理事長のブログ

2018.02.03更新

今年もヨシダ社の新年会に呼んでいただき参加してきました。
日本中の伝説の講師、有名な著書を書く臨床家の集まりとして華やかなパーティーでした。
400名の歯科医師の先生方が、集っておりました。


ホテル ニューオータニで行われる、新年会は、歯科医師にとって招待されることが名誉なことなど言われています。
本当に教科書に載っているような、有名な方ばかりが招待され参加しています。
その新年会の末席に参加した次第です。

u

僕よりも年配の方ばかり、40代といっても学会、雑誌などで見たことのある顔ぶれです。僕は、知り合いがいないのでポツンと一人での参加となり、壁の花となり、よそよそしさを感じながら、今年も参加しています。

r


会場では、向かって左手にヨシダの新製品の展示が行われ、営業の方が商品説明をします。右手には、久兵衛のお寿司のブースだけでなく、ニューオータニが誇るレストランが所狭しと出店しています。
お酒も豊富に揃い、ごちそうが並んでしました。


そこを伝説の歯科医師の先生方が、優雅に闊歩しています。

 


僕は、CAD/CAM講師枠です。インプラント講師枠は、大きい。とか分野毎に人数は、違います。
年齢なども含めて、知り合いもまだ少ないです。
来年も呼ばれるように、今年も講師業で精進して行こうと思います。
(名誉なことなので)
そろそろ関東シリーズが終わり、全国にセミナーの舞台を移します。
来週、札幌セミナーを皮切りに、福岡、広島、大阪と続きます。
そして、僕からCAD/CAM情報が伝わって行くのです。
楽しみです。


人を幸せにする。
それはよくよく考えたら当たり前のことなんだ。
たくさんの人を幸せにしているから、その分、みんなから
喜ばれ、認められ、幸せになれる。
どれだけ人を幸せにできるか、そのことにどれだけ喜びを見出せるか。
それこそが、たった一つの幸せへの秘訣なのだ。


「夢をかなえる象」抜粋改変


人に教えることは、損ではない。
僕から言えることは、CAD/CAMを使いこなしている人がいたら、その長所を真似する。模倣することが必要なんだということです。
若手を中心に利己的な発言が、多いのが現代。「教えてもらって当たり前」の風潮。あんまり好きでは、ないのですが。


そんな状況下なので、「いいとこ取り」「技術をパクってやる。」誰が、聞いても耳の痛い会話。
新年会に参加している多くの先生方は、この業界の第一人者と言われている人です。その多くの先生も、大学生があって、新人でした。
先人から多くのことを学び、成長してきたはずです。
どんなに著名な先生も模倣から始まっているのです。


そう 『自分がやったことの大半は他人の模倣だ』とウォールマートを作った、創業者サム ウォルトンさんは、言っています。
僕のやっていることも、大半 誰かの模倣です。
そこに自分自分自身の経験を加え、分かりやすく セミナーにしています。
いいとこ取らなくても、パクらなくても、「謙虚に教えを乞う」姿勢を持ってもらいたいなぁと感じています。


まだまだCAD/CAM治療は、日本の中では、黎明期です。
自分が治療できる人数は、少ないけれど セミナーを通じて、全国の歯科医師の先生方に「知識・技術」を伝えたい!
その歯科医師の先生から治療を受けた患者さんにも更に幸せになってもらいたい。と思っています。


今年の新年会にも、本の中でしか会えなかった先生、学会の壇上の上の方ばかりがいます。今でも、その方々の教え(著書)に支えられ、21年間の歯科医師人生の過ごしてきました。
新年会で歯科界の重鎮の方々にお会いして、その偉大な業績の上に自分が立っていることを感じることができました。
自分は、そういう会では、堂々としていられない「小さいなぁ」と感じ、背中を丸めて 帰宅するのでした。とほほほ


今年も、診療・講演共に頑張ります。


全国の歯科医師の先生方と患者さんの未来の為に・・・


下田孝義

 

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY