インプラントのメーカー

メーカーごとの特色、それぞれの長所。

当院では、ドイツ製カムログ社とアメリカ製のノーベルバイオケア社と日本製のケンテック社、3種類のメーカーのインプラントを使用しています。
それぞれ特徴がありますので、患者さんの状態や希望に合わせて選びます。
ここでは、代表的な特徴をわかりやすく比較してみました。

海外製インプラント (手術費:300,000円(税抜)~)

  • 世界最先端のコンピューターシミュレーションを利用した、超精密手術が可能になりました。
  • 世界中で最も多く使用されているメーカーのため、 術後海外での継続治療にも対応できます。
  • 数多くの種類や形状を持ち、すべての症例に対応できます。
  • 多くの論文に支えられ、長期の予後が証明されています。
  • 前歯などで特に優れた審美性。
  • 10年の保証も充実した、欧米で一番有名なインプラントシステムです。

(注)年3 回のメンテナンスが必須です。

日本製インプラント (手術費:200,000円(税込)~)

  • 後発メーカーなため、良くできております。
    しかし、長期予後など研究データがありません。
  • 厳格な品質管理と信頼性が高いことで定評の国内メーカーで、コストパフォーマンスに優れている。

(注)年3回のメンテナンスが必須です。