理事長のブログ

2019.09.23更新

ものつくり助成金の採択から3ヶ月、消費税前に納品してもらいました。

3台縦並びで家具を増設して場所を確保。
削る機械、ミリングマシンを増設しました。

 

19092301

 

新しいミリングマシンと以前からあるミリングマシンをつなぎこむことで朝削り撮影したデータで夕方には、ジルコニア製のクラウンやブリッジが、可能になりました。

 

早速、ジルコニアブリッジの症例を用意しました。

 

朝一番で、形成、撮影して、夕方16時にセットをしました。

 

19092302

 

当日、すぐにブリッジが、入ったので不自由な時間は、半日ですね。 すごい!

 

19092303

 

噛み合わせ調整が少ないのが、CAD/CAM補綴(ほてつ)の良いところ!
一発セット。になりました。

 

調整もないなんて!本当にスゴイ!(涙)

 

うまくいって嬉しい気持ちは、患者さんにも伝わります。カチカチ噛むと嚙めそうか、ダメそうか。本人が一番分かります。
すっごい笑顔。
当日入って、こんなにぴったりなんて!
くしくもその患者さんの奥さんは、2週間前に型取りして、今日セットに行くことになっているそうです。

 

どんな感想かは、次回報告します。

 

今回のジルコニアブリッジのワンデーには、専用の設備と知識あるスタッフ、それと患者さんの理解も必要です。
ジルコニアをドライミリングで削ずり、すぐに
シンタリング(専用の焼き上げ機)の設備、それを操作する技工士、支える受付、それを理解して通ってくださる患者さん、予約通りに進める歯科医師、みんなの協力が必要なのです。

 

小さい白い歯が、当日 入るなんて当たり前の時代に近づいています。

 

ハートフル歯科では、ブリッジでも当日セットが可能になりました。

 


全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

 

下田孝義

2019.09.20更新

今回は、昨年来 ソウル、ボストンの研修でお一緒させてもらっている中村先生、永井先生に呼ばれて新大阪に行ってきました。

 

1909201

 

1909202

 

お二人とも気さくなお人柄で、楽しく会話ができました。12月には、忘年会兼ねて、ソウルにもデジタル歯科の勉強に一緒に行かせてもらいます。今後ともよろしくお願いします。

 

1909203

 

僕は、いつも仲良し、金森先生と加瀬先生と一緒に大阪遠足気分です。(笑)

 

1909204

 

行ってみたら、会場が広い、驚きのスクリーン3枚でした。やりにくいですね。びっくりしました。100名規模!

 

19092005

 

プロジェクター三台だと、どうしても真ん中のプレゼンにしか、ポインターが使えません。
いつも講演のお供に連れていく、緑のポインターでは、限界だと気付きました。
普通のポインターは、一箇所しか指せないんですよ。以前、パソコン画面上でズームになるポインター使ったことあるんですか、今回のように複数のプロジェクター使用する場合は、ズームするタイプの方が適切だと気付きました。

 

金森先生と加瀬先生とは、ポケモンGOつながり。新幹線に乗る合間にも、ミューツーのレイドバトルしたり、色違いのポケモン捕まえたりワイワイ遠足気分で東京から移動します。

 

1909206

 


歯周病が、歯を失う原因の41.8%という事実の中で、いかに歯周病から患者さんを救っていくのか!
それは、命題です。

 

1909207

 


ハートフル歯科の歯周病への取り組みを友人の歯科医師のスタッフの方にお伝えすることができて、何か参考にしてもらえたら嬉しいなぁと思いました。

 

全ては、全国の歯周病に悩む患者さんのために・・・ 「はじめの一歩」

 

下田孝義

2019.09.19更新

9月9日の朝。

8時から計画運行の電車稼働中とネットに書かれていた。Twitterで、中央線の動きを確認した。。
また、減数運転といっても、数本は来るだろうとたかをくくり、最寄りの市ヶ谷駅に到着。

 

階段を降りる途中どどっと、人が階段を上がってくる集団にすれ違う。毎朝の風景。
ちゃんと動いてるなぁ。ー安心したー

 

190919 

 

待つ事30分 駅には、人影が増えない。そして、上り、下りとも電車が来ない。
えっ??
さっきの電車は、なに??
Twitterは?

 

やがて今、お茶の水の構内で倒木が発生 とアナウンス。マジ!

 

仕方なく、家に帰り。
車で急いで仕事に向かいました。

 

予期せぬ渋滞が、嫌で 電車を選択しましたが、予期せぬ倒木に行く手を阻まれる。事態となりました。
9時半ギリギの到着でしたが、無事に診療を始めることが出来ました。
遠方から来るメンバーは、お昼頃まで来れない人も出てくる始末。天災なので、仕方ないですね。

 

その数日後に、千葉県の停電や断水など報道され始め、被害の大きさにびっくりしました。
FBで友人が8日目に電気がつながったと知らせてきた。残暑の中、家族で車内生活の実態を聞き、しんどかっただろうと心配しています。彼は、幸い サンルームが吹っ飛んだだけだそうです。保険で直してもらえると言っていました。

 

被害に遭われた方もいらっしゃると思います。台風直撃に追われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

下田孝義

2019.09.18更新

臨床研修医の結城先生が、5ヶ月の研修を終えて、こばやし歯科に戻ります。

 

今日は、結城先生の最後の日なので、今日の南口院の歯科医師と一緒にランチをしました。
コンプライアンスもあり、あまり 時間外の拘束もあんまりしないようにしています。
しかし、最後の日なので、みんなで楽しく時間を過ごしました。

 

190918

 


結城先生は、5ヶ月の研修を通じて、色々出来るようになっていく、日々成長を感じておりました。

 

国家試験を終えて、半年 仕事に追われている事と思いますが。これからも毎日が勉強です。
生涯研修のという意味を理解して、未来に向かって羽ばたいて欲しいです。

 

「夢と希望」が、若い力の原動力です。

 

ハートフル歯科の「CAD/CAM特別研修」も終えて、無事に終了しました。良かったです。

 

来春からご縁があれば、また、仕事で来てくれるかもしれません。
その時は、また よろしくお願いします。

 

うまく「若い力」に伝わりますように。

 

 

下田孝義

2019.09.17更新

日韓問題が、騒がれています。
隣国と揉めるのは、いかがなもんかと思いますが、両者の言い分を冷静に考える良い機会となっています。
過去を振り返って、直視する良い機会になっていることだけは、事実ですね。

 

なんにしても韓国料理が悪いわけでもないと思うのですが、デパートの韓国料理屋さんは、ガラガラでした。

 

190917

 


このお店に罪はないとおもい、自分からは、韓国料理屋さんに人生初めて行こうと思った瞬間です。おいしかったです。

 

歴史問題は、全部 横に置いて
隣国として共に発展して、いきたいと
理想論かもしれませんがと本当に思います。

 

世界平和と世界安全

 

競争と紛争は、違います。
世界中で、いつも紛争が起こっています。残念で仕方ありません。殺し合いなんで、誰も望んでいません。
競争社会として、切磋琢磨。科学技術の発展。文明社会で、豊かに暮らしていきたいです。
人類社会が、平等で平和が訪れますように。

 

 

下田孝義

2019.09.12更新

ヨシダ社 上野のセミナー会場にて
ユニット一台開業セミナー を開催しました。

 

ユニット一台開業??
ユニット一台で、開業してコストを下げましょう。という意味ではありません。
「ヒト・モノ・カネ」をどう運用するか。
というknow-howについて話しました。
ユニットは、開業してから買い増せば良いので、ユニット一台から始めよう。という話です。

 


開業時に入れないと置くスペースは、確保されない、「ミーレ」や「滅菌器」など初めから家具図面に入れておいて欲しいものです。
ユニットも初めに床上まで配管すれば設置が楽です。そんな内容もありました。

 

午後は、これからのデジタル化の波に乗る為に、CADCAMを開業時に導入するメリットを話します。

 

3分間クッキングの要領で、ワンデーセラミック治療の、「実演・講義」をその場でしました。
事前に形成、作製はしておき、

ワンデー・セラミック形成部分をスライドで解説した後、「さぁ、今からセットしますね!」と。

 

・スライドの幕を上げる
その背後にあるユニットに患者さんの山村さんが座り、臨床実地研修が始まります。シンマをした後、形成後の状態から始まります。

 

19091201

 

最新カメラのメデットi500を披露。撮影画像は、ユニット脇の大きなモニターを見せながら、撮影をします。

 

19091202

 

・スライドの幕を下げる
すぐにデザインのデモレクチャー。ミリング直前までCADデザインデモをします。

 

19091203

 

・スライドの幕を上げる
ラバーダム防湿、既に研磨された、セラミックをその場で接着していきます。

 

19091204

 

撮影、デザイン、ラバーダム防湿、接着部分を実演しました。
ラーニングスタジオは、臨床実地研修と講義が、クロスして進行させられる。歯科業界初の講義室です。
その講義室を利用して、セラミックのワンデーセラミック治療のリアルな「実演・講義」させてもらいました。

 

減価償却にまつわる税金や衛生士雇用問題、診療時間、人口減少時代に30年間開業医として生き抜くためのヒントを話したつもりです。

 

人口動態統計は、裏切らず。
歯科医師数も毎年2000名合格と変わりません。

 

その中でどう開業医として、生き残っていくのかを考えていきます。

 

初タイトル・初1日講演を終えました。
スライド作りは、長かったですが、
講義はすぐに終わりました。
無事に講演が終わり良かったと
胸をなでおろしています。

 

今回は、プレゼンを通じて、開業15年間を振り返り、家族一丸となって頑張ってきたんだなぁと。感無量です。

 

ハートフルを支えてくださる地域の皆さんと、企業、ディーラー、家族の支えで今があります。

 

「ありがとうございます。」
今後ともよろしくお願いします。

 

 

下田孝義

2019.09.08更新

三鷹の夏は、8月末の阿波踊り
9月の1週目の三鷹 八幡宮神社の夏祭りを過ぎる頃、終わりを告げます。

 

19090801

 

そういえば、朝晩は、涼しくなり、エアコンをつけないで過ごせるようになってきました。

 

19090802

 


ハートフル歯科は、旭町町会
小児歯科院と矯正院は、中央通り商店街に所属しています。

 

土曜日は、診療があり お手伝いも出来ず、申し訳ないのですが、提灯と奉納だけは、協力させてもらっています。

 

三鷹の街 で、育ち
三鷹の街 を、愛して
三鷹の街 で、開業しました。

 

これからも地域の方々と、コミニケーションを取りながら、真摯な姿勢で、治療に励んでいきたいと思います。

 

子供達の笑顔と笑い声が、三鷹の街をこだましています。昔を思い出して、僕も少し口角が上がってしまいました。

 

「笑う門には福来たる」
お祭りには、笑顔が溢れています。

 

皆さんの所にも福がやってきますように。
全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

 

下田孝義

2019.09.06更新

気づいたら、9/6でした。
夏休みの最終週は、子供達の宿題に追われてしまいます。と言っても、長男も中学生になったので、問題集とかに宿題も変わりました。

 

「いのちのたべかた」という本が夏休みの課題で、読書感想文だったのですが、やらずに放ったらかしになっていたので一緒に読むことにしました。

 

19090601

 


最近の子供達は、魚が切り身で泳いでいるとか思っている子もいるそうです。(もちろん小学校の低学年です。)

 

牛、豚、ニワトリは、動いている様子、実物は、知っています。しかし、スーパーには、お肉としてしか売られていません。
どうやって、牛が牛肉になるのでしょうか?
そこは、教えてもらえません。

 

そんな所から話が始まっています。
「生きる為の営み」として、必要なことなんです。
野菜しか食べなくても野菜の命を食べていると言えるのではないでしょうか?

 

「命を食べる」ことは、生きる営みとして、決して、悪い事ではない。汚い事でもない。必要な事なんです。と、書かれていきます。そして、漁師さんや畜産業、食肉場で働く人がいるから美味しく食事ができる事が出来るんだと。

 

失われる命、そこに携わる人
多くの事に感謝しながら食事をしていきたいと思いました。

 

本の中に、食肉に関する情報発信しているコーナーがあると、紹介されていました。芝浦にある「お肉の情報館」です。

行くことにしました。

 

 

19090602

 

 

食肉市場の中になり、牛や豚が、お肉になっていくプロセスについて紹介するビデオが公開されていました。血なまぐさいシーンも隠さずにしっかりと子供向けですがしっかり表現されていました。
本では、活字や、イラストでしたが、ビデオでは、そのものズバリですから。
ショッキングな映像だったことでしょう。

 

19090603

 


親子で一緒に「命の大切さ」を学ぶ良い体験となりました。

 

19090604

 


帰りには、3人で焼肉屋さんで、ランチ
「感謝して、いただきます。」
心のこもった言魂 を使い、食べました。
「いのちのたべかた」という本を通じて、子供達と夏休みの思い出が、出来ました。良かったです。
長男も「感想文も書けるよ!」とニコニコでした。

 

帰宅後のオチ

 

「おとうさーん。間違えたぁ。」
「感想文じゃなくて、重要なところを書き写すだけで良かった。」
「なーんだよ。」でも、楽しく過ごせたから良かったね。^_^ 

 

家族で行った「お肉の情報館」
お肉のでき方だけでなく、実は、同和問題なども語られています。
中学生になった、長男には、歴史教育、社会問題を親子で話題にすら良い機会になりました。
「自由・平等・平和な社会。」
子供達のためにも守っていきたいと思います。

 

 

休みは、家族と一緒に・・・

 

 

下田孝義

2019.09.04更新

昨年夏より本格的に書き始めた「歯育て本」の完成は、まもなくです。

 

190904 

 

別刷りの印刷部数を検討し始めました。
その資料として、8月の年齢別の受診者数を計算することにしました。


0〜1才
1〜3才
3〜6才
6〜12才
12〜18才

 

年齢別のデータ確認の上、別刷りの印刷をかけます。歯育て本は、もう最終段階に入っています。

 

本は、難しいですね。
後世に残ります。
何度も読み返しています。
でも、微妙に違うかなぁとか。そんな訂正を繰り返しています。
最終校になるように、必死にやっています。

 


全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.09.03更新

令和になり、人生ゲームも変わってきた。
「目指せ!億万長者!!」

 

これは、皆さんお馴染みのゲームですよね。
子供が生まれて、家族を作って、四つのエリアは、スタートダッシュ、ドリームトレジャー、キャリアアップ、ギャンブルに分かれています。
見るとそうそう、従来の人生観に当てはまるゲーム性。チャレンジする、地道にコツコツと努力さる。
結婚して、子供を産み。家を買う。不動産や株でチャレンジみたいな。

 

190903001

 


令和になり、お金の概念がなくなってきた。
お金に興味が減ってきたのか?

 

190903002

 

 

目指せ!TOP of インフルエンサー
と書いてあった。

 

感染させる力のある人
流行りを作り出す人
社会に影響力のある人 ということらしい?

 

今、小学生に人気の職業もユーチューバーがはいっている。好きなゲームして、お金をもらえるという意味もあるのだろう。

 

令和版では、
「人生の価値」は、「影響力」なんだなぁ。

 

情報発信力が求められている。
発信する情報を持つ人が、キーワードですね!
これからも、ブログやFB、講演会を通じて情報発信していきます。
50代の目標は、歯科に置いて、CAD/CAMインフルエンサーになることにしたいと思いました。

 

190903003

 


来週は、「ユニット一台開業塾」というセミナーが開催されます。
35才くらいの 若手の育成 を目指して、僕の卒業してからの歩みを振り返りながら、社会貢献のできる開業セミナーを開催します。

 

歯科医師は、生涯学習であること。
「知識、技術、情熱」がなければ、開業しても思ったような医療は、出来ないと講演する予定です。
また、僕の卒業した20年前と比較して、歯科医療器具が進化したので、

「医療レベルは、設備が決める。」時代がやってきています。お金儲けの為の仕事という意味でなく。

 

設備投資をやり続ける為=診断力を保ち続ける為 =治療のレベルの向上の為 に、お金の動きを理解する必要があるという事を話します。

 

日本では、お金のことを話すことは、汚い事だと教育を受けてきました。しかし、現代の歯科医療において、設備投資は必須となってきました。
マイクロスコープを保険内の根管治療で使うことは、必要な医療レベルだと僕の価値観では、思っています。あくまで僕の価値観です。
しかし、現実はどうでしょうか。

お金がないから、設備投資できないと思われているのではないでしょうか。

 

お金儲けでは、なく。
お金を回す。
より多くの設備投資をすることで、より良い医療が可能となっていくと考えています。
お金が回らない=お金を止める=教育する余裕がなくなる→設備投資が出来ない=医療の質の低下

この負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

190903004

 


実際は、こんな感じでみんなでワイワイゲームやったただけなんですけど。^_^

 

お金が人生の価値 ではなくなりつつあり、社会に影響力のある人が、価値があると言われるようになったという事でしょう。

 

今後は、若手歯科医師の教育にも力を入れていきます。知識、技術 だけでなく。
仕事への情熱、お金の事もしっかり話していきたいと思います。
情熱がなくなると、生涯学習が途切れてしまいます。お金がないと、設備が陳腐化します。

設備の整わない診療所で、医療の質は担保されるのか?

 

 

美味しい食事は、食事の質だけでなく、インテリア、接客、景観など色々要素で決まります。

 

医療の質も同様ではないでしょうか。

 

ハートフル歯科に、最新のCAD/CAM一式が、9/23 納品されます。
設備投資をする事で、さらに一段階、高みを目指します。

 

四年前に買った、CTですが、更に進んだ多段層パノラマレントゲンが、市場に登場し、販売されました。導入を検討しています。

 

全ては、精度の向上、診断力の向上が、目的です。
その後、情報発信。歯科用CAD/CAMインフルエンサーになれるように対外活動もやっていきます。

 


全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

 

下田孝義

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY