理事長のブログ

2019.09.08更新

三鷹の夏は、8月末の阿波踊り
9月の1週目の三鷹 八幡宮神社の夏祭りを過ぎる頃、終わりを告げます。

 

19090801

 

そういえば、朝晩は、涼しくなり、エアコンをつけないで過ごせるようになってきました。

 

19090802

 


ハートフル歯科は、旭町町会
小児歯科院と矯正院は、中央通り商店街に所属しています。

 

土曜日は、診療があり お手伝いも出来ず、申し訳ないのですが、提灯と奉納だけは、協力させてもらっています。

 

三鷹の街 で、育ち
三鷹の街 を、愛して
三鷹の街 で、開業しました。

 

これからも地域の方々と、コミニケーションを取りながら、真摯な姿勢で、治療に励んでいきたいと思います。

 

子供達の笑顔と笑い声が、三鷹の街をこだましています。昔を思い出して、僕も少し口角が上がってしまいました。

 

「笑う門には福来たる」
お祭りには、笑顔が溢れています。

 

皆さんの所にも福がやってきますように。
全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

 

下田孝義

2019.09.06更新

気づいたら、9/6でした。
夏休みの最終週は、子供達の宿題に追われてしまいます。と言っても、長男も中学生になったので、問題集とかに宿題も変わりました。

 

「いのちのたべかた」という本が夏休みの課題で、読書感想文だったのですが、やらずに放ったらかしになっていたので一緒に読むことにしました。

 

19090601

 


最近の子供達は、魚が切り身で泳いでいるとか思っている子もいるそうです。(もちろん小学校の低学年です。)

 

牛、豚、ニワトリは、動いている様子、実物は、知っています。しかし、スーパーには、お肉としてしか売られていません。
どうやって、牛が牛肉になるのでしょうか?
そこは、教えてもらえません。

 

そんな所から話が始まっています。
「生きる為の営み」として、必要なことなんです。
野菜しか食べなくても野菜の命を食べていると言えるのではないでしょうか?

 

「命を食べる」ことは、生きる営みとして、決して、悪い事ではない。汚い事でもない。必要な事なんです。と、書かれていきます。そして、漁師さんや畜産業、食肉場で働く人がいるから美味しく食事ができる事が出来るんだと。

 

失われる命、そこに携わる人
多くの事に感謝しながら食事をしていきたいと思いました。

 

本の中に、食肉に関する情報発信しているコーナーがあると、紹介されていました。芝浦にある「お肉の情報館」です。

行くことにしました。

 

 

19090602

 

 

食肉市場の中になり、牛や豚が、お肉になっていくプロセスについて紹介するビデオが公開されていました。血なまぐさいシーンも隠さずにしっかりと子供向けですがしっかり表現されていました。
本では、活字や、イラストでしたが、ビデオでは、そのものズバリですから。
ショッキングな映像だったことでしょう。

 

19090603

 


親子で一緒に「命の大切さ」を学ぶ良い体験となりました。

 

19090604

 


帰りには、3人で焼肉屋さんで、ランチ
「感謝して、いただきます。」
心のこもった言魂 を使い、食べました。
「いのちのたべかた」という本を通じて、子供達と夏休みの思い出が、出来ました。良かったです。
長男も「感想文も書けるよ!」とニコニコでした。

 

帰宅後のオチ

 

「おとうさーん。間違えたぁ。」
「感想文じゃなくて、重要なところを書き写すだけで良かった。」
「なーんだよ。」でも、楽しく過ごせたから良かったね。^_^ 

 

家族で行った「お肉の情報館」
お肉のでき方だけでなく、実は、同和問題なども語られています。
中学生になった、長男には、歴史教育、社会問題を親子で話題にすら良い機会になりました。
「自由・平等・平和な社会。」
子供達のためにも守っていきたいと思います。

 

 

休みは、家族と一緒に・・・

 

 

下田孝義

2019.09.04更新

昨年夏より本格的に書き始めた「歯育て本」の完成は、まもなくです。

 

190904 

 

別刷りの印刷部数を検討し始めました。
その資料として、8月の年齢別の受診者数を計算することにしました。


0〜1才
1〜3才
3〜6才
6〜12才
12〜18才

 

年齢別のデータ確認の上、別刷りの印刷をかけます。歯育て本は、もう最終段階に入っています。

 

本は、難しいですね。
後世に残ります。
何度も読み返しています。
でも、微妙に違うかなぁとか。そんな訂正を繰り返しています。
最終校になるように、必死にやっています。

 


全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.09.03更新

令和になり、人生ゲームも変わってきた。
「目指せ!億万長者!!」

 

これは、皆さんお馴染みのゲームですよね。
子供が生まれて、家族を作って、四つのエリアは、スタートダッシュ、ドリームトレジャー、キャリアアップ、ギャンブルに分かれています。
見るとそうそう、従来の人生観に当てはまるゲーム性。チャレンジする、地道にコツコツと努力さる。
結婚して、子供を産み。家を買う。不動産や株でチャレンジみたいな。

 

190903001

 


令和になり、お金の概念がなくなってきた。
お金に興味が減ってきたのか?

 

190903002

 

 

目指せ!TOP of インフルエンサー
と書いてあった。

 

感染させる力のある人
流行りを作り出す人
社会に影響力のある人 ということらしい?

 

今、小学生に人気の職業もユーチューバーがはいっている。好きなゲームして、お金をもらえるという意味もあるのだろう。

 

令和版では、
「人生の価値」は、「影響力」なんだなぁ。

 

情報発信力が求められている。
発信する情報を持つ人が、キーワードですね!
これからも、ブログやFB、講演会を通じて情報発信していきます。
50代の目標は、歯科に置いて、CAD/CAMインフルエンサーになることにしたいと思いました。

 

190903003

 


来週は、「ユニット一台開業塾」というセミナーが開催されます。
35才くらいの 若手の育成 を目指して、僕の卒業してからの歩みを振り返りながら、社会貢献のできる開業セミナーを開催します。

 

歯科医師は、生涯学習であること。
「知識、技術、情熱」がなければ、開業しても思ったような医療は、出来ないと講演する予定です。
また、僕の卒業した20年前と比較して、歯科医療器具が進化したので、

「医療レベルは、設備が決める。」時代がやってきています。お金儲けの為の仕事という意味でなく。

 

設備投資をやり続ける為=診断力を保ち続ける為 =治療のレベルの向上の為 に、お金の動きを理解する必要があるという事を話します。

 

日本では、お金のことを話すことは、汚い事だと教育を受けてきました。しかし、現代の歯科医療において、設備投資は必須となってきました。
マイクロスコープを保険内の根管治療で使うことは、必要な医療レベルだと僕の価値観では、思っています。あくまで僕の価値観です。
しかし、現実はどうでしょうか。

お金がないから、設備投資できないと思われているのではないでしょうか。

 

お金儲けでは、なく。
お金を回す。
より多くの設備投資をすることで、より良い医療が可能となっていくと考えています。
お金が回らない=お金を止める=教育する余裕がなくなる→設備投資が出来ない=医療の質の低下

この負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

190903004

 


実際は、こんな感じでみんなでワイワイゲームやったただけなんですけど。^_^

 

お金が人生の価値 ではなくなりつつあり、社会に影響力のある人が、価値があると言われるようになったという事でしょう。

 

今後は、若手歯科医師の教育にも力を入れていきます。知識、技術 だけでなく。
仕事への情熱、お金の事もしっかり話していきたいと思います。
情熱がなくなると、生涯学習が途切れてしまいます。お金がないと、設備が陳腐化します。

設備の整わない診療所で、医療の質は担保されるのか?

 

 

美味しい食事は、食事の質だけでなく、インテリア、接客、景観など色々要素で決まります。

 

医療の質も同様ではないでしょうか。

 

ハートフル歯科に、最新のCAD/CAM一式が、9/23 納品されます。
設備投資をする事で、さらに一段階、高みを目指します。

 

四年前に買った、CTですが、更に進んだ多段層パノラマレントゲンが、市場に登場し、販売されました。導入を検討しています。

 

全ては、精度の向上、診断力の向上が、目的です。
その後、情報発信。歯科用CAD/CAMインフルエンサーになれるように対外活動もやっていきます。

 


全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

 

下田孝義

2019.09.03更新

オリンピックが話題になっているが、ラグビーワールドカップもある。
正直ルールも定かでないが、開会式に参加して、お祭り騒ぎをしてこようと思う。

 

19090301

 

上記を読む限り、予選突破が鍵のようだ。せっかくなので、日本戦が見たい。
東京で行われる日本戦は、国立競技場工事のために、調布にある味の素スタジアムだけになったそうだ。
ご縁を感じる。
幼少の頃住んでいた、三鷹市大沢、結婚前に住んでいた府中市紅葉が丘共に、味の素スタジアムが見える場所だった。

 

19090302

 


昨日、チケットが到着した!
妻と娘は、苦痛ではないだろうか。(不安)もちろん、ルールは知らない。見たこともないはず。
ぼくも息子は、ミーハーなので
否が応でも盛り上がる。
早く行って、桜のジャージを買わないといけない。
これは、もはや義務だ。

 

開会式では、平原綾香の国家斉唱、ブルーインパルスの航空ショーなどあるそうです。
知らなかった。へぇ〜。

 

-オリンピックの話に移る-
どうやったら買えるの?
・・・・
一次募集終わりましたよ。
えっ。
二次募集は、一次に応募していないとエントリーも出来ないらしい。

終わった。え〜〜〜。絶叫する。

 

そして、うなだれている。
僕は、インドアスポーツ、バスケ、水泳あたりが見たいのだが、そんな勝手な事を言っても意味がない。

 

残念だが、オリンピックは、今のところ行く予定はない。生で見たい。人生日本での、最後のオリンピックだろう。
長野オリンピックは、新卒の頃で休んでまで行けないとか、交通費とか障害になり行けなかった。後悔していた。だから、なんとか参加したい。
最後は、マラソンかな。近くを走るだろう。^_^

 

ここからが、本題。
オリンピック公募の情報も僕の耳には、入っていなかった。情弱とは、僕の事。

 

テレビを見ていないからか。
新聞も一面の太字しか見ない。
ニュースは、ぼくの興味のある情報を携帯上に反映

Aiで選択されているからなぁ。

 

ネットでの情報収集って、偏りがちだという事を身を以て感じました。

 

米中問題、日韓問題は、気にしているので、Aiで選択、切り取られ強制的に目に入ります。

 

うぁ〜。
ネットの世界に、振り回されている。
ぐるぐる ぐるぐる

 


強制的に選択された情報源って、コンプライアンスは、ないよねぇ。新聞やテレビってフィルター(ある種)がかからない公平性があるのでオリンピック公募を見落とすことはない。

 

広告主を気にしないで自由な発言が出来るネット動画、視聴者の思考から逆読みするAi技術。ネットでなにかを調べたら、リサーチされ追尾、すぐにFBの広告内容は変わる。自分好みに掲載され、偏っていく。
ネット社会に、毒されていく。

 

俯瞰した情報収集の方法について、見直す良い機会となった。

 


時間を無駄にしないように、新聞の見出しには、、目を通すことにします。

 


全ては、自分のバランスを取るために・・・

 

下田孝義

2019.08.31更新

8/29、東京新聞の記事にこんな図が出ていた。
少子高齢化→国内消費縮小→売上減少→研修費・教育費削減→生産性低下→賃金低下

 

そうかぁ。すごく分かりやすかった。

 

20190831

 

この賃金低下は、経営者にも当てはまり、倒産という事を意識した。寒くなった。

 

次の10年を占っているようだった。

 

僕は、この表を見て ひとつだけヒントを得た!

 

「研修・教育を注力する!」

 

ここだけは、僕の裁量で増やすことが出来る。
少子高齢化、人口減少は、歯止めが効かない。僕の家族が増えることも年齢を考えると難しい。
今年は、研修、教育に力を入れていこう。

 

それが、「ハートフルの生きる道」
自分の知ってることは、みんなに話そう。
外で学んだことも、みんなに開示しよう。

 

売上減少、賃金低下、モチベーション下がり
結果、医療サービスの低下

 

ジリ貧のサイクルとなる。

 

ここから数年で、一気に 消費の冷え込みが予想される。米中問題、日韓関係、10%消費税増税。
=景気の冷え込み。

 

こんな時こそ、教育に力を注ぎ。
医療サービスの向上を目指すしかない。

 

夏が終わり、冬が来る。
8/31 夏の終わりに、春の訪れがあるように、教育をテーマに社員教育に力を入れていこう。

 

夏が終わり
冬が続かないように。
院内に目を向けていきたい。

 

全ては、患者さんとメンバーの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.08.24更新

9/23 セレックACプライムスキャンが納品されることとなった。
プライムスキャンは、従来の機械よりも圧倒的に早く撮影が済むようになる。口を開けている時間が減るので快適になる。また、撮影精度も上がっているらしい。どの程度なのかは、使ってみてから考えてみることにしたい。

 

190824

 

 

また、同時に新型削り出し機も納品される。
今後は、割れない白い歯(ジルコニア)が、当日セットが可能になる。
シロナ社は、One Visits Treatment という名前で呼んでいる。ハートフルでは、ワンデーと呼んでいる。1日で硬くて白い歯が、出来るようになる。

 

9時半に来院、10時に削り終わり、カメラ撮影まで終わる。その後、削り出し、焼成する。13時半から装着作業すれば、14時には、終わる。
今までのセラミックよりも、焼成工程が増えるので多少時間がかかる。
しかし、従来のセラミックよりも、高強度になり破折のリスクは、少なくなる。

 

従来のセラミックは、破折強度160mpa
硬いセラミックは、最大破折強度1200mpa となった。

 

今まで、割れて割れて困るといった方には、朗報となるだろう。歯ぎしり持ち、食いしばり持ち、スポーツ選手などには、硬い白い歯が当日入ることは喜ばしい。今までは、当日セットが出来ませんでした。
新型削り出し機は、乾燥した状態で、削ることが出来る。そこで、削ったらすぐに焼成可能です。
今までは、水をかけながら削っていたので乾燥するまで焼成出来なかった。その分時間が短縮された。

 

焼成前に強制的に乾燥すると、割れてしまう。

 

乾燥削り出しの工程可能になることで、治療の流れが変わる。2回来院ルールがなくなるのだ。

 

硬い白い歯もワンデーになるのだ!

 

ハートフルの進化は、止まらない。
10月に入る頃には、患者さんにもご紹介可能となります。

 

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

下田孝義

2019.08.23更新

昨夜、ヨシダ社上野本社ビルにおいて、G-plusという年間セミナー企画の中の一環である、「ものつくり補助金」セミナーの講師に呼んでいただき、講演をしてまいりました。

 

働き方改革が、叫ばれる中。
歯科でどのように取り組んでいけば良いのか、ハートフル歯科のデジタル化を含めて参考になればと、1時間の講演をしてまいりました。

 

設備投資過大産業となった、歯科界において
行政の行う「ものつくり補助金」は、最新設備を備える為にあればあるに越したことのない資金だと言えます。

 

毎年全国1万社に、補助金は配布されます。他業種に目を移すと、「補助金」を利用して新事業を行うことは、常識の範囲内だとお聞きしました。私たちも出来ることなら、「補助金」を利用して、競争の厳しい業界において生き残っていきたいと考えています。

 

ヨシダ社のご好意で全国にリアルタイム配信されました。

時代は、変わり。講演にわざわざ行かなくても、良く。
全国で同時に同じ講演が聴けるような、インフラ整備が進んでいます。
デジタル化は、進んでいますね!
過去においては、数時間の移動を行い。全国あちこちで同じ講演内容をしなければなりませんでした。
極端な話、1時間の講演で往復8時間とかあったんです。大変でした。

しかし、今は、上野に出向き。1時間講演をしたらよく、全国同時に映像が届けられるようになりました。

やがて、リアルタイムで質問がネット上に投稿されてそれをその場で解答する双方向のライブ配信まで可能になるでしょう。
(実際見たことあります。)

 

時差のない日本での講演形態としては、とても優れていると感じました。
サテライトでは、講演をモニターで見なければならずライブ感は減りますが、講師の時間的な拘束、移動ストレスを考えると本業に影響の出ないように配信という形態は、とても良いと思います。
また、いくら頑張っても48都道府県を回り講演をする事は不可能です。初めから、ライブ放送で良いのではないでしょうか?

 

2019082301


1枚目の写真は、人の頭越しに、映像上の頭が写っています。サテライト会場から、撮影して友人が送付してくれました。北海道でもしっかり写っていました。

 

2019082302

 

上野本社ビル会場にも、告知1か月以内の開催だったにもかかわらず、30名を越える方の参加を頂けました。カメラの向こう側で聴いてくださった方にも、ありがとうございます。
初めての全国配信ということで、感動しております。^_^
今後は、更にこなれてくる事でしょう。

 

補助金、助成金を通じて、働き方改革が、進み
労働生産性が向上し、労使共に「幸せ」になる事を願いながら講演を終えました。

 

 

聞かれた方には、初タイトルの講演でしたので、準備不足もあったと思いますが、どうか お許しください。

 

全ては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

 

下田孝義

2019.08.22更新

三鷹の夏は、阿波踊りで締めくくられます。
8/17.18 徳島の阿波踊りは、台風のようでしたが、三鷹の阿波踊りは、天候にも恵まれ熱い熱い
「踊るアホウに、見るアホウ」
という掛け声に、多くの人が、参加して行われました。

 

20190822

 


ハートフル歯科では、毎年 うちわに広告を載せる事で参加させてもらっています。
三鷹の商工会議所の協力の下、大手企業よりは地元に密着している企業に広告を掲載して欲しいというような事をお聞きしたことを契機に、毎年恒例でうちわを作ってもらっています。
もう5年くらいになりますかね?

 

地域密着の姿勢は、開業時から徹底してきたつもりです。
これからも三鷹の街の発展になるべく協力して行きたいと思います。

 

全ては、三鷹の街の方と共に・・・

 


下田孝義

2019.08.21更新

2019年IDS(ドイツで行われた国際デンタルショー)で、シロナ社から、新型口腔内カメラが発売されました。日本にいつ来るのかと心待ちにしていましたが、遂に 薬事を通過して販売となりました。
そのセレック・プライムスキャンを国内歯科総合商社のモリタ社から購入することになりました。
今回そのご縁で大阪から田中さんが挨拶に来てくださいました。
モリタ→KOデンタル→ハートフル
新しいお付き合いの始まりです。
国内大手CAD/CAM販売メーカーに色々と指導頂き、デジタル化の道を開いて行きたいと思います。

 

20190821

 

新型カメラと新しいミリングの導入を決め新時代に入っていけそうです。歯科のデジタル化の波に飲まれないように乗っていきたいです。

 

納品は、消費税増税前にお願い!(^人^)

 

そう、ハートフル歯科で治療を受ける際には、契約時(9月末まで)に支払いをする場合は、8%の消費税となります。それ以降に支払いをした方には、10%の消費税が適応されます。
治療完了時にお支払いを考えている方には、入金時の消費税率が、適応になる事をご理解ください。

 

消費税の引き上げは、致し方ない。
少しでも節税するために、ハートフル歯科でも入金時のタイミングや、支払いのタイミングなど考慮し始めました。皆さんも、色々な物の購入に関してご検討ください。

 

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

下田孝義

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY