理事長のブログ

2018.05.22更新

今週は、バイコンのインプラントセミナーをやってきました。
ベーシック&アドバンス のコースを合計5時間行ってきました。

毎回、受講生の反応を見ながらスライドを作ったり減らしたりしています。
そう言う意味では、同じ講義をすることは、ありません。

毎回、毎回 アップデートを繰り返しています。
似ているかもしれません。それは、伝えないといけないことが同じだからです。
しかし、スライド多すぎて、駆け足になって逆に伝えきれなかったこともあります。
早口で聞き取りにくかったり。
難易度の高い、術式の説明をいきなりしてもダメです。

初心者もいれば、何回も講義を聞きにきてくれる人もいます。

その中で毎回満足してもらっているのか、考えます。

もっと細かくレベル分けされていると良いのですが、なかなかそうもいきません。

受講生の方には、毎回必ず 何回も講義を聞きに来て欲しいと言っています。
その人の立つ、ステージによって見えてくるものが違うからです。
疑問が異なって来ます。

バイコンインプラントの講師として、分からないことは、僕に聞いて欲しいと思います。
多くの受講生の抱える問題点は、すでに解決しているからです。


CAD/CAMとバイコンインプラントの講師をするようになって、毎回のスライド作りを通じて、自分の頭の中が整理されていきます。
本を読んでも面白かったら、プログや講演で紹介します。


同じような日々の仕事に変化と彩りを与えてくれます。

今回も僕の講演を聞きに来てくれたメンバーを連れて蟹を食べて後会としました。
その後、札幌の先生が、偶然同じビルの上の会で行われたセミナーに参加していたので、2次会で合流して楽しく時間を過ごしました。

r
全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY