理事長のブログ

2019.10.18更新

ヨシダ社から、新しいCAD/CAMが発売され、ハートフル歯科で色々検証してみることになりました。

 

このカメラは、他社製品と比較して
安価で、軽く、専用の粉をかけないでスムーズな撮影が出来ることが特徴です。

 

19101801

 


小さいセラミックや被せ物のセラミックが、作れることは、当然です。
今回は、更に進んで、インプラントの被せ物がワンデーで作れるようになっていくことを示唆していきたいと思います。

 

19101802

 


見て下さい。
画面右下の部分に、インプラント撮影用印象器具が挿入されています。

 

従来の粘土で型取り法では、模型作りに時間がかかり納期が2週間でした。

 

今後は、カメラで撮影してインプラントの被せ物が出来る様になるので
最短2時間後には、本歯が作れる時代がやってきます。

 

今までも口腔内撮影用カメラは、ありました。
9月以降、ハートフルでも新しいCAD/CAMのカメラが納品され使用し始めています。

 

従来の口腔内カメラと違い、白色の認識力が高まり、焦点深度が深くなったことで白く長細い撮影用印象用器具を認識しやすくなりました。従来からソフトや、システムとして口腔内カメラでインプラント被せ物を作成することは出来たのですが、院内でうまく運用できませんでした。
カメラの性能が向上して、安定的に被せ物が作れるようになりました。

 

11月にバイコンインプラントの入門コースの講演と2年に1度のユーザー向けのイベントがあるので、そこで、今回から変わっていくバイコンインプラントの被せ物の作り方について、情報発信していきたいと思っています。

 

CAD/CAMのカメラの性能で、撮影状況がどう違っているのかを伝えていきたいと思います。

 

カメラの性能、デザインソフトの問題、被せ物の素材、削り出す機械の性能、インプラントメーカーから発売されるシステム。
いくつもの関門がありました。
その全てがゆっくりですが解決してきました。
いよいよ、インプラントの被せ物がワンデーで作れるようになっていきます。

 

全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

 

下田孝義

2019.10.16更新

ヨシダ社が、口腔内カメラ発売を期に、技工所を開設したと聞き、見学に行ってきました。

 

ヨシダ社からは、トロフィー3di PROと、COEXi500というCADCAM用の口腔内カメラが発売されている。

 

当初、セ◯ックという、デザインやミリング(削り出し機)のセット売りが、基本的な設定でしたが、健康保険でCAD/CAMを使用する機会が増えるルール改定が行われている都合上、カメラのみ使用する先生が、増えてくると思われる。

そこで、形成や、接着のみ、デザイントレーニングなど個別に対応した教育システムが、求められていく。

そして、ユーザーが増えると、ミリング(削り出し機)故障時の対応などする為にバックアップ技工所の必要性が、生まれ。

顧客ニーズからヨシダ社の技工所が、産まれたそうです。

企業が開設する技工所とえば、N社の幕◯などを想定しておりましたが、あくまでバックアップラボなので、ドデカい空間というよりも個人回りした空間で、個別のニーズに対応する。

細やかな対応を狙った、ヨシダ社のCAD/CAMサポート体制の強化をコンセプトにした作りでした。

 

19101601 

 

 

現実的な問題点:

企業の商品展示場で、ミリングすると技工所登録していないので口腔内には、セット出来ないようです。(??聞きかじった話??)音が、うるさいから展示場内では、動かしにくいそうです。=展示場のイメージダウン。

デザインソフトのレクチャーをしていると、別の方が触りたいと言われると、困っていた。

 

実際の不具合に対して、顧客目線から分離したと、お聞きしました。

すばらしいですよね。顧客優先の姿勢

 

CADCAM用の口腔内カメラとして

 

トロフィー3di PRO:

・チェアサイドでデザイン、ミリングまでやりたい先生

・ワンデーセラミック治療を診療の柱に据えたい先生向き

 

COEXi500:

・個人の歯科医院で、被せ物の製作は、外注に出す予定の先生。

・カメラだけ使ってみたい。将来、院内完結まで拡張したい先生。

・セントラルラボを既に持ち、ラボ拡張を視野に入れて、分院全てに口腔内カメラを導入したい先生

 

という事になります。

 

今までのは、「セ◯ック」一強。

フルセット1000万円を越える設備投資が、必須。ではなく、多様化する歯科医院を1歯科医院、1歯科医師という個人の単位での二ーズに合わせる形での提案が可能になります。

 

診療内容、診療体制、人材育成、資金など、歯科のデジタル化には、多くの壁があります。

その壁、「不安→安心」に変えられるようなヨシダ社は、新しい試みを始めていました。

 

19101602

 


歯科業界が、アイデアとチャンスに溢れて、

「輝く未来に若手が夢や希望が持てる、CAD/CAMがもたらす医療の変化」をこれからを感じ、楽しんでいこうと思います。

 

現地からの報告です。

 

下田孝義

 

2019.10.11更新

明日10月12日は、台風のため、ハートフルグループ全院お休みとさせていただきます。

 

患者様の安全のため、ご理解ご協力お願い申し上げます。

 

ハートフルスタッフ一同

2019.10.01更新

9月30日の夜、普段ガラガラの自動券売機の前に列がありました。
なんだろう?
すぐには、気づかなかった。

 

19100101

 

しばらくして、消費税だ。と気づいた。

何気に僕は、気にしていて、ハートフル歯科の設備投資は、9月中に行っている。

 


最新のCAD/CAM一式を導入した。
金額が大きいので消費税2%アップでもかなりの差が出てしまう。なんとか9月23日に 滑り込みで納品してもらえた。
また、北口には、自動釣銭機を導入しました。

 

生産性の向上を目指して、半自動化を進めています。

 

自動釣銭機は、消費税増税を期にポスレジという新型レジを入れるスーパーが多く、在庫を押さえてもらいギリギリの納品となりました。
歯科医院では、釣銭の間違いを減らし、お金を数えることをしなくて済むようになります。
その分、患者さんとの接客に時間と気を使って欲しいと思っています。

 

また、終業時のレジ閉め時に、お金を数えなくて良いのは、帰宅時間が早くなりメンバーに喜ばれると思っています。
あのレジって、100万円以上するんですよ。
意外と高いですね。

 


10月1日
翌日から、軽減税率やイートインコーナー、デパートなどパトロールしました。

 

朝、ドドールでカフェラテを頼みました。その時には、「しっかり、お持ち帰りですか?」と確認されました。そういえば、それは、前もそうだった。
よく見ると、メニュー表に2種類の価格が書かれ。僕は、持ち帰りのオーダーをしたので消費税8%となっていた。

 

  ドトールメニュー

 

コンビニでも、自己申告でイートインコーナーの場合は、10%になるらしい。

 

だんだん理解してきた。
デパートにも行って、様子を確認していきたい!

 

いきなりステーキも店内で食べると、10%ということだったりウーバーイーツに頼んで持ってきてもらえば、その方が便利で安いのかなぁとか。生活も変わりそうだ。

 

すべては、患者さんの笑顔ために・・・

 


下田孝義

2019.09.29更新

バイコン社からインプラントのユニバーサルアバットメント発売を期に外注ラボとして走り出しました。
その新事業の為の資金として、小規模事業者持続化補助金を取得!

 

19092901 

 

この補助金は、HP作り、チラシや改装など小規模事業者の資金難の部分に一部、国が協力し補助金を出してくれる事業です。

 

今現在、チラシ作成をしています。

 

19092902

 


7月発売のユニバーサルアバットメントは、発売後 その特性などなかなか伝わらないと思っています。そこで、四年前からハートフル歯科とタッグを組みやってきた実績を持つハピネスクリエイトが、ユニバーサルアバットメント作製マニュアルをこの予算を使い作成中です。

 

技工所が、外注ラボ として活動開始しています。

 

すべては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

 

下田孝義

2019.09.28更新

金曜日は、キッズの日
もう一年が経過しています。

 


お母さんの顔もかなり覚えてきました。子供達は、ドンドン大きくなっていきます。
子供の成長は、早く、しばらくみないうちに歯が抜け変わったりしますね。

 

昨日は、歯が生えそろい、定期的にバイオフィルムの除去のために、通院してくれている2歳半の女の子に出会いました。

 

可愛いですよね。
まだ、数回しか通院していない様子、カルテも1枚目でした。^_^
ぼくも初見です。いつものようにまずは、ご挨拶、様子や顔つきをチェック。
そのあと、「むし歯がないかなぁ」とお口の中を見ます。最後に、カチカチしてもらいます。

 

2歳半だとまだ、言った通りには、してくれない。「はい、噛んでー」というと、アイーンと反対咬合にしちゃう。アレアレ??
なんて心で思う。
何回かやると、思い通りに噛んでくれます。
(ホッ)

 

19092801 

 

 

 

あれ?
前歯が噛んでいないぞ?
「普段、なんかカミカミしていませんか?」
「実は〜〜」
この子、夜寝る時に指をしゃぶっているんです。
「実は、話」が大切なんです。
やっぱり!
親指を見る。

??なんの跡もない。

 

アレアレ??

 

「どの指ですか?
やってみて。」
すると人差し指と中指でした。

 

「どうして、分かったんですか?」
とお母さん

 

「見てください。前歯が噛んでいませんよ。鼻の下あたりが骨格的に少し出ていますよね。」とやんわり説明しました。

 

19092802

 

歯並び予防の為には、4才くらいにはやめて欲しいですね。と説明しました。
ただ、骨格的にもう影響で始めていますよ。と。

 

子供の心の成長を待ちながら、ゆっくり説明してあげて欲しいです。大人でやっている人は、いないのですから。

 

指しゃぶりなどの悪習癖は、歯医者さんで見つけられるます。入り口は、むし歯予防で、良いと思います。しかし、通っていくうちに、実は話が出てきて、歯並び予防の為に必要な、知識が習得できます。

 

歯医者は、むし歯予防だけじゃないんです。
「むし歯予防と歯並び予防 」の両方を担っています。

そのことをもっと知ってほしくて、本を書きました。もうすぐ出版されます。

 

すべては、子供達の笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.09.27更新

以前、ブログでも予告していたように、歯科技工所が拡張しました。


バイコンインプラントでCADCAM専用のアバットメントが発売されたことを期に、外注で技工物の請負も始めようということで装備を増やすこととなりました。
今回導入する機材は、素早くジルコニアの感想状態でブリッジまで削ることが可能な機械です。
なんでも即日で技工物が可能になります。
ジルコニアのブリッジもドライミリングが可能になると、ハートフル歯科医院では、ワンデー治療をしていたのですが、さらに適応範囲が増えてブリッジまで即日で歯が入るようになります。
すごい速さです。

 

19092701 

 


トラックに揺られて、ハピネスクリエイトに新型のマシンがやってきました。
Made in Germany と書かれています。
この分野は、ドイツが最新ですね。

 

19092702

 


これがシロナ社最新、最高モデルのミリングマシン(白い歯の削り出し機)です。
左右に2本のドリルが搭載され、左右からブロック(歯の元)を削ってくれます。
これは、歯科医院用のマシンですが、それを歯科技工所に導入するところが、ハピネスクリエイトの妙なのです。
普通は、歯科技工所には、必要ない最速のマシンです。
ハピネスクリエイトは、ハートフル歯科2階にあります。
そこでハートフル歯科のニーズに合わせて、最速納品を目指して、最速マシン導入をしました。

 

くしくも、納品日は、9月23日
使用開始日は、9月24日でした。
このマシンの納品日に、ブリッジ用のジルコニアの発売日が重なっています。
もちろん、そんなことは、知り得ません。偶然です。
そろそろジルコニアのワンデーブリッジが始まると予感しての、導入でしたがまさか、重なるとは、思っていませんでした。

 

19092703

 

納品後のMCXLの置き具合です。
MCXL
inLab MCXL
MCXL プレミアムと3台が縦置きに並んでいます。
(ここは、ワンルームマンションの押入れに相当します。今やミリングマシン置き場です。)

 

 

ソフトウェアの更新と発売に合わせて、技工用と、歯科医院用に別れていた、シロナ社セレックのソフトウェアの垣根がなくなりつつあり、3台のミリングマシンのどれにでも出力できるようになりました。
今までは、複数台のミリングマシンを持っていても、ソフトの制限で同時に削り出すことが出来ませんでした。


具体的に言うと。
前歯を6本削る時も、6回分待たなければなりませんでした。渋滞するイメージです。
それが3台同時に削れるようになり、2回転ですみ、従来の1/3の時間で削り出しが済むようになりました。
2本の歯でしたら、30分以内で製作が終わります。
車線が増えた感じです。車の流れがスムーズになりました。
だから、早くなりますねぇ。
マシンの導入とソフトウェアの更新の恩恵を受けて、使いやすく改善しました。
本当にこういうのって、運がいいんですよ。

 

次に、秘密の小部屋の解説をします。
俗にいうお風呂場です。
隠れちゃいましたが、お風呂のシャワーをとって、お風呂には、蓋がしてあります。
洗い場には、水の流れを良くする勾配がありましたが、ベニアをひいて、レベルだしをしました。
だから、水平が出ています。
お風呂場にもLAN配線が引き込みしてあります。
脱衣場部分も含めて、完全なる暗室となりました。
ワンルームのお風呂場って、窓がないですよね。だから、元々暗室だったんですけどね。

 

19092704

 

そこを3Dプリンター専用の部屋にしました。
3Dプリンターは、光で硬化するマテリアルです。暗室であれば、使用前のマテリアルが自然硬化することを防止してくれます。
押入れにミリングマシンの増設、お風呂場を3Dプリンター専用室へ!

 

19092705

 


ここにも注目!
実は、3台目のラボデスクも増設したんです。
CAD/CAM専門の技工所として、多くの技工物を作れるようになりました。
3人が同時にデザインをして、3人が同時に研磨可能になりました。

 

すごい進化です。

 

ラボ用のスキャナーも今回使いやすく位置の移動ができたので、作業効率が上がりました。

 

2万本以上のCAD/CAM技工の実績を踏まえて、外注技工を始めようと思います。

 

全ては、全国の患者さんの笑顔のために・・・

 

 

下田孝義

2019.09.26更新

人生について、考える。
人生を階段に例えると、40代は踊り場だと言われる。
折り返し地点だ。
しかし、その後の時間は、人それぞれです。

 

ろうそくという表現でいうと、あと半分だと思う人もいる。まだ、半分もあるという人もいる。
僕は、どっちかというと、あと半分かぁ(下がる)感じです。悲観主義らしい。

 

残り時間をいかに楽しく過ごすかで、残りの人生の豊かさも違うと思い、この本を読みながら、胃カメラ、大腸カメラを検査を待つこととする。

 

19092601

 

特に意識して手にしたわけではないが、ホリエモンさんの本を買っていた。
その中で、予防医学について触れられていて共通項を見つけたので触れてみる。

 

19092602

 

日本人の死因は、ガンが一位です。
そのガンのうち、
1位 肺ガン
2位 胃ガン
3位 大腸ガン
なのをご存知でしょうか。

 

胃ガンと大腸ガンは、胃カメラと大腸カメラを使うと直視できるのでかなり小さいガンでも発見できることをご存知でしょうか。

 

また、初期の上皮内ガンで発見されると今は、治癒する病気だとも言われています。

 

予防できるものは、予防して
早期発見で、治せるものは治す。

 

それが大切だという、ホリエモンの主張に共感していました。
食事に関しては、色々 ご意見もあると思うが、美味しいものを美味しく頂く事が良い。と記載がありましたが、僕もそう思っています。
糖質は。若干とりすぎには、気をつけています。メタボなので。(汗)

 

歯のことも書いてありました。
年に数回、クリーニングに行けば、歯周病も防げる病気だと。しっかり。
しっかり、睡眠を取り、美味しく食事をする。1日1日を楽しみに、睡眠を取ることでストレスをリセットする生活について触れていました。

 

そういえば、僕も子供が生まれてから、9時か、10時には、寝るようになりました。その方が寝起きがスッキリしているからです。

 

まだまだ、やりたい事がいっぱいあるので「人生の残り時間」を減らさないように、日々気をつけて生活しています。^_^

 

1番気になるのは、「メタボ」と「塩分」ですね。
でも、ラーメンの汁って「美味しい」ですよね。(笑)

 

結果は、問題なしでした。
健康であることを確認できて、ホッとしています。また、来年もお願いします。

 


全ては、患者さんと家族のために・・・

 


下田孝義

2019.09.23更新

ものつくり助成金の採択から3ヶ月、消費税前に納品してもらいました。

3台縦並びで家具を増設して場所を確保。
削る機械、ミリングマシンを増設しました。

 

19092301

 

新しいミリングマシンと以前からあるミリングマシンをつなぎこむことで朝削り撮影したデータで夕方には、ジルコニア製のクラウンやブリッジが、可能になりました。

 

早速、ジルコニアブリッジの症例を用意しました。

 

朝一番で、形成、撮影して、夕方16時にセットをしました。

 

19092302

 

当日、すぐにブリッジが、入ったので不自由な時間は、半日ですね。 すごい!

 

19092303

 

噛み合わせ調整が少ないのが、CAD/CAM補綴(ほてつ)の良いところ!
一発セット。になりました。

 

調整もないなんて!本当にスゴイ!(涙)

 

うまくいって嬉しい気持ちは、患者さんにも伝わります。カチカチ噛むと嚙めそうか、ダメそうか。本人が一番分かります。
すっごい笑顔。
当日入って、こんなにぴったりなんて!
くしくもその患者さんの奥さんは、2週間前に型取りして、今日セットに行くことになっているそうです。

 

どんな感想かは、次回報告します。

 

今回のジルコニアブリッジのワンデーには、専用の設備と知識あるスタッフ、それと患者さんの理解も必要です。
ジルコニアをドライミリングで削ずり、すぐに
シンタリング(専用の焼き上げ機)の設備、それを操作する技工士、支える受付、それを理解して通ってくださる患者さん、予約通りに進める歯科医師、みんなの協力が必要なのです。

 

小さい白い歯が、当日 入るなんて当たり前の時代に近づいています。

 

ハートフル歯科では、ブリッジでも当日セットが可能になりました。

 


全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

 

 

下田孝義

2019.09.20更新

今回は、昨年来 ソウル、ボストンの研修でお一緒させてもらっている中村先生、永井先生に呼ばれて新大阪に行ってきました。

 

1909201

 

1909202

 

お二人とも気さくなお人柄で、楽しく会話ができました。12月には、忘年会兼ねて、ソウルにもデジタル歯科の勉強に一緒に行かせてもらいます。今後ともよろしくお願いします。

 

1909203

 

僕は、いつも仲良し、金森先生と加瀬先生と一緒に大阪遠足気分です。(笑)

 

1909204

 

行ってみたら、会場が広い、驚きのスクリーン3枚でした。やりにくいですね。びっくりしました。100名規模!

 

19092005

 

プロジェクター三台だと、どうしても真ん中のプレゼンにしか、ポインターが使えません。
いつも講演のお供に連れていく、緑のポインターでは、限界だと気付きました。
普通のポインターは、一箇所しか指せないんですよ。以前、パソコン画面上でズームになるポインター使ったことあるんですか、今回のように複数のプロジェクター使用する場合は、ズームするタイプの方が適切だと気付きました。

 

金森先生と加瀬先生とは、ポケモンGOつながり。新幹線に乗る合間にも、ミューツーのレイドバトルしたり、色違いのポケモン捕まえたりワイワイ遠足気分で東京から移動します。

 

1909206

 


歯周病が、歯を失う原因の41.8%という事実の中で、いかに歯周病から患者さんを救っていくのか!
それは、命題です。

 

1909207

 


ハートフル歯科の歯周病への取り組みを友人の歯科医師のスタッフの方にお伝えすることができて、何か参考にしてもらえたら嬉しいなぁと思いました。

 

全ては、全国の歯周病に悩む患者さんのために・・・ 「はじめの一歩」

 

下田孝義

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY