理事長のブログ

2018.06.12更新


当院にはセミナールームがないので、毎回会場に悩みながら開催しています。しかし、今回から安定して会場が確保できそうです。

u

三鷹駅徒歩3分の場所にある「ロジ」という鉄板焼き屋さんの二階をワンフロワー借りて、ちょうど12名位のセミナー会場として開催しました。

o

今回も遠くは、広島から来訪され土曜日4時間講義、日曜日7時間の実習と講義を受けてもらいました。

内容は、CADCAM治療の基本的な「形成、接着、防湿」という部分をシツコク繰り返し話、体で覚えて欲しいと思っています。

まだ、大学教育にも入っていないCADCAM治療なので受講生の方も初めて聞くことばかりになってしまうこともあります。しかし、実習では、しっかり理解して、上手になって帰宅していただけたと信じております。

このハンズオンセミナーの1番の特徴は、日本でも有数の症例数を持つハートフル歯科で、勤務してい歯科医師が、ほぼマンツーマンでレクチャーが受けられる事です。

g

また、撮影の仕方を体験する実習では、多種のCADCAMを持つ、ハートフル歯科ならではと他社のCADCAMと比較体験できます。
普段、デンタルショーやデモでは、難しいお話になります。どんなカメラでも模型は、簡単に撮影出来ます。しかし、歯牙の表面は、乱反射してしまうためにカメラが認識する事が難しいのです。各社の撮影の実態は、実際の口腔内を撮しなければ比較出来ないのです。

i

 


そこで、ハートフル歯科で行うハンズオンセミナーでは、実体験を通じて講義ではなく、受講生の皆さんが、自分の肌で感じてもらうことを考えています。

「真実は、いつも ひとつ」

ハンズオンセミナーを通じて、CADCAM治療の普及活動を、今後も引き続き行なっていきたいと思います。

p

下田孝義

 

 

 

 

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY