理事長のブログ

2017.05.20更新

九州・沖縄支部会の講演を頼まれ、埋入実習と合わせて、福岡に2日間滞在しました。
90分と3時間の2回の講演でしたが、多くの方がかぶるということなのでせっかくなのでテーマを変えて、スライドをまとめました。

土曜日の支部例会では、デジタルデェンティストリー駆使した、バイコンインプラント治療をテーマに
日曜日の埋入実習では、初心者が陥りやすいミスについて動画を中心に講義を行いました。

器具の使い方が、他社のインプラントメーカーと異なるので、非常に難解だと自分では、思っていたのでそこのところを模型を使った動画で説明をしました。使わなければ分からない。でも、使っても オペ中には、緊張して新しいことができない。
それが人だと思います。

そこであらかじめ使い方をレクチャーして、いざという時は、こう対処するんだという講義を行いました。

バイコンインプラントは、32年間変わらないコンセプトを使っています。
だからこそ、他社のようにコロコロ変わるのではない。
結果、熟成された外科キットになっていると言えるでしょう。
しかし、その成熟された外科キットの複雑怪奇な使い勝手は、未知の領域と言えます。
僕も5年間の臨床を通じて、平山先生のアドバイスを受けながらも、結局暗中模索しながらようやく理解が深まったように感じます。

ボストンに何度も足を運び、首を傾げながら教えていただいた、数々のテクニックを症例を通じてお話しをさせて頂きました。

最後のアンケートでも、理解が深まったというアンケートが多かったので、ホッと胸をなでおろしました。
多くの方が、バイコンインプラントを通じて、噛む喜びを分かち合っていただければ、嬉しいです。

家族と過ごす休日を犠牲にして申し訳ないとも思いますが、家族の応援を受けこれからも講演活動を続けていきたいと思います。


全ては、全国の患者さんの笑顔のために・・・

 

ハートフル総合歯科グループ
理事長
下田孝義

2017.05.17更新

 

カウンセリングルーム

 

以前は、消毒室と、技工室が、同居している、不潔と清潔の混在する作りになっていた。
開業時に効率よく仕事をするために、
またここまで技工をする予定のない診療室を企画してデザインをしました。
現在のように発展するとは、考えていませんでした。少しづつ、技工が始まったので、混在は、少しづつ許容するしかありませんでした。
だんだん大きくなる技工の規模。
パソコンを天井に吊るして、スペースを確保しながら進化していった。そろそろ限界にきた。
タービン滅菌を始めて、2年。
消毒室の機能が、分散している。
その状況を見直して、前向きな変更をしようと企画しました。

消毒室、技工室を分離して歯科助手さんと歯科技工士さんがそれぞれ働きやすい環境を整えました。

そこで、
第一段階:二階のワンルームを改造して、技工室を移動しました。
第二段階:技工部門がいなくなった所で、消毒室の仕様変更、カウンセリングルーム増設したのです。

骨の成長を早める超音波療法を行う部屋とカウンセリングルームが、別になり、患者さんをお待たせする事を減らすことが出来ます。

院内で出る使い捨てのゴミの数々の置き場にも困っていましたが、それも置き場をバックヤードに確保しました。

メンバーみんなの意見を聞き、使いやすくリノベーションを完成させました。直接皆さんの目に触れることも少ない部分になりますが、大きな進歩を感じています。
メンバーが主体的に働いてくれてリノベーションが達成された事が1番の収穫です。

メンバーが働きやすい環境をメンバーが作る!
理想的な運営ができました。

自分たちで作った、消毒室。
自分たちで作った、技工室。

「自分で決めたもの」だから、
「与えられたものでない」

思い入れもあるはずです。
大切に使って欲しいです。

全ては、患者さんと働くメンバーの笑顔の為に・・・

理事長
下田孝義

2017.05.01更新

4月1日 新入社員が入社しました。

 


今年も多くの新人歯科医師、衛生士、歯科技工士が、入社下さいました。ありがとうございます!

 


希望に燃えている新人さんに『ハートフル魂』を注入すべく新人教育研修会を行いました。

 

新人研修

 

新人研修2

 

新人さんには、ハートフルらしい歯科医療、医院体制、医院理念、研修の必要性、仕事の仕方などを語りました。

既存のメンバーには、確認事項として講義を受けてもらっています。

その後の懇親会では、普段会うことの少ないメンバー同士が会話をして、交流を深めました。

 


ハートフル総合歯科グループは、一緒に働くメンバーの笑顔を絶やさぬように、常にメンバーの存在を大切に考えています。

 


全てはメンバーの明るい笑顔の為に・・・

 


理事長

下田孝義

2017.05.01更新

マイクロスコープを使い始めて「早、12年!」開業以来なので、時間が経つの早いものです。

「毎日使わないと使えるようにならない。」

と保険だから自費だからと区別しないで、毎日、精進しなくてはと、必死にのぞいた時代を思い出します!

 


おカネで収支を言ったら、マイクロスコープは、歯科医院経営においてまる損です。

しかし、メガネ代わりに使っていると思えばメガネ代は、患者さんに請求出来ない。

寿司職人や大工さんが、道具にお金かけるのは当たり前。

プロの仕事なんだから、道具にはこだわらないといけない。

こだわりの大工や寿司職人は、客単価を上げて自分を高く買ってもらうということか?

 


道具にお金がかかるというのは、どこの業界でもあること。

価格に転化出来る人そうでない人。

不器用な僕は、うまく出来ない。

でも、マイクロスコープでスッキリと見える治療を行っている。

 


結論として、メガネだと思えば、好みもあるし高くても致し方ない!(^^)

 


そう思うようにしている。

 


そんなマイクロスコープの本体値段は、やっぱり

値段なり!

1番のお気に入りは、ドイツのカールツァイス社の「ピコモラー」です。

鏡筒に角度がつけられる機能があり、歯の奥や裏側など死角が少ない機能が付いております。この辺りの話は、ハートフル総合歯科グループの井上先生が詳しいです。

 

その一押しのツァイス社から独立してマイクロスコープを作ったモデルがツァイス廉価版と言われる、「プリマ」です。レンズの明るさがマイクロスコープの「見易さ」と言われています。その見易さを研究して作ったモデルと言えるでしょう。

その「プリマ」に取り付けられる新型のカメラについて最新機器を購入したので報告します。

 


以前は、マイクロスコープの画像は、デジカメや専用のCCDカメラにつないでいました。

いまもそうですが。

汎用性が高く、低価格の民生品ホームビデオカメラが使えるようになり動画や静止画の撮影、編集(ソフトが一般化)が簡単になったのがここ5年くらいでしょうか?

多くの歯科医師の方がセミナー講義でマイクロスコープ画像を使用するようになりました。家庭用ビデオカメラは、使いやすさ、写り共にすごいよくなったと痛感しています。

 

カメラ 

 


近年、デジカメが、小型化されてスポーツ用のアクションカメラが登場してきました。

スノボーやサーフィンの選手が、頭につけてプレイし、その映像を公開されている物を見たことあると思います。

小型化、軽量化、撮影、記録、コードレスになってきたのです。

 

 


 

そこで、歯科用に応用出来るそうになりました。

プリマに装着できるこのカメラの大きさは、拳よりも小さい。

動画や静止画を撮ることは、もはや、当たり前!

 


コードレスなので、アイパッドへブルーツゥースで無線送信可能。

マイクロスコープを設置する上でHDMIの配線や壁や床下への工事などを不用にさせました。そのまま、撮影データは、AirDropでMacのパソコンに簡単に転送出来て動画編集されるのです。

 


アイパッドで見る動画では、スワイプ、ピッチなど拡大、回転など思いのまま。iPhoneと同じです。

患者さんに説明するのも簡単になります。持ち運びも可能で転送後は、受付脇や相談室などでも簡単に画像確認が可能です。

 


凄い便利な時代になりましたね!

 


常に時代の風を感じて、最新の治療を心がけています。

 


こういった治療も全ては、患者さんの笑顔ために・・・

 

 

 

 


下田孝義

2017.04.25更新

カズレーザーは、
「頑張らないで良い環境だったからこそ、
疲れて辞めてしまうこと無く
芸人を続けることが出来た。」
と言っていました。

こういう記事を読むと、

『じゃあ私も努力しないで、
今のままの私で成功できる環境を探そう』

と思う人が出るだろう。

しかし、僕は、努力なく成功する事は、できないと思っています。努力したからといって、成功もしないかもしれない。

「努力は、成功の必要条件でしかない。」

やっぱり、カズレーザーの成功の裏には、

・タレントとしての才能があった上で、努力している。
・陰で地味に努力をしている
・楽しいから努力と感じていないけど、
 普通の人以上のことをやっている。
    他人は、それを努力という。

このどれかに当てはまると思ってしまう。

イチローは、才能があった上に努力して成功している。
自分に、才能がないと感じているのであれば、

・精一杯、努力をする。
・楽しいから努力と感じていないかもしれないが
 結果的に人並み以上の努力をする。

結局、努力する必要があるように思います。

歯科医業への才能なんて、思いつかない。
野球やサッカーの才能ならあると思う。

毎日やれば、器用に削れる。何度もやれば、間違わない。
知識、経験は、努力で賄える。
努力出来ることも才能なのか?

安易に「頑張らない」と決めて欲しくない。
『ハートフルで、続けて欲しい』
僕は、『メンバーへの努力』を惜しまない。

ハートフル総合歯科グループに入って来た、新メンバーにそう思って欲しい。

全ては、メンバーの笑顔の為に・・・

下田孝義

 

2017.04.25更新


3月1日より、診療時間を6時半までとさせて頂き2ヶ月が経過しました。
ご迷惑をおかけしていた方もいらっしゃると思います。写真のように平日10時半、休日診療をしている歯科医院もあるようです。10時30分の診療時間の告知の10の文字が10になっている事をも注目下さい。30よりも小さい半角10の文字!
9時30分を10時30分に更に遅くまでに変更した様子です。


歯科医院が、増加する一方で、「より利便性を高め」生き残りをかけているのかもしれません。

 

診療時間

 

ハートフル総合歯科グループでは、より良い人材の確保、育成の為に診療時間を早めました。
そうは、言っても行き届かない点、ご不満のある方もいらっしゃると思いますが、皆さんには、ご指導ご鞭撻をお願いします。

ハートフル総合歯科グループは、僕  1人ではまかなえません。一緒に働くメンバーやその家族支えられ、運営されています。
僕にとっても、夜間、休日は、可愛い娘や元気な息子と過ごす貴重な時間、リフレッシュさせてもらっています。

コンビニエントな部分を求められている事実もあるとは、思いますが、少子高齢化を踏まえ、日本人の働き方も変わって来たこともご理解下さい。

ドンキホーテが、24時間やらない、ファミレスも深夜、早朝は、閉店している所が増えています。
このプログを読まれる方も日本全体が変わっている、欧米化して、夜間、休日の過ごし方が変化していることにお気づきだと思います。
高度経済成長以来、「働きバチ」と言われた長時間労働、サービス残業有りという戦後の文化が、東日本大震災以降、日本の古来より息づく「家族との絆」を大切にする戦前のような家族中心の文化に戻りつつあるように思います。
近年、す○家、○通での過労死問題から「ブラック」と言われる言葉も発生しました。

皆さんへ、より良い医療を提供する為にも、
メンバーが家族と過ごす時間やプライベートな時間を考え18時半までの診療時間で、やっていきたいと思います。
「ワーク・ライフ・バランス」を大切にしていきたいと思うようになりました。

写真の診療室では、10時半まで診療時間が伸ばすことで、患者さんを確保しているということでしょうか?
しかし、逆に 働き手を確保する困難に見舞われるはず。
歯科医師1人でやっているのか??
歯科衛生士、歯科技工、受付など1人でこなすことになります。1人では、より良い医療の「限界」を察してしまいました。


「高度な設備が、医療の質を決める」と再三 プログにも書きますが、その高度な設備を維持する為にも「神輿を担ぐ」多くのメンバーが、必要です。

利便性を、重視して、1人で夜間、休日まで診療することで、コンビニエントには、なります。しかし、人の確保が、困難になり、結果、設備の維持が不可能になります。コンビニの様に外国の方を雇い入れても、コミニケーションが困難だったり、ライセンスの問題も発生します。


病院の様に深夜、救急でも人道的な働きたいとモチベーションの高い人材が、そもそもいれば良いのですが、この業界には、その時間帯でも頑張りたいという若い人が集まって来ません。

 


「高度な設備を維持し、有資格者を雇い、患者さんの期待する医療の質を高めていく!」


診療時間を適正化することで、患者さんにも納得して頂ける人財を育成し、「より良い医療」を目指していきたいと思います。


全ては、患者さんとメンバーの輝く笑顔の為に・・・


下田孝義


 

2017.04.01更新

4月1日となりました。
今年は、素晴らしい補強ができました。少子化が叫ばれ有資格者の卒業数も減っている中でのリクルートはうまくいかないのが現実です。
しかし、今年度は、歯科医師1名、衛生士7名、歯科技工士1名が入社してまいります。
明後日には、来年の研修医終了予定の先生が、見学しにきます。(就職希望)
来週末には、研修医希望の方も見学にやって来ます。


歯科助手の小松原さんが歯科衛生士になって帰ってきてくれた事を筆頭に、
多くの有資格者がハートフル総合歯科グループを選んでくれました。
新戦力を加え、ハートフル丸もまた、新しい航海に出ようと思います。

 


新しい力が加わるということは、大きな変化を生み出すチャンスだと思います。
既存のメンバーは、新人さんに指導をすることで、仕事の内容や知識の理解を深めてくれるでしょう。レベルアップの瞬間です。
既存のメンバーに新人が加わり、新たな化学変化が、起こっていきます。
だから、4月の新卒採用は、大きな進化を生みだすチャンスだと考えています。


2019年になり、ハートフル総合歯科グループは、設備的にも大きく進歩しています。
3月には、蛯名くんを中心にデジタルラボ開設。
GWには、斎藤さん、小松原さんを中心に消毒室改装が、行われています。
更に、7月以降は、ホワイトエッセンスによる、日本初導入のホワイトニングマシン導入、デンタルエステ開始。
8月頃から、訪問歯科も予定しています。
秋以降、3DプリンターやCADCAMを応用した義歯も世界的に始まります。
当然、意識しております。


設備投資に関しては、「ものつくり助成金」を採択され国からの援助も確定しました。


ハートフル総合歯科グループは、新人という人財と国からの援助という資財を手に入れ、新しい航海へ出ます。
楽しみが増えました。


全ては、患者さんの笑顔と一緒に働くメンバーの為に・・・

 


ハートフル総合歯科グループ
理事長
下田孝義

2017.03.31更新

思い起こせば、3年前新卒の藤井さんが、第2新卒として6月に入社してくれました。
もうすぐ、まる3年が過ぎ4年目を迎えるベテラン歯科衛生士さんとなるはずでした。
ハートフル歯科では、一番のベテラン衛生士さんとして活躍する日々でした。
新卒から3年間ということで、成長していった様子を思い出します。


早いものですね。


2月に送別会を行い、3月には、4月からの新人さんがアルバイトに来てくれるようにり、後輩の指導をしてくれておりました。
物品の管理や、月決めの報告書など藤井さんの行なっていた業務も順次引き継がれ、滞りなく退職されました。
色々な辞め方がありますが、「立つ鳥跡をにごさず」 
最後まで、理想的な先輩としての背中を見せてくださり、感謝しております。
そんな藤井さんには、新しい環境でも輝く歯科衛生士人生が待っていると思います。


今日は、笑顔のお別れです。
ハートフル歯科メンバー一同 応援しています。
「頑張れー!」

 

卒業

 


下田孝義

2017.03.27更新

ハートフル総合歯科グループ所属のデジタルラボ、(ハピネスクリアエイト)が東伏見よりハートフル歯科医院南口院に移設されました。

 

ラボ0

 


従来の技工所とデジタルラボの違いは、どこでしょうか?


答え:
1、石膏模型を使わない。
2、鋳造をしない。


この二つに尽きるでしょう。
もちろん絶対に使わないとは、言ってませんし、必要も認めています。
しかし、ほとんど必要なくなっています。
更に口腔内スキャナーや3Dプリンターが高度に進むと全く使わない日も来るはずです。


それを見越したハピネスクリエイト・デジタルラボでは、そう言った従来の技工の代表格の機材一式を排除し完成しました。


デジタルラボの大きな特徴は、電源200V、ランケーブル、コンセント、部屋全体の電気容量です。
僕も企画してみて気づいたんですが、デジタルラボを作るにあたって、一番大切なのは、電源とラン配線だったのです。
電気容量を上げる、点検口を使用して、ラン配線を部屋中に回す作業が重要です。

 

ラボ

 


従来であれば、「バキュームとエアー」だったはずの配管に、「電源とラン配線」という新しい必需品が登場しました。


デジタル化された、技工所は、設備投資が異常に必要なことも写真をみて、歯科業界の方なら詳細が見えると思います。
ものつくり助成金を利用して、3年前に開設された技工所は、2度目のものつくり助成金に採択されました。
今までの3年間の活動を認められ、更に国として応援していただけます。
前回の助成金は、技工所装備一式とMCX5という、大型の補綴物をつくれる削る機械でした。
今回は、3Dプリンターを始めとする、最新デジタル機器となります。
2017IDS(国際デンタルショー)が開催されている中、デジタルラボは、設計施工されています。
6年前のIDS参加から、このようなデジタルラボの必要性を感じていた折りなので、やっと「夢叶う」と言った所です。
歯科技工士の地位向上と、新しい歯科治療を支える、デジタルソリューションを臨床の現場に取り入れるべく、今回の移設となりました。
ハートフル総合歯科グループとして、更に設備面で強化されました。


技工所でこれだけの設備を持っているところは、全国でも数少なく先駆けとなる最先端の技工所になると考えます。


2度目の「ものつくり助成金」に採択されました。国のサポートを得ながら、歯科界を引っ張るデジタルラボとして、船出します。
全国にあるブラックと言われている歯科技工所で働く「歯科技工士」さんに希望の光を届けたい!


全ては、患者さんと日本中の歯科技工士、一緒に働くメンバーの為に・・・

 


下田孝義

2017.03.26更新

歯科材料屋さんとヨシダ社からの依頼で「トロフィー」というCADCAMセミナーの講演をさせて頂きました。
いつも企業さまから、温かい応援を頂き、このよう機会を頂き感謝しております。

セミナー開催は、僕にとっていつも「学びの場」スライド作成時に頭をひねる。伸ばす、くっつける。
頭の中の引き出しをひっくり返して、作ります。
講演のシュミレーションを何度もしながらスライド作成をする作業は、脳内の整理整頓となります。
定期的な大掃除とも言えるでしょう。

院内や患者さんに説明をする際のキーワード作りになっています。

今回は、6週間ハートフル歯科医院を手伝ってくれていた衛生士学校の学生さんが聞きに来てくれました。
CADCAMについて、普段のハートフルの臨床が、どう言う 背景から成り立つのか理解が深まったと思います。

 

トロフィーセミナー 

 


15名の先生方が、雨の降る中 足を運んで下さいました。ありがとうございます。
また、その中から7名の方がご興味を持っていただけたと言うことなので、「CADCAM治療の未来性」を理解してもらえたかもと感じています。

21世紀となり、平成から また、新しい元号になるという話が進んでいます。
「デジタルデンティストリーの幕開け」とも言うことが出来そうです。

ハートフル総合歯科グループは、歯科でのデジタル化を進め、その情報発信基地として日本の明るい未来に貢献していきます。


ハートフル総合歯科グループ
理事長
下田孝義

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY