治療について

治療について

予防重視の歯科治療

ハートフル歯科グループでは予防歯科に力を入れています。
「歯を削る治療」より、「歯を削らない予防歯科」にみなさんの興味はあるのではないでしょうか。 歯を削ったり、抜いたりしたいと思っている方はいないはずです。

誰だって美味しく食べて、楽しく話し、笑顔で過ごしたい!

そんな幸せな生活、幸せな人生を過ごすためにも、虫歯や歯周病にならないよう応援してします。 予防検査(ハートフル歯科では、虫菌リスク検査、歯周病ポケット測定、口臭検査の三つを総称した検査)から、おひとりおひとりに合わせた予防プログラムをご提案しております。

虫歯や歯周病にならないお口の環境作りを一緒にしませんか?

診療内容

ハートフル歯科グループでは、歯科におけるあらゆる分野への対応ができるよう、
ドクターにも専門性、歯科医療の総合力を求めています。

理事長の下田孝義は、口腔外科に精通し、インプラント学会認定医でもあります。
功績が認められ、歯科医師臨床研修指導歯科医としても登録されています。
また、セレック国際指導員として、国内の歯科医師の先生方に指導も行っております。

矯正専門医の下田ミナは、日本矯正歯科学会の認定医はじめ、インビザラインドクター、床矯正研究会、成人矯正歯科学会での症例検討など、矯正の中でも幅広い技術、症例対応に力を注いでいます。
近年は、インビザラインの欧米の学会に参加し、世界の先生方にご指導を頂いております。

私たちが受けたい治療 "拡大・精密治療"

みなさま、細かな字を読むときにル―ぺを使うと「よく見えるなー!」と思うことはありませんか?
野球観戦、コンサ―トで選手や歌手の顔を「じっくり見たいなぁー!」と思うことはありませんか?

私たち歯科医院で働く歯科医師、歯科衛生士は、お口の中の非常に細やかな仕事をしております。

髪の毛一本でも感じる、繊細な感受性を持つのが「歯」なのです。

微細な段差も見分ける、歯や舌の感覚に負けない。
虫歯菌や歯周病菌に付け入る隙を与えない精度の高い治療が必要です。
だからこそ、拡大する必要があります。

天文学の専門家が望遠鏡をのぞくように
細菌学の専門家が顕微鏡をのぞくように
分子学の専門家が電子顕微鏡をのぞくように

歯科医学の専門家は、拡大鏡やマイクロスコープをのぞきます。

小さな物をみるための道具は、多くの分野で開発が進み、活用し、活躍しています。
我々、歯科医師も必要に応じて拡大することで精度の高い診療をしなくてはならない。
私が受けたい治療、それが拡大診療だと思っています。

拡大治療

細かな作業をする歯科医師だからこそ、拡大して正確な細やかな作業、治療が必要とされます。

ル―ぺで見ながら字を書くと、普段より小さくてもきれいな字が書けます。
私たちは拡大鏡 (2~3倍)を装着すると、今までより粗が見えるので、普段の力以上の仕事が可能です。

だって、そう思いませんか。
見えちゃうんですもの。q(^^)p

なにより、自分達が受けたい医療を目指している私達ですので「こんないいものは、無い。」とかねてより考えておりましたが、今回メンバ―全員で、拡大・精密治療の世界を開くことにしました。

拡大・精密診療で見えるようになり、自分の虫歯や歯石、接着剤の取り残しを見つけることができるようになりました。
今まで以上の細い糸で縫うことで、歯肉の治りも早くなり、傷もきれいになおります。
今後は、見えることで、自然にレベルアップしていきます。
自分の粗もみえちゃいます。 お恥ずかしい。m(, ,)m

精密治療ってなんでしょうか?

心臓外科や脳外科の手術で使用されているマイクロスコープを歯科へ応用することで、肉眼の20倍まで拡大できます。
歯の中の構造、汚れが各段に見えます。他の医院で見落としていたものも見えてきます。

根っこが曲がっていたり、根っこの中の出血、割れていたり、マイクロスコープで新しい発見、痛みの原因を診ることができます。

また、CT画像を併用することで、内側からの確認と3次元的に歯を診断し形態を理解しながら、マイクロスコ―プをみていくことで更に進歩した治療が可能になります。

CT-マイクロの連携によって、格段に診断力、治療力が向上します。

また、何せ20倍ですから出来上がったかぶせ物や詰め物などの適合なども、肉眼ではぴったりでも、隙間が見えることもあります。

-皆さんは、老眼や近視のまま、メガネもしないで生活する方を見かけませんか。-
その方に細かな作業を頼みますか?
匠の技を持つ人ほど、眼を大切にします。
ル―ぺや双眼鏡、望遠鏡、を上手に使用して、プロのお仕事をします。
なければできないものです。

私たちは、歯科のプロフェッショナルとして拡大・精密治療を行うことを宣言します。

  • 拡大診療を始めると姿勢がよくなります。
  • 良い姿勢での診療は、腰痛防止につながります。
  • 患者様に近づきすぎないで治療ができます。粉塵で眼を傷めるリスクも減ります。

良い治療を長くしていくためには、私たちの健康も必要です。
拡大・精密治療は、"眼に優しく、腰に優しく、患者様に優しい"

ハートフル歯科グループでは、拡大・精密治療の時代を迎えました。