100の疑問第2章

Q

21. 骨量が少なくてもインプラントは、できますか?

A

骨量の少ない方には、骨を増やす方法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げたり(サイナスリフト、ソケットリフト)、骨の幅が少ない方には、スプリットクレスト法など、様々な方法を使っております。
手術ができない可能性は非常に低いです。
それも、CT撮影により3次元画像を見ながら、手術術式など事前に十分な説明が可能になります。

Q

22. インプラントの代わりになる治療は、ありますか?

A

歯そのものを再生する治療法も現在研究されています。
しかし、実用化のメドは立っておりません。早く、開発されることを望んでいます。

Q

23. 上下総入れ歯です。インプラントするのは、何本必要ですか?

A

上下で8から12本のインプラントを埋入します。
その上に、固定式の歯を入れることで何でも噛むことが可能です。
費用は、かかりますが手術当日に仮歯までいく方法もあります。

Q

24. 上下総入れ歯をインプラントにかえる場合、期間はどの位かかりますか?

A

骨の幅や高さ、密度など条件さえよければ、当日仮歯が入ります。
最終的なものは、上顎なら6か月、下顎なら3ヶ月程度かかります。

Q

25. 1回法と2回法って何ですか?

A

手術の方法の違いです。1回法は、インプラント本体の頭の部分を、歯ぐきの上に出した状態で手術を終えます。
骨の量とか、質が良い場合は適応になります。最近は、こちらの方法を取ることが多いです。

2回法は、インプラント本体を、完全に歯ぐきの中に埋め込んでしまいます。
骨を増やす処置(GBR法)や、骨が柔らかい方などに適用します。
また、2回法の場合はインプラント本体の頭の部分を歯ぐきの上に露出させるために、2回、手術が必要になります。

Q

26. インプラントは、何でも噛めますか?

A

インプラントの咬合力は天然歯に匹敵します。
慣れるまでに、多少時間がかかることもありますが、おおむね何でも噛めます。食感も天然歯とかわりません。

Q

27. 自分の歯と同じように噛めますか?

A

インプラントは第二の永久歯とも言われてます。
取り外しの入れ歯と違い、違和感もなく、ご自分の歯と同じように噛めます。まさに、もう一度歯が生えてくる感覚です。

Q

28. インプラント治療をしたら、生活に変化が生まれますか?

A

インプラント治療は、ご自身の歯が再生するようなものであり、よく噛めるようになります。
よく噛めると今まで食べられなかった硬いもの、大きいものを噛めるようになります。
食事がよく食べられるようになると、食事中の会話が弾み、楽しくなってきます。
よく言われていますが、噛むことにより、脳細胞を刺激、活性化し、脳の老化も防げます。
インプラント治療をした後、元気になった患者様や明るくなった患者様はたくさんいます。

Q

29. インプラントは、どの位もちますか?

A

世界平均のインプラントの10年後生存率は、約96%です。
また、インプラントがだめになる最大の理由は、かみ合わせです。
歯周病でかみ合わせのバランスが崩れた時に一緒に状態が悪くなります。
インプラントは絶対虫歯になりません(当たり前ですが)が、歯周病にはなります。
そうならない為にも、定期健診は重要です。

Q

30. 一度入れたインプラントが駄目になったら、もう一度インプラントができますか。

A

症例によっては可能です。
ただし、そのまま、1サイズ大きなインプラントを埋入するケースと、骨を増やす処置をしたり、期間をおいてから、再度インプラントを埋入するケースがあります。

Q

31. 骨に悪い影響は、出ませんか?

A

問題は、ありません。
直径4mm程度、長さ約10mmの小さな穴をあける程度ですので、通常問題ありません。
ただしもともと骨に疾患がある場合などは別です。その場合事前に問題がないかを確認します。

Q

32. かみ合わせは、大丈夫ですか?

A

ハートフル歯科では、インプラントを埋入する前に適切な治療計画を立て、
かみ合わせ認定医がしっかりとかみ合わせも考えますので、心配ありません。

Q

33. 将来、体に悪影響は、ありませんか?

A

インプラント体の材料であるチタンは生体親和性に優れているため、身体に悪影響はありません。

Q

34. インプラントは、一生入れたままでも良いのですか?

A

もちろんいいですよ。
大事なことは、インプラントを一生使って頂くために、毎日の清掃と、定期的なメンテナンスです。

Q

35. インプラントが歯周病になったら、どうしますか?

A

歯ブラシやメンテナンスを怠っていると、インプラントの周囲のはぐきが歯周病になります。
その場合、歯周病を治せば、大丈夫な場合と、インプラントをはずさないといけない場合があります。
除去した場合は、1サイズ大きなインプラントを入れなおすか、骨を増やす骨誘導する材料を入れて期間をおいてから、再度インプラントを埋入します。

Q

36. インプラント治療後に他の歯が悪くなったら、治療しなおさなければならないのですか?

A

インプラント以外の歯が悪くなっても、インプラントの埋入した部位の歯ぐきが健康であれば、インプラント自体はそのまま使用できます。

Q

37. 治療費はどれくらいかかりますか?

A

手術代+インプラント土台+中間体+セラミックのかぶせ物+滅菌管理費で1本41万円+消費税です。

Q

38. インプラントがうまくいかなかった場合、返金はありますか?

A

もちろん、保障があります。
万が一、結合しなかった場合は、再手術を行うか、材料費を除き返金いたします。

Q

39. インプラントの費用を分割できますか?

A

総額の半分と残りをさらに半分に分割することも可能です。

Q

40. インプラントの費用はローンを組めますか?

A

現在、ジャックスでのデンタルローンと契約しております。ご紹介いたします。
また、クレジットカードを使用していただけます。(VISA、MASTER)
クレジットのカードローンに関しては、御自身でローンを契約して頂だきたいと思います。