理事長のブログ

2019.12.03更新

12月2日発売と記載されている。
何度もブログ中に登場する、歯育て本ですが、12月2日にもこだわりがありました。
(本の記事は、あきてきましたね。そろそろやめておきましょう。ここまでは、書きたかったのですいません。)

 

191202


実際には、11月20日頃アマゾンでも買えたようですが、本の中の発売日は、あくまで12月2日です。
そのこだわりは、祖父の命日だったからです。13年前に12月2日深夜の祖父は、亡くなりました。
その後、医療法人徹心会は、生まれました。
徹心は、祖父の戒名から取りました。不謹慎かと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、僕なりの気持ちです。いつも見守ってくれていると思うから。
元々は、古本屋の息子として生まれ、両親は、お店と子育てにてんてんこまいな日々。
祖父母も協力してお店を切り盛りする、3ちゃん、4ちゃん経営でした。
昼間は、祖父母によく遊んでもらいました。
もちろん同居です。
1階は、お店とキッチン、風呂、トイレ、急な階段を上がると
2階は、表8畳に祖父母、裏8畳間に家族五人でした。典型的な昭和の商店建築だったようです。駅前だったので、電車の音がうるさかったですね。

 

そんなおじいちゃんには、井の頭動物園に行ったり、山登りなど連れて行ってもらいました。
一緒に毎日のように、水戸黄門とお相撲を見る日々。水飴と落花生、チョコなど「おやつ」をいつももらっていました。とにかく、おじいちゃん子でした。

 

2浪中のある時、私立でも良いから受かった所に行きなさいと言ってくれた、おじいちゃん。
そこで、「松戸歯学部の合格通知がいただけた。」ので歯学部進学が決まった次第です。
当時85歳を越えている明治生まれのおじいちゃんだった。
学費を払ってくれた。
私立の学費って、本当に高いのです。
僕の実家には、重たい支払いだったと思います。

 


そんなことから、徹心会という名前が生まれ、12月2日に本が出版されたのです。
おじいちゃんにも報告しました。

 

祖先を敬う姿勢。
過去があって、未来がある。
祖父母や両親の支えで、自分が存在すること、いつも感謝しております。

 

全ては、人類・未来のために・・・

 


下田孝義

2019.12.02更新

そこで、本屋さんに営業に行くことにしました。
うぉっ!
結構なハードルだ。

 

「飛び込み営業!」ということだ。
やったことないぞ。
ハードルたっかいなぁ。
でも負けないぞぉ〜。

 

19120201

 

飛び込み営業グッツを考えた!
名刺、本の注文書、医院パンフレット、ポップ2種類。ラミネートしてすぐに使えるようになっています。

 

まずは、ちかくの本屋さんに行ってきました。

 

コラルの本屋さんには、なんと(*'▽'*)
既においてあるじゃないですか。
ニンマリ

 

19120202

 

目につくところに。しかも表紙を見せて。うぉ。予定外の高待遇に目を疑いました。

幸先の良いスタート。ありがとうございます!!

 

その後、別の本屋さんに行った。
店長にご挨拶。
すると「なんでしょうか?」とそっけない対応。本を書いたので、もよければ本を店頭に置いていただけないかとお願いして、セットを手渡し。
「患者さんには、ハガキをこれから出すので、近隣の方も買いに来ると思います。」
「よろしくお願いします。」と訴えるも、よろよろと心が萎えていく。
しなぁ〜〜。

廃車になってしまった。(オヤジギャグ)

そんな自分に「活!」

 

tonkatsu

 

という、お昼に豚カツを食べながらヘタれているのだった。

 

せっかく書いた本だから、いろいろな人読んで欲しい。木曜日には、都内の本屋さんにも行ってみよう。ちと恥かしいが、命までは、取られないだろう。
こういうのも人生経験だ。
飛び込み営業をやる方は、偉大だと思いました。

 

全ては、全国の子どもたちの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.11.20更新

昨年8月に本の発売を決意して、準備に半年を考えておりましたが、結局1年以上かかってしまいました。
小児歯科医院を開業して、10年が経過して思うことがあり本の執筆を考えました。
小児歯科医院を開業した時には、むし歯のない子供達に笑顔を届けたいと思っていました。

 


むし歯の洪水だった、昭和40年代生まれの僕は、むし歯を直すことこそ歯医者さんの仕事だと信じていましたが、今は、小児の虫歯は、かなり少なっています。
小学校6年生の虫歯経験数は、1本を切りました。
ほとんどの子ども達には、虫歯がなくなっています。

 

しかし、近年 虫歯は、減ってきましたが、その逆に軟食化が進む歯列不正、飲み込み、呼吸などの口腔機能の問題など新しい問題が発生しております。
そこで、0歳からのむし歯予防と歯並び予防に関して、口腔機能も含めた形で年齢別に子育て中の保護者の方に知っていて欲しいことをまとめて情報発信していこうと思い書きました。

 

3歳のお子様をもつ保護者の方には、3−6歳児の章を読んでいただければ、幸いです。
年齢ごとに、印がついています。
まずは、対象年齢の部分だけをお読み下さい。
その先の未来の部分をゆっくり読んで下さい。
振り返って全部読んでいただければもっと嬉しいです。

 

honn

 

 

 

11月20日ついに、アマゾンで発売日を迎えました。
本をまとめる過程ですごく自分でも勉強になりました。

 

この機会に是非 愛する子供達のために、正しい歯育てについて知ってもらいたいと思います。

 

元気一杯の笑顔、健口、輝く未来を子供達の元に届けたいと思っています。

 

全ては、全国の子供達の笑顔のために・・・

 

下田孝義

 

 

honnura

2019.11.04更新

3歳の男の子。丸く囲んである歯が見えますか?
歯と歯肉の境目が、「脱灰」といって歯の表面が虫歯になりかけて白く白濁しています。

 

191104

 


奥歯の歯肉との境目が歯ブラシしにくいんですよ。前歯は、見やすいので仕上げ磨きも行き届きます。家族が、増えたりすると手が回らなくなっていたり。致しかたないのは、分かります。

 

この状態からでもしっかり、キープして欲しいです。可能です。まずは、磨き残しをしないように仕上げ磨きをお願いします。(^人^)

 

歯科医院で出来ること。
唾液検査で、口の中の細菌の状況を理解してもらいます。
家庭でのホームケア=歯磨き、フッ素の指導
定期的なチェックアップ=歯医者のチェックと衛生士さんからの歯磨き の予約をお願いする。
が、むし歯予防の両輪です。
出来ればシーラントをして、歯にむし歯予防のコーティングをしてもらいたい。
保護者の方の協力は、不可欠なものばかりです。「すいません。」(//∇//)

 

むし歯は、むし歯菌による感染症です。

 

「手洗いうがいは、風邪予防」
「歯磨き、フッ素は、むし歯予防」

 

皆さんよくご存知ですね。
知っているなら、やってみよう!

 

Let's try!

全ては、皆さんが愛する我が子の為に・・・

 

下田孝義

2019.11.03更新

家族全員休みで、それぞれ 自分の時間を過ごしていました。
お母さんと娘は、「タルト作り」をしています。
午前中に金型を買って午後から作製
翌日のオヤツにしてくれました。

 

19110301

 

温めたタルトに、ホイップクリームを乗せて完成。

休みをゆっくりしている感じが、伝わったでしょうか。(о´∀`о)


日々 忙しいので、たまには こんな日も良いものです。

合間には、上智大学の学園祭に潜入。
YouTuberや女子アナ など、取材しに来ている人と会いました。娘は、直接知らないからスルー。それは、おかしかったです。

 

19110302

 

大半の時間は

野外ステージのダンス観戦。


初めてみる、ヒップホップ、ブレイクダンスなど、踊りにも種類があり、自分の好きな音楽ジャンルを意識していました。
動揺とテレビの主題歌しか分からないし、YouTubeなどでは、ドラマも早回ししちゃいます。音楽って興味ないと触れられない環境になっています。
音楽番組って見ないしなぁ。
そこでYouTube Premium に登録して車では、新しい歌でもかけてあげようかと思いました。
ちなみに再生してみましたが、一曲も知りませんでした。(爆)

 

米津玄師 って、読めない
今調べた、「よねづけんし」らしい。
10年以上 JPOP気にしていなかったので、端から端まで分からないなぁ。

 

こないだ高校生を面接して、◯◯坂48 が
48人いないことを知った。

 

来年50才になり、若くないのは分かるが、世代差 あるなぁ。

 

娘との共通言語を探そうと、努力することにする。
「勉強しろ!」しか、言わなくなりそうだ。
そんな父親には、なりたくない。
娘とも、会話がしたい。
小一なので、だんだん 離れていく。寂しい。

 

もはや 何話せば良いのか分からない。

 


休みは、家族と共に・・・

 

下田孝義

2019.11.02更新

「歯を救いたい」という願いを込めて。

希望を発信する、ハートフルのサイトが、もうすぐ完成します。

 

ハートフル歯科で行なっている、歯を残す為の治療方法をブログ形式で紹介しています。この紹介ブログを見て、歯は色々な方法で抜歯しないで済むんだなぁと思って頂けたら幸いです。
しかし、どんな状況でも保存が可能というわけでもありません。ご理解ください。
条件の整った方にのみ、治療を進めています。

 

今日は、銀歯の下に虫歯(オレンジ)が広がり歯肉の下の骨(水色線)にまで及んでいた患者さんに意図的再植術を行ったレントゲンをお見せします。

 

19110201

 

そもそも、歯肉の下までむし歯が、進むと液体成分が流れ込み、歯質と銀歯が接着しなくなることをご理解下さい。歯肉の下まで虫歯が広がっていると、かぶせものをきちんと接着できないため、抜歯となることがほとんどなのです。無理に接着すると、すぐに取れてしまう事態に陥ります。そこで、歯質との接着の条件が悪いと抜歯宣告しなければならない場合が多いのです。


今回の方は、
1.30代と若く
2.機能歯(入れる歯)は、良好
3.受容床(入れる穴側)も適切
4.非喫煙
5.根が、長い
と 好条件が重なったので、治療を決めました。個々の条件によっては、お断りすることもあります。

 

19110202

 

術後は、このように少し浮いた状態に設置しなおします。ここで、数カ月後に隙間に新生骨が、できればしっかりと噛めるようになるはずです。
この歯は、幸い 丸四角形、単根形状で、クルクル回して再設置可能です。まわすと微妙に引っかかり途中で沈まずに止まります。90度づつ回転しながら浮く具合を確認します。むし歯が適切に歯肉上まで見えてくる所を探します。

 

今回は、下図のように90度回転した抜歯窩に戻して、縫合しました。オレンジ部分がむし歯です。回転している様子を説明しています。
隙間に骨が出来てくるのに時間がかかりますが数カ月で徐々にグラグラは、止まってくるはずです。骨が治癒して、新生骨が出来て、固定してきます。そのあと、被せ物を再度作り装着します。

 

19110203

 

浮かして設置された歯は、やがてしっかりします。そして、5年を目標に使ってもらいます。グラグラしたり、膿が出てきたり、痛みが出たりしたら、抜歯になります。
もうあと数年ですが、大切な「あなたの歯を」使えるようにしたい。
これが僕たちの使命です。

数年後、もしダメになったとしたら、次はインプラントですね。と数年後の予測も必ず話すようにしています。

 

「歯質を残す。

神経を残す。

根っこを残す。」


再植術は、最終手段だと僕は思っています。それでも症状が出てきて、ダメな場合は、抜歯についてお話しします。
僕らは、万能の神では、ないのですから。 

 

精一杯な事を考えて
あなたの歯と共に歩む

 

下田孝義

2019.11.01更新

19110101

 

「もう疲れるから講演は、あんまりしない。」と講演中に話してくださったのは、7年近く前になるだろうか。知り合いの先生を通じてご紹介頂き、プライベートな勉強会に参加して、破折歯にスーパーボンドを使用した、破折歯の修復治療についてお話を伺いました。
「根築一回法」という、言葉は、今でもハートフル歯科の中で使用されています。「外科的に破折線を消す」など先生の講義の後、ハートフルでよく使われるようになった言葉もあります。

 


当時、本山先生は、眞坂先生のオフィスに呼ばれて、直接の実習を受け、「直伝の技」を習得させてもらいました。
ハートフル歯科内では、本山先生から他の先生に伝わり、ハートフル歯科では、「治療の選択肢」の一つとなっていきました。ここ数年で更に進化して、野田先生が、CTや3Dプリンターなどデジタル機器を応用して、移植を絡めた接着治療に発展させています。

 

基本は、歯牙の破折線は、細菌の侵入経路になるので、そこを接着剤でシールする方法です。
(外科的なので、写真は添付しません)

 

手術野は、出血を伴います。出血と接着は、相反する所。「術中に接着を行うなんて!」と当時は、驚愕しました。
今となっては、高齢にも変わらず後進の指導に尽力されていたことに感謝しかありません。「若い世代に伝えていかないといけないんだ。」と講演中にもおっしゃっていました。

 

僕も先生から受けた「バトン」を後輩に微力ながら、つないでいきたいと思います。

 

眞坂先生には、安らかにお休みください。

 

全ては、患者さんの笑顔のために・・・

 

下田孝義

2019.10.30更新

八重洲歯科の中村昇司先生が、ハートフル歯科にお越しになりました。

 

191030

 

 

中村先生は日本で最初に歯科用CAD/CAMに関する論文を書いた先生であり、
当院で働いている小坂井先生も中村先生のもとで研修しました。
小坂井先生とハートフル歯科のご縁を結んで下さったのも中村先生です。

 

また、同じバイコンインプラントのインストラクターとして、一緒に講演をさせていただいたり、
ボストン研修に一緒に行ったりと、ご縁のある先生です。

 

その中村先生から、
「CAD/CAM設備が多様なハートフル歯科を見学させて欲しい」との連絡がありました。

 

とんとん拍子に話が進み、中村先生にハートフル歯科にお越しいただいて、
当院の口腔内スキャナー(お口を撮影して三次元データに変換する機械)の
【インビザライン(矯正用)アイテロ】【ケアストリーム3600】【コエックスi500】実機を見て頂きました。
コエックスi500は10月21日に発売されたばかりの口腔内スキャナーで、
テスターとして発売前から使用していたので、使用感も合わせてお伝えしました。

 

ハートフル歯科では、数種類の口腔内スキャナー(光学カメラ)を使い、その使用感を検証しています。
口腔内スキャナーごとに特徴があり、必要に応じた使い分けをしています。

 

未来の歯科医療の中で【口腔内スキャナー】が中心になる事は、ほぼ決まっています。
パソコンのない社会に戻らないように。CAD/CAMのない歯科医療には戻りません。

 

中村先生は、これからCAD/CAMについて12回の連載をするそうです。
どんな記事になるのか大変楽しみにしています。

 

ハートフル歯科でお手伝いできる事があれば、
最大限協力させていただく事をお伝えしました。

 

間接的には、なりますが。
CAD/CAMの啓蒙活動として、お手伝いできればと思います。

 

中村先生、今後ともよろしくお願いします。

 

全ては、全国の患者さんのために・・・

 

下田孝義

2019.10.27更新

今日は、日本臨床歯科CAD/CAM学会関東支部の企画した、講演とワークショップのセミナーでした。

 

今回の企画は、技工士ー歯科医師連携について長野県在住の古澤先生から基調講演をいただき、その後参加者全員でワークショップをしました。

 

19102701

 

講演内容は、素晴らしく 歯科医師、歯科技工士、メーカー、ディーラーの垣根を越えて、納得させられました。(^○^)
僕も一生懸命メモを取り、電池の切れそうなiPhoneで写真を撮りながら拝聴させてもらいました。とっても、勉強になりました。
次回の自分の講演にも参考にさせて頂きたいと思いました。(多謝)

 

その後、ワークショップの様子です。
グループA~Fの、6班に分かれてディスカッションを始めます。
ぼくがタスクフォースを務めたのは、グループAです。タスクフォースは、グループの話し合いの内容を聞き、脱線しないように、答えが導きやすいようにヒントを与えて誘導する役割です。グループ毎に、決められています。

 

まず初めに、歯科医師、歯科技工士など職種による垣根となる問題点を抽出します。

 

19102702

 

その問題を緊急性と重要度で、分類し
最大の問題点を選びます。

 

19102704

 

最後に、問題解決の糸口を見つけるというディスカッション・ワークショップを行いました。

 

19102704

 

最後に、各班の問題点とその解決法を各々発表します。

 

19102705

 

毛呂支部長のグループCが、優秀賞をもらいました。

 

歯科医師、歯科技工士、歯科助手、メーカー、ディーラーなど、立場によって見方は、異なります。それぞれの立場からの発言を聞く事で、話し合いは、バランスがとれていきます。
このディスカッションに答えは、ないのですが、双方の意見を交換する事で、職種毎の風通しを良くします。
歯科業界に関わる人がCAD/CAMを通じてネットワークを構築して、患者さんに良い医療を提供する為に発展的な話し合いの場が持つことができました。

 

各班で、まとめられた問題点は、
1.教育
2.コミニケーション
3.スキルアップ
4.人材の確保
でした。
歯科業界にここ数年で拡散していくCAD/CAMにより、歯科業界の取り巻く環境は、変わり、「人と人との関係性」「人材確保、育成」に問題が生じていると感じたのではないのでしょうか。

 

支部会では、今後の活動として、問題解決の糸口を会員に提案していきたいと思っています。

 

初めと終わりに、職種毎の意識調査を行いました。このディスカッションを通じてその変化を追っていきます。ネットを使って、リアルタイムでアンケート集計します。面白い結果が、出ました。それは、学会に北條先生が、発表してくれます。

 


1日かけた講演、ワークショップ。
業界の中で、先駆けとなるワークショップ形式のセミナーも好評のうちに終わりました。

 

次回は、来年だそうです。

 

全ては、歯科業界の発展のために・・・

 

 

下田孝義

2019.10.26更新

先日、ラクビー代表が、大活躍したワールドカップ。
全体としては、終わってはいない。
日本が、決勝リーグで負けたことは、国民の全員がご存知だと思いますし、にわかファンの僕もここにいます。^_^

 

191026

 

そんなにわかラグビーファンが、見つけた。
三鷹にあった、新しい楽しみ!
三鷹でもラグビー観戦。
ワールドカップのその後で!が見つかりました!

 

「小さい秋、みつけた」みたいな感じです。三鷹駅北口 徒歩5分のところに横河電気のグランドがあります。そこで、日本のラグビーのトップリーグの試合が行われていました。(^○^)

 

覚えたてのルールを忘れないうちに、地元(正確には、武蔵野市)のラグビーチームを応援したくなりました!

 

年末にかけて、何試合もあるので予定を確認して観戦に行ってみたいと思います。

 

みんなで 「Atla Stars」を応援したよう!
三鷹・武蔵野の街をみんなで応援しよう!

 

全ては、地域の皆さんの為に・・・

 


下田孝義

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY