歯を残したい(抜かない)方へ

「抜かない」為にしていること

マイクロスコープで見える治療

抜歯の多くは、虫歯が大きくなってしまったり、歯が割れていたり、神経治療をしても痛みが消えない、膿が止まらないからです。さらには、痛みや腫れの原因が分からないまま抜歯の話をされることもあるそうです。

しかし、原因の分からないまま、抜歯に納得して応じる患者さんは少ないでしょう。

原因が分からない、理由は、簡単。「見えないから」です。
見えないから、痛みの原因が分からず、助けられるものも、原因も分からないままに抜歯されてしまうのです。

今でも一般的には、根っこの治療は、「見えないまま行う治療」でした。いわば手探りの治療になります。

ハートフル歯科では、2006年マイクロスコープ導入以来、この「見えない部分」を「見える化」することで、確実な治療と世界標準の診断を行っております。

マイクロスコープとは、脳の手術などでも使用される、拡大鏡で、最大30倍程度で見ることが可能です。
眼鏡タイプの拡大鏡(サージカルルーペ)は2.5~3倍程度なので、比べ物になりません。

通常の治療の場合、2.5~3倍のサージテルでいいのですが、根っこの治療など、歯の根管の治療の場合、マイクロスコープとLEDの光が有効です。根管内の暗黒の世界に光と治療のチャンスを与えられます。

マイクロスコープを導入している歯科医院はまだまだ少なく、治療は自費治療で高額な場合も多いのが現状です。

ハートフル歯科では、安全で確実な治療をすべての患者さんに提供するために、マイクロスコープを保険内で使用しています。なぜなら、アメリカやヨーロッパの根っこの治療専門医は、当然使用している治療器具だからです。
見えるだけの治療器具の使用に費用をもらうのは、非常に困難だと思っております。

また、根管治療の予後は、初めての神経治療なら90%の予後が期待できるという論文もあります。
再治療の場合は、予後は非常に悪くなります。
また、治療中に保存不可能なことが分かることもあります。
その場合は、抜歯になります。

その際に自費治療費は、いくらになるのでしょうか?
一生懸命やったんだから、技術料●●万円。
1年しか持たなくても、技術料●●万円。

そうなんです。
成功報酬ではない、歯科治療。
医科では、手術した後なくなっても費用は、発生します。
どちらの感覚が正常なのか。

分かりません。

「この歯は、●●年しかもたなかった。」とよく聞きます。
電気製品のような保証を求めます。

だから、ハートフル歯科には、自費の治療には保証を付けています。
皆さんの通いやすい歯科医院づくりを目指して!

私たちは、通常の保険でも、必要に応じてマイクロスコープを使用します。

マイクロスコープを使用した根っこの治療は成功率が90%になると論文に書かれています。
自分の歯を多く残し、確実に治療をしていく。
手探りではなく、見て行う治療を是非受けてください。

自分の受けたい根管治療をすべての患者さんに行っております。

根っこの治療:詳しくはこちら

CT利用した、360度からの診断

歯科の診断において、レントゲン撮影は欠かせないものです。
虫歯を調べるため、歯周病の進行を確かめるためにも、なくてはならないものです。
しかし、レントゲンは正面からの画像なので、断面や、3次元で膿の部位の大きさをはかったり、みたりすることができません。

そこで必要なのが「CT」です。

よく大きな病院にあるCTですが、寝て撮るイメージがあるかと思いますが、ハートフル歯科にあるCTは「歯科用CT」。
医科の寝て撮るCTよりも被爆量は1/8ですみます。

必要な口のまわりだけをとることが出来、画像は3D。360度どの方向からでも確認できます。
複雑な根っこの形や、顎の骨の状態まで、鮮明に見ることができます。これにより、より確実な治療、診断が出来るようになりました。

院内にCTがある歯科医院は全国の歯科医院の1%未満。「大学病院で撮ってきて下さい」と言われることもあります。

ハートフル歯科では、マイクロスコープ同様、多くの方、必要に応じて保険内3,000円程度で撮影を行っております。

どうしてもとれない痛みなどの原因究明にも繋がります。
目で見えるデータで、納得のいく治療を受けていただける環境がハートフル歯科には整っています。

抜きたくないと思ったときには、予約を取って診断を受けて下さい。

抜歯と宣告された方でも、CT診断の結果、保存できるとなることもあります。

高度な診断機器が治療を変える。
生かすも殺すも診断次第だと言われています。

MTA(根管修理剤)で歯を残す

根っこの治療後、お痛みが続き、結局抜歯になってしまうケースも多くありますが、これもまた、原因を究明することによって残せる場合もあります。

例えば、根の管に穴が開いてしまっていた場合

レントゲン、CT、マイクロスコープを使用すれば、その穴(出血点)を見つけることができます。そして、MTA(根管修理剤)で修理することができます。

MTAは、強アルカリ(pH:12.5)による殺菌作用や、硬組織形成作用があります。
パーフォレーション(歯に穴があく)による穴をふさぐだけでなく、治癒を促す作用があります。

多くの医院では、自費治療のひとつとしてMTAがありますが、ハートフル歯科では、MTAは保険外診療になります。
費用は30,000円(税別)頂いております


全ての患者さんに、最新の設備で最高の医療を受けていただきたい。

「抜かないといけないかもしれない」と言われた歯も、もう一度検査してみませんか?

MTA治療:詳しくはこちら

1日で終わる歯周病治療で歯を残す!

歯を失う1番の理由は歯周病です。

日本人の成人の80%以上が初期を含む歯周病患者です。最近ではCM等でも子どもの歯肉炎のことや、歯周ポケットのことなど、専門的なことも多く発信されています。それほど身近で、感染者の多い病気だといえます。

歯周病は、進行しても痛みを感じない恐ろしい病気です。
歯周病菌によって歯を支える骨がとけ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

本来歯と歯を支える骨はくっついています。しかし、歯石によって歯周ポケットが押し広げられ、菌たちはどんどん奥へと進んでしまいます。骨が溶けていきます。

歯医者さんで行うクリーニングは、その歯石を専用の機械を使用して除去します。歯ぐきの奥につく前に定期的に来院していただき、歯周病を進行させないようにしているのですが、日本人はなかなか歯科に定期的に通う習慣がなく、悪化してから来院される方が多くいらっしゃいます

また、歯周病が進行している方の口の中には、強い歯周病菌が活発に動いています。これを保険で少しずつとっても、菌を移動させるだけで、根本的な治療にはなりません。歯周病との追いかけっこを続けていくしかないのです。

そうすると、保険治療にも関わらず、時間も金額もかかってしまいます

そこで必要なのが、「歯周病菌への直接のアプローチ」
「お口全体の殺菌!」をしていかないと、歯周病はどんどん繁殖・進行してしまいます。
ハートフル歯科では、治療の前に必ずDr.Plusという殺菌水でお口の中を殺菌してから治療等行っています。
Dr.Plusはホームケア用に販売もしているため、お家でもケアしていただいております。

一回の来院で一撃!

お口の除菌、歯周病の集中治療も行っております。(1dayペリオ)