイトニングの写真もらってください。)

デンタルエステを計画して、2年間が経過した。ハートフル矯正歯科医院内ホワイトエッセンスは、盛業となった。もちろん、吉祥寺のホワイトエッセンスも健在である。

h

 

吉祥寺の街から「SIROQ 」は、撤退した。
答えは、明瞭となった。

「SIROQ 」には、行ったことないが
吉祥寺の街が、ホワイトエッセンスを選んだ。
僕らの選んだ「ホワイトエッセンス」が、正しいホワイトニングの形なのかもしれないという事が示唆される。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・


下田孝義

 

 

2018.08.06更新

y

昨年、「むし歯と歯周病の病因論」という本が発売されて、僕とも6月に出会うことができました。
一般の本屋さんの店頭に並ぶ本とは、異なり、すぐに目に触れることがなかったというのが実態です。
アマゾンなどの通販サイトでも販売されていますが、たまたま、出版元が唾液検査をよく使っている歯科医院ということで送付してくださったので出会うことができました。


ハートフル歯科では、むし歯や歯周病の原因は、お口の中の細菌ですよ!と常々話しています。
新人さんも、4月からの新人研修で口を酸っぱくなるほどに「細菌感染だよ!」と教わります。
その内容を裏付ける本として、この『病因論』が発売されたことを嬉しく思います。


むし歯も歯周病も加齢変化と捉えている方が、多いと思います。
しかし、この本を読むと
『原因と対策を知れば、年をとっても歯は守れる』ということを知ることができます。


「むし歯や歯周病もコントールできる疾患」であると、終始書いてあります。
フロスの必要性、定期的なプロケアなど、その正しい意味を知ることで、他人ごとから自分ごとにお口の中の病気のことを知ることになるでしょう。


70Pほどの読みやすいサイズ、文章も少なめ、イラストを多用して分かりやすく書かれています。


この本は、ハートフル歯科でも推薦図書となり、多くのメンバーで共有されています。
この本こそ、「百聞は、一見にしかず」という意味でしょうか。微妙に違いますけど(笑)
僕が100回講義するよりも、本に書いてる方が説得力あると思います。イラストが頭に情報を定着させることでしょう。
(この本は、学術書でなく、一般書ですのでお間違えなく!)


この本は、アマゾンでも購入できますので、
「30年後も自分の歯を残し、美味しくお食事をしたい方」には、ぜひ 読んで欲しいと思っています。


全ては、全国の笑顔を大切にしたい患者さんのために・・・

 


下田孝義

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY