100の疑問第1章

Q

1. インプラントは何ですか?

A

インプラントは、生体親和性の高い金属チタンでできたネジです。

Q

2. インプラント治療の成功率は?

A

インプラントが、骨と結合する率は、約98%です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低いことや、骨粗鬆症、糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙などが考えられます。
もし、結合しなかった場合は、インプラントのサイズを変えるなどして再手術を行います。
再手術を行って結合しなかったことは一度もありません。

Q

3. 歯は、抜けるのですがインプラントは、抜けないのですか?

A

インプラントはあくまでも人工物ですので、メンテナンスをしていないと、インプラント周囲炎という歯周病になり、抜けることがあります。

Q

4. インプラントって取り外せるのですか?

A

まず、インプラントは骨に植えるインプラント体と上部構造からなります。
それを踏まえたうえでインプラント体は骨の中に植わり骨結合しているため、基本的にははずせません。
上部構造はセメントでの仮つけ状態なのではずせます。

Q

5. 歯磨きは、めんどくさいのですがインプラントは、やってみたいのですが?

A

結論から言いますと、はみがきしない方には、インプラントを打つことができません。
といいますのは、インプラントが抜ける原因は、インプラントの周りの歯ぐきが炎症を起こし、歯周病になってしまう時です。
歯周病にならないためには、絶対にはみがきが必要です。

Q

6. 2ヶ月でインプラント治療は、可能ですか?

A

現在、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する即時埋入や、すぐに仮り歯を入れる即時加重インプラントという 新しいインプラントが出来ています。
患者様によっては可能です。ご相談ください。

Q

7. インプラントが駄目になった後もインプラントは、可能ですか?

A

骨と歯肉の状態により可能です。

Q

8. 抜歯して1年以上たってもインプラントは、可能ですか?

A

骨と歯肉の状態により可能です。

Q

9. 抜歯後、25年間放置してしまいました。隣の歯が寄ってきましたが、はたしてインプラントは可能なのでしょうか?

A

隣の歯が寄ってきていると、インプラントを打つスペースがないかもしれません。
まずは、かたどりをして、模型上で、インプラントが打てるかを診断した上で、必要であれば、簡単な矯正治療をする場合があります。

Q

10. 医師であれば誰でもインプラント手術は、できるのでしょうか?

A

はい。法律的には、歯科医師であれば問題がありません。
しかし、技術的に簡単なものではありませんので、よく研修会などで勉強し、経験の多い歯科医師がインプラントをされている歯科医院で治療されるほうがよいと思います。

Q

11. 友人がインプラント手術を受けて、しびれてしまいしました。よくあることなのでしょうか?

A

下のあごにインプラントを入れる際に、下歯槽神経という神経が近くにあるため、損傷した際にまれに起こることがあります。

Q

12. インプラントは、アメリカが進んでいると言われています。日本とアメリカとどちらで手術するのが良いのでしょうか?

A

アメリカでの技術レベルと日本の技術レベルはそこまで大差はありません。
メンテナンスの面、急な問題があった場合を考えると日本の歯科医院で埋入されるほうが良いと思います。

Q

13. インプラントには、種類があるのでしょうか。

A

インプラント自体は骨に植えるもので、種類はメーカーによって多少変わります。
また、上部構造はクラウン、ブリッジ、入れ歯に対応できます。

Q

14. 歯科医院によってインプラントの種類が違うようですが、ハートフル歯科では、どのようなインプラントを使用してるのでしょうか?

A

ハートフル歯科にて使用しているインプラントは世界トップシェアを誇るブローネマルクシステム、および日本製のマイティスシステムです。
どちらもチタンを主とした材質から出来ているインプラント体を使用しております。

Q

15. インプラントの材料は、何ですか?

A

生体親和性の高いチタンを使用します。

Q

16. インプラントするとどんなメリットがありますか?

A

硬いものでもよく噛める。
入れ歯のような不快感がなく、快適である
インプラントによって、他の天然歯を守る。
食事が楽しみになる。
噛めることで生活が楽しくなる。元気になる。

Q

17. インプラントの欠点は、なんですか?

A

手術が必要・・・ただしほとんど痛みはありません。
費用がかかる・・・保険に比べ比較的費用がかかります。しかし、身体に対するインプラントの有用性を考えると、高い費用とは言えません。
期間がかかる・・・通常、下顎で3から3.5ヶ月、上顎で3.5から4ヶ月かかります。その他、骨増大法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げる手術をした場合は、さらに1~3ヶ月かかる場合もあります。

Q

18. 即日インプラント(当日、入るインプラント)は、できますか?

A

患者様の状態によっては可能です。
ただし、色々な制限がありますので、しっかり検査して決めてもらって下さい。

Q

19. インプラントを長持ちさせるためには、どうすれば良いのですか?

A

まず、インプラントとそれに装着した人工歯、その支持骨、さらに周囲歯肉に感染炎症を引き起こさないように、毎日の適切なプラークコントロールを行うことが必要です。
そして、定期的なチェックにより、問題を早期に発見したり、普段磨けない隠れた部分のクリーニングが必要とされます。
あなたの意思によって長くもたせることができます。

Q

20. インプラント手術は、成功しますか?

A

インプラントが骨と結合する確率は、ハートフル歯科では、95%以上です。
骨と結合しない原因は、骨密度が低かったり、重度の糖尿病、歯周病菌による感染、喫煙習慣などが考えられます。

もし、結合しなかった場合は、インプラントのサイズを変えるなどして再手術を行います。
再手術の成功率は非常に高いです。
最終的には、すべての患者さまに満足していただいております。