100の疑問第3章

Q

41. クレジットカードは使用できますか?

A

使用できます。VISAとMASTERが使用できます。

Q

42. 医療費控除は受けられますか?

A

受けることができます。

Q

43. 平均的なインプラント治療の価格を教えて下さい。

A

平均的には、30万円~45万円です。
ハートフルでは、手術代+インプラント土台+中間体+セラミックのかぶせ物+滅菌管理費で1本41万円+消費税です。

Q

44. もしインプラントが成功しなかったらどうなるの?

A

もしインプラントが成功しなかった場合は、3~4ヶ月後にわかります。
その場合は、大きさや長さを変えて再手術させていただきます。

Q

45. 治療期間はどのくらいかかりますか?

A

顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月くらいです。ただし、上顎洞を持ち上げたり、特殊な手術をした場合は、プラス1~4ヶ月くらいかかることもあります。
その期間は、治療は必要ではなく、ただインプラントが骨と結合するのを待つだけです。
ですから、基本的に通院は必要ありません。(平行して、他の虫歯治療や歯周病治療をすすめることをお勧めします。)

Q

46. 手術後、歯が入るまでの間は、歯が抜けたままなのですか?

A

骨質にもよりますが、手術当日もしくは、1週間以内に仮歯を入れることができます。
ただ、咬合力が強くかかるため、何でも噛んで良いわけではないことを十分ご理解願っております。
インプラントが、骨と結合するのを妨げる怖れがある場合には、仮歯は入れません。

Q

47. 通院回数はどの位ですか?

A

1回法の場合は、「初診相談・術前検査(模型検査、CT検査)・インプラント診断・インプラント手術・消毒・抜糸・型とり・(試適)・上部構造装着」の計約8回です。
ただし、消毒、抜糸は、時間がかからない為、ご予約なしで治療しております。
また、必要に応じて来院いただくこともあります。
2回法の場合は、2次手術のため、2回~3回増えてしまいます。

Q

48. 手術後、どれくらいの頻度で通わないといけませんか?

A

手術の次の日。仮歯セット・1週間後の抜糸。
その後は、傷の治りを待ってから(3から6ヶ月後)型とりをします。

Q

49. 保証はありますか?

A

定期検診を条件に、5年間の保証期間を設けております。インプラントがだめになる理由のほとんどが歯周病と咬合力です。
歯周病になってしまってからでは、どうしようもありません。
ご自身の歯を守る意味でも、定期健診にはお越し頂けるようお願いしております。

Q

50. 保険はききますか?

A

保険診療は、できません。今後も健康保険適用になる予定は、ありません。

Q

51. 人工の歯(上部構造)が壊れることはありますか?

A

金属以外の上部構造では壊れる可能性は低いですがあります。
セラミック系統の上部構造は確率で言うと。3%くらいは、欠けたり、割れたりします。
ハートフル歯科では、上部構造の破損に関しては5年間の保証期間を設けております。
5年以内に上部構造が破損した場合は無償で再治療しております。

Q

52. インプラント治療後は定期健診が必要だと聞きましたが、費用はいくら位ですか?

A

保険で行うか、保険外診療として行うかで費用は変わります。
保険の場合、1回に約3,000円(3割負担)です。
保険外診療で行う場合は、PMTC代7,000円(税抜)です。
4か月に1回以上の定期健診に来ていただくことをお勧めしています。

Q

53. インプラントの相談をしたい時に、必要な費用はいくらかかりますか?

A

基本的な保険の初診にかかる費用です。
レントゲン写真、口腔内写真などをして、約3,000円くらいです。
ただし、インプラントを埋入するとなると、3次元のレントゲンのCTを撮影する必要がありますので、その場合、CT撮影費、診断料で30,000円(税抜)が必要になります。

Q

54. 年齢制限はありますか?

A

ハートフル歯科では、16歳未満の患者さんには行いません。
しかし、最高齢88歳の方にもインプラント手術をしたこともあります。
年齢に上限は、ありません。

Q

55. インプラントを受ける際に男女の差はありますか?

A

女性の場合、骨粗鬆症などの関係から、若干の差がある場合があります。

Q

56. 喫煙していますが、インプラントはできますか?

A

基本的にはできます。
ただし、傷の治りの時間がかかったり、骨の再生の際に、喫煙されているほうが成功率が下がる場合がございます。

Q

57. 歯が1本もない場合でも、可能ですか?

A

可能です。失った歯の本数は関係ありません。
歯が1本も残ってない患者さんには、上顎、下顎に4~6本のインプラントを埋入して、人工の歯を取り付けます。もちろん、固定式の歯になります。

Q

58. 交通事故で歯をなくした場合でもできますか?

A

できます。歯周病等で歯を失った場合と違い、骨がたくさん残っている可能性も高く、インプラントが最良の治療法となります。
骨を失っている場合は、困難な可能性もあるのでまずは、ご相談ください。

Q

59. インプラント治療が適しているのはどんな人ですか?

A

ご自身の健康に気を使っておられる患者様
歯を削りたくない患者様
ブリッジや、入れ歯の欠点を知っておられる患者様
入れ歯が合わない患者様
硬いものを食べたい患者様
胃腸の弱い患者様

Q

60. インプラント治療が受けられない人は、どんな人ですか?

A

心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗鬆症、顎の骨が極めて少ない方などです。
条件しだいでは、可能なこともあります。
主治医の先生と相談の上で行なっております。
また、歯ブラシがきらいな方、ヘビースモーカー、検診にお越し頂けない方などです。