理事長のブログ

2018.10.09更新

c

バイコンブックと言われる。バイコンインプラントに関する全容が記された本がクインテッセンス社から、このデンタルショーで発売された。
今回のデンタルショーに参加されたバイコンユーザー先着20名に社長直筆のサイン本が、もらえる運びとなっていた。

 

f

モーガン社長は、74歳になられた。40年間歯科医師として歴史を刻みバイコンインプラントを育ててきた。その人生全てがそこには、注がれているのだろう。
まだ、読み切れていないが穴があくまで読もう。行間に含まれるモーガン社長の40年間の体験を知ろうと思った。
本は、素晴らしい。その人の体験した全てを数時間で体得できる。この本の発行を心待ちにしてた誰よりもバイコンファンの僕は、感謝の念しかない。
英語版のバイコンブックからは、読み取れない多くの情報を集めていきたいと思います。
翻訳に協力してくださった先生方は、存じ上げている方ばかり。忙しい中、ありがとうございます。

q


「バイコンインプラントの、素晴らしい業績を賞賛し、世界中でその恩恵にあやかり、喜びにわく患者や歯科医師の1人である。」と書くモーガン社長の言葉をそのまま使い、僕もその1人でありたいと思いました。
ハートフル歯科では、今後もバイコンインプラントと共に歩み、デジタル化の恩恵を受けられるようにそれを全国に発信する事を誓います!

3日間  気疲れしました。(^O^)
明日からのパワーに変えていきます!
まずは、バイコンブックを読み込まないとダメです!

下田孝義

 

 

2018.10.09更新

初の国際歯科学会講演!
全ては、開業して13年間支えてくださった患者さん、メンバー、そして家族のおかげだと思います。「全ては、患者さんの笑顔の為に・・・」粛々と治療をやってきた結果です。
嬉しい  嬉しい.

y

モーガン社長はじめ、バイコンメンバーのみんなと一緒に食事会にも呼ばれました。
楽しく談笑して過ごしました。
なんで横浜なのに、中華街じゃないんだろう??
あとで気づく。モーガン社長は、箸が苦手なんだ。
「あっそうだ!」

p

彼は、昔  勤務してくれていた谷口良くんです。群馬で院内技工士をしているそうです。雑誌で僕が講演する事を知り、駆けつけてくれました。凄く嬉しかったです。学会講演をすると昔懐かしい方に会えるのが凄く光栄に思います。
病院がデジタル化するので、勉強に来たと言っていました。

p

最後に、シロナ社ブースの前で写真を撮りました。
9年前にシロナ社のセレックを買ったのが、ハートフル歯科のデジタル化の始まりです。こっそり立つ後ろのメンバーの方々に支えられてやって来ました。感謝しています。ありがとうございます!

今回のクイント国際歯科学会、デンタルショーはじめモーガン社長訪問と立て続けに過ごしていました。なんだか、気忙しく時間が過ぎていましたが、充実した3日間でした。

もうこんな忙しい日は、ないだろうなぁ。

 

下田孝義

 

 

 

2018.10.09更新

国際歯科学会に呼ばれて、ランドマークタワー内にある、ロイヤルパークホテルに宿泊しました。

y


演者になると、特典でこんな夜景の見える部屋に招待で、泊まれます!(^O^)  俗な話では、あるが嬉しい!

デンタルショーの話のネタのトップが、そもそも 夜景かよ!と「自分でツッコミ」

リハーサルで、呼ばれて、宿泊もしているので今回は、横浜デンタルショーにもゆっくり参加してきました。

いつもお世話になっているホワイトエッセンスさんは、ハワイ風なステキなブースが設けられていました。

j

イボクラ社には、参考出展で、最新の技術の詰まった小型セラミック削り出しの機械の展示がされていました。僕の注目の製品です。ただ、その機械で削れる素材がない自社製品だけだったのが残念です。

o

次に気になってのは、参考出展ですが、マイクロ画像を3Dで表示できるモニター設備です。最近は、テレビも3D画像表示が出て来ています。
マイクロ画像は、人間の目の立体視感を弱めてしまいます。そこでマイクロ越しでは、肉眼と比較してやりにくい側面があります。それを解消する可能性を感じました。

h

 

このメガネをかけると、立体化できるのです。やりやすそうでした。

a

たまにデンタルショーに行くと、新しい発見があり面白かったです。

3Dでのマイクロ画像は、ハートフル歯科にもくるかもしれません。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・


下田孝義

 

 

 

2018.10.09更新

3年前からお願いされていた、クイント国際歯科学会に参加して、講演をして参りました。
全国7万件の歯科医院、10万人の歯科医師がいます。
その中のたった400名がそこで講演をさせて頂けるという栄誉が、頂けます。山崎先生を筆頭に全国に名だたる大先輩の中でポツリと立ち、真剣に講演をして来ました。

i

 

このSPEAKERという、名札には、僕ら歯科医師になってから20年自分のがんばり、その価値の高さを感じました。(ウルウル涙)
講演前の前日リハーサルでは、過去に何度か書かせてもらったデジタルデェンテトリーイヤーブックという論文を読んで僕の事を知っていてくれたクインテッセンス社の方に声をかけてもらい気持ちも高揚しました。

当日は、3時間のシンポジウムだったので、終わってからの質問時間なども含めて、はじめの経験をさせてもらいました。

口腔内スキャナーの使い分けについて聞かれたので、詳しく説明をしました。
今は、ヨシダ社販売しているトロフィーが、1番使いやすいと素直に話しました。こういうのは、企業バイアスが、かかり発言にも気を使いますが、理由も含めて冷静に話そうと努めました。

無事に終わり良かったです。
2年後も呼ばれるように真摯に努めていくつもりです。

全ては、患者さんの笑顔のために・・・


下田孝義

 

 

 

2018.10.09更新

国際歯科学会の講演のために、日本にモーガン社長が、訪日していました。そこで、せっかく来たのだからと、ハートフル歯科とラボを見せて欲しいと言われて、昨日  三鷹にお越しなりました。

昨日は、朝 モーガン社長(アメリカバイコン本社社長)を東京駅のホテルに迎えに行き。車で送迎をさせてもらいました。

o

東京駅から、三鷹までの往復では、車窓から見える新国立競技場や、新宿の街、きぬた歯科の看板など東京ならでは、風景の説明をしながら移動しました。時差もあり、外は、30度を超える夏日、エアコンの効く車内では、ゆっくりお休みしなから移動して頂けました。良かった。

院内では、色々と説明させてもらいました。

IOSの使い分け、パウダーの有無、先端の滅菌、ラボワーク、ガイドや3Dプリンターの活用など  モニターのスペックとレントゲンの写りかた  ワンデーの必要性    ボストンに無いものを中心に話しました。

平山先生は、アメリカでもここまで揃えている人は、いないと言ってくただけました。
モーガン社長にも、デジタル化のイメージがついたので取り組みたいと話して頂きました。

帰りは、ホテル近くのコジマ電気に3人を降ろして、ハートフル歯科の見学は、終わりました。

電気屋さんでは、4Kや8Kのモニターを見て確認して行くそうです。

あんまりこういう事をプログで書いた事ないですが、実は、レントゲンやCTを写し出すあのパソコンモニターにもハートフルは、こだわっているんですよ!
ある時Macのパソコンで見る、レントゲンの方が写りがいいと言うことに気づきました。
それから自分で色々調べて、レントゲンの画像は、写し出すモニターの出力が高い方がよく見える。診断力が上がると言うことに気づきました。

今では、治療イスの周りにあるモニターは、4K対応してモニターを選んで使っています。

「4Kモニターも家電などは、すごく安くなりました。全ては、診査、診断  医療レベルの向上を第一に考えた結果です。」
そんな話をモーガン社長には、させていただきました。

あっという間に、夕方になり、解散しました。
社長には、ボストンではいつもお世話になっているので東京に来た際には、観光など車を出すので次回も誘ってもらえたら嬉しいです!と話しました。

「来年もボストンで、お会いできます!」と別れました。

 

下田孝義

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY