MTAについて(歯の神経の保存治療)

MTAについて

ハートフル歯科では、「痛くない、抜かない、削らない」を医院理念に掲げています。

根管治療は、100%の治癒が難しい治療です。だから、再発が多い疾患です。
それらを解決するために、精密な診断、治療が必要になります。
ハートフル歯科では、ラバーダムによる唾液の侵入の防止、CTによる正確な診断、マイクロスコープでの精密な治療を心がけています。
これらは、保険外診療ではなくすべて保険内診療で行っております。

それは、根の病気でお悩みの方のお気持ちに少しでも応えるためです。
「すべては、患者様のために」

MTAセメントとは、1993年に米国で開発された歯科用のセメントで、1998年以降、諸外国では虫歯や歯科治療によって根の歯質に穴があいた場合や歯にひび〈クラック〉が入った時などに用いて実績を挙げています。
ただの虫歯の穴ではなく、歯にあいた穴を埋めるのに使うことが可能なセメントなのです。
このように海外では、様々な臨床応用が認められていますが、日本では2007年
に覆髄材としてのみ、薬事認可されました。そのため、根管治療に用いるのは保険適応外となります。

どんな治療に使われるの?

MTAは、強アルカリ(ph12)です。            

ほとんどの細菌はph9.5で破壊されると言われています。
殺滅作用が強く、組織を刺激することにより硬組織を形成する作用があるため、直接覆髄法(歯の神経が露出した時(露髄)に使う事で神経を保存する方法)や間接覆髄法(露髄はしていないが歯の神経(歯髄)までかなり近い場合に、歯髄の保護や鎮静を目的として行われる方法)に用いたり、パーフォレーション(歯に穴が空く)の修復等にも使用されています。
ハートフル歯科では、主に根管治療においてパーフォレーションなどのリペアに使用しています。
今までは、このパーフォレーションのリペアに適した材料はありませんでした。
理由は、骨に抜けてしまっている部分は出血や組織液などで濡れており、通常のセメントではなかなか接着しなかったからです。このMTAセメントは、そのような場所でも簡単に使う事ができ、しっかり接着してくれるため予後が良いことが証明されています。
また、推奨される理由として、従来の根管充填材(ガッタパーチャ)による根管充填に比べ、その硬化膨張により封鎖性が高く、漏洩による炎症を引き起こすことなく外来刺激を遮断し、また硬組織誘導能を示し、生体親和性に優れる事も挙げられます。

現在、MTAは、根っこの修理に使用することを厚生労働省は、認めておりません。しかし、アメリカをはじめ海外では、それしかないといわるほど一般的な治療法です。
しかし、厚労省の認可のない治療法になるために自費治療扱いにあります。ご了承ください。

どんな治療に使われるの?

  • MTAは乾燥すると中性となり為害作用がなく、しかも生体親和性の高く身体に安心安全な材料です。
  • MTAは強アルカリ(pH:12.5)の為、根の先の細菌に対しての殺菌(静菌)効果も期待できます。
  • MTAは良質な保護層〈デンチンブリッジ)が出来るため、パーフォレーションや根の先が大きく開いた場合などに有効です。 水酸化カルシウムよりMTAの方が良質な保護層(デンチン・ブリッジ)が出来ることも分かっています。
  • MTAは水分があっても歯と接着するので、細菌の浸入を食い止める働きもあります。 水酸化カルシウムと異なりMTA自体歯と接着するので細菌の侵入を食い止める働きもあります。
  • MTAは強度がないために、ファイバーポストなどの合成樹脂を使用して歯質を補強します。

術前

術後(MTA)

MTAの費用

MTAの費用は、30,000円(税別)になります。
これは、保険外の費用となっております。