痛くない治療を希望の方へ

「痛くない」ためにしていること

痛くない麻酔

歯医者さんに通う際、痛いことといえば「麻酔=注射」「削られます。」 を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
大人の方は特にその意識が強いように感じます。

今の大人の方々が子どもの頃の麻酔は、針も太く、人の手でうっていました。しかし、今では針も細くなり、表面に塗る麻酔も併用するため、ほとんど痛みを感じません。

しっかり麻酔をすれば、歯科治療は、痛みはともないません。

ハートフル歯科では、チェリーやバナナの香りがする塗る麻酔をし、最初の痛みをとるとともに、電動麻酔器を使用し、コンピューター制御でゆっくり痛く感じないような麻酔を行っています。

他にも痛くない麻酔のテクニックがあり、全員のドクターが実践しています。

ハートフル歯科に入局すると、一番初めに習うことは、無痛注射なんですよ。

1日でできるセラミック治療

セラミック治療と痛くない治療は何の関係があるのかと思われるかもしれませんが、「1日でできる」ところが痛くないに通じるのです。

最短60分のセレック治療を受けていただく際には、1回の麻酔。一回の“チクッ””ですむ話につながります。

一回の”チクッ”ですむのなら、一週間仮歯がとれる心配をすることなく治療中でしみることもありません。

そうだから、痛くない治療=何度も注射をされない治療なのです。

一日治療のメリットは、それだけではありません。

通常、型をとり、1週間前後で詰め物をします。しかし、削ったままではしみてしまうので、仮のつめものをします。しかし、その仮づめと歯の間にはミクロの隙間があいています。
その状態で1週間の生活をすると、当然、飲んだものや食べたものが入り込みます。

削ったばかりの歯はとても綺麗ですが、1週間たつと、削った面が汚れてしまうのです。

水で洗って綺麗にしてからセットしますが、どうしてもとれない汚れもあります。

ハートフル歯科では、全てのセラミック治療で、特別な処理をして、取れにくいようにしているのですが、1週間の汚れの中には取れずに歯に残るものもあり、これがしみる原因のひとつになります。

痛くない治療、清潔な歯面に清潔なセラミックをその場で取り付け、未来型の歯科治療の世界では、現実化しているのです。
また、セラミックは銀歯より、そして天然歯よりも汚れがつきにくい素材です。10年たってもなんの問題もなく使える方が96%以上という治療方法です。

未来のムシ歯発生や痛みも予防できるセラミック治療。
再度、削らなくてすむ治療それも、「痛くない」治療といえるでしょう。

1DAYセレック、セレック治療 詳しくはこちら

眠ったままできるインプラント

インプラント治療を受ける患者さんはとても増えていますが、「痛そう」「怖そう」という声もよく耳にします。
そんな患者さんに支持されているのが「寝たままインプラント」です。

静脈内鎮静法(セデーション)という方法なのですが、完全に意識がなくなるわけではありません。
点滴麻酔をします。眠った状態に近くなり、多くの方はオペ中のことを覚えていません。

腕に注射をされた後、寝てしまう。
気がつくと終わっている。  究極の無痛インプラント治療と言われています!

 麻酔医の先生に来ていただき、行いますが、セデーション中は脈拍や血圧もコントロールされた状態です。ご安心下さい。
高血圧、血の止まりにくい方などにも適応です。
全身麻酔のようなリスクもありませんので、安心してインプラント治療を受けることが出来ます。

詳しくはインプラントページをご覧下さい

レーザーの鈍麻作用(お子様のための痛くない治療)

ハートフル歯科では、最新のレーザー治療を導入しています。
医科でも使用されている高性能なものです。

そのため、弱いレーザーを当てることで起こる「鈍磨作用」で「痛くない治療」治療に応用しております。

①1日で終わる歯周病治療では、歯周ポケットの中をレーザーできれいにします。その際に痛みの感じやすい場所に弱いレーザーをあてて、「鈍磨」(感覚を鈍くさせる)することができます。

これにより、歯周ポケットの中を麻酔なしで殺菌、消毒、歯石除去が可能です。

②子どもの治療やシーラントの際にレーザーを使用します。
歯質の強化や再発防止、さらに「鈍磨作用」で痛くない治療を実践しています。
初期むし歯では、レーザーで黒い点を蒸散させます。同時に瞬間的な高温で歯質を強化させます。
その状態で小さな溝を埋めるシーラント治療を行います。

子どもから大人まで、虫歯から歯周病まで、幅広く痛くない治療を提供できるのは、この最新レーザーの効果です。

子どものレーザーシーラント: 1本2.000円(税抜)

1日で終わる歯周病治療:詳しくはこちら