理事長のブログ

2017.09.15更新

ハートフル総合歯科グループでは、開業当初より院内のデジタル化を進めており、
むし歯の治療においては歯科用CAD/CAMを用いてセラミック修復を行っています。


南口医院では特にセラミック治療のニーズが多い為、2台のデジタル光学印象用カメラを常備しています。


しかし、機械に故障はつき物で、急遽カメラの1台が使えなくなってしま いました。


予約の患者さんに「機械が故障したから、今日の治療は中止、また来てね!」とは、言えません。

b
そこで、ハートフル矯正歯科医院からカメラをお借りし、昼休みに移動しました。

b

道路を押される光学印象用カメラなんて見たことないと思いパシャり!

意外と今日は、暑く、そおっとアスファルトの上を押して歩く。天気が良いので、がんばろう!
倒れたら一大事!

「そおっと、そおっと」「ゆっくり、ゆっくり」

気がつかれて、笑顔も出ない。(T . T)

今日は、なんとか1台でしのげたけど来週は、マズイなぁ。


AAPに参加してボストンにいる井上先生が帰ってくるまでにカメラのセッティングしなくちゃ。

デジタル化を進めると、機械に頼るので壊れたらおしまいです。代品だってすぐに来るとは、限らない。

電動麻酔器、光重合機、根管治療のメーター、タービンや五倍速まで 気づけば、何でも多めに買っています。

数百万円するCAD/CAMを一台多く保有するのかぁ。

意外とハードル高いなぁ。

デジタル化の弱点は、「故障したら仕事にならない。」ということだった。

CAD/CAMに頼りしすぎると、壊れた時に生活がなりたたない。電気が来ないのと同じですかね。

診療が止まり、生きていけない。

故障に備えた設備投資まで考えないといけませんね。

矯正院のカメラは、セラミック修復にもインビラインの撮影にも使える万能選手です。

やっぱり、こういう 機械があると診療が捗ります。

全ては、
患者さんの大切な時間、予約を守る為に・・・


下田孝義

 

 

 

 

 

2017.09.15更新

五回に渡る、訪問歯科セミナー「つが塾」が、終わりました。最終回では、熊谷の特別養護老人ホームに行き、ミールラウンドを見学してまいりました

b

30kg台に落ちた体重から太ることよりも痩せないことをに気を使う施設関係者の努力におどろきを感じました。「低栄養」という意味を初めて理解した瞬間です。

参加した塾生21施設が「食べる喜びを回復するために我々歯科医師が、出来る事」を、全5回に渡り、お話をお聞きしました。

急性期における医科での治療を終え、居宅や施設に入っている高齢者の方に「口から食べる喜び」を、取り戻す為のお手伝いとしての口腔ケアと口腔リハビリテーションについて学びました。

往診と言えば、「入れ歯の修理」という所がほとんどだと思います。
つが塾の目指すところは、「食べる事に関しては、何でもお任せ!」とのこと。
大学時代には、知り得なかった内容に毎回驚きながら楽しく学ぶことが出来ました。
この学びを三鷹、武蔵野の地域の皆さんに還元出来たらいいなぁと思っております。

b

全ては、食べる喜びをもう一度噛みしめたい高齢者の方とその家族の為に・・・

下田孝義

 

 

 

2017.09.15更新

ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長下田孝義です。

CADCAMセミナーを東京で、行うこと数回。ハートフル歯科で、メインで使っているヨシダ社のCADCAMの講師として全国行脚をさせてもらえるかどうかのテスト?全国のヨシダ社のマネージャーさんにセミナーをさせて頂きました。

b

僕らは、CADCAMを初めて8年。ヨシダ社が、CADCAMを取り扱って3年、CADCAMについて理解の浅いマネージャーさんにCADCAMの良さを伝えてきました。これからは、営業の方にも間接的に伝わっていくと思います。
前回の全国のヨシダ社の支店長会議、今回のヨシダ社のマネージャー会議を通じて、全国のヨシダ社の幹部の方に名前を覚えてもらうことが出来ました。^_^

僕の講演を気に入った方から、その地域の講師として来て欲しいとの依頼が来て、全国営業所に招かれる流れとなります。

どこからお声がかかるのかなぁ??

全くお声がかからなければ、おしまいです。(涙)

北海道、中部、九州など広い地域のマネージャーさんに、是非来てもらいたいと名刺交換をさせていただだきました。

呼ばれないってことは、ないと 信じたい。^_^

CADCAMは、予後の良い。素晴らしい治療法です。ただ、大学教育に入っていないので、なかなかその良さや取り扱いなど知られていません。
日本全国の皆さんに生涯、自分の歯を使い食事をしてもらうためには、CADCAM治療を広く伝えなければならないと信じています。
ハートフルで、8年間
院内で、一緒に働く歯科医師の先生に指導してきました。みんな、すぐに上手くなります。ぼくの口の中の銀歯も変わるがる、直してもらいました。
どの先生もうまいです。
他の先生に頼もうと思わないくらい。
ハートフルの先生達は、CADCAMハンズオンのインストラクターです。ご安心ください!

三鷹に通えない方にも、正しいCADCAM治療を若手の歯科医師に伝えることで間接的に広がっていくことでしょう。日本の歯科治療の高水準化させる為に、努めていきます。

札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、高松、福岡と全国行脚をして、ヨシダ社の社員の方を始め、地域で興味のある先生には、是非聞いてもらいたいと思っています。全国の津々浦々の方にも、CADCAM治療を継承していきます。
呼ばれたらです。(⌒▽⌒)

b

この活動を通じて
CADCAMは、日本の中でも、標準的な治療システムとなるはずです。

高齢者になっても、「自分の歯で美味しく食事ができる」楽しみを持ってもらいたいと思います。
そのためには、若年者のうちにCADCAM治療を、受けてもらいたいです。
CADCAMは、非常に予後の良い治療法です。
根管治療にならないために!根管治療になると極端に生存率がさがるからです。

神経をとった歯は、破折や膿んだり問題を起こしやすいです。

むし歯になった場合は、再治療のリスクの低いCADCAMを使用した、セラミック治療をお勧めします。

そんな全国の皆さんにも、美味しく食事ができる幸せを感じてもらいたく全国ツアーに行ってきます!


全ては、全国の患者さんの笑顔が、永続する為に・・・

下田孝義

 

 

 

 

2017.09.08更新

ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長下田孝義です。

諸々の手続き、準備が進み、往診部が誕生しました。

車は、タイムズでお借りします。
着脱可能なマグネット式の広告も完成。
往診先で治療する往診キットをお持ちして伺います。


食事が、出来るように回復を促す  「口腔リハビリテーション」も行います。

「最後まで 自分の口で食事をしてもらいたい。」

それが、我々の希望です。

 

全ては、食事に困っている全ての居宅や施設の高齢者の為に・・・

下田孝義

v

v

 

 

 

2017.09.08更新


毎朝、子供の朝の運動を兼ねて「ポケモンGO」をしながら夏休みは、吉祥寺を走り回っています。
塾と学校の往復の息子は、三カ月で3kg太ったそうです。
育ち盛りの息子ですが、少しふっくらしてきました。勉強も大切ですが、健康第一だと思い、朝のジョギングに連れ出して、一時間と決めて走っています。

b


そんな夏休みは、野球を最後に終わりました。

いつも車で通り過ぎていた 「道端の記念碑」が、ジョギング中に気になって立ち止まって パチッと撮影。

彫刻家の北村西望先生の、作品が置かれていました。
長崎の平和祈念像を作った方といえば、皆さんもすぐに思い出す事と思います。


現在、若手の歯科医師への教育という新しい「生きがい」を見つけ、新たに取り組むようになりました。若手の歯科医師に「夢と希望」を持ってもらえるように講演を重ねていきたいとスライド作りをしています。

残りの歯科医師人生で治療出来る患者さんの数は、決まっています。今までの人生で知り得た経験や知識を若手に伝承していきたいと思っています。
全国の患者さんの治療をすることは、出来ません。
デジタルデェンティストリーは、まだ新しい歯科治療です。ほとんどの先生方は、触れたことない世界です。これから浸透していく新世界へ正しく誘導してあげたいと思っております。
全国の患者さんにデジタルデェンティストリーの恩恵が届くようにしていきたいと思います。

「成功体験の積み重ねで上手くなる!」

これが、僕の講演の目指す所です。

全ては、全国の患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

 

2017.09.07更新

僕は、意外と本が好きでよく読みます。
古本屋の息子で、本嫌いで子供の頃を過ごしました。

漫画は、よく読みました。
本は、読みませんでした。

国語は、苦手でした。
感想文は、「最低の出来栄え!」と評され、教室で大爆笑を得ていました。今ならそんな先生の暴言は、大変な事件になった事でしょう。

大人になると変わるもので、今は、本好きです。大好きです。
文章なんて書けない、書きたくない。
笑われたくない。字も汚くて、見せたくない。なんて思っていた自分がいますが。
日々、こんな、ブログを書いています。
変われば変わるもんですね。

大人になると色々変化するものです。
両親の営んでいた古本屋は、なくなりました。しかし、Amazonで中古の本を買うようになり。古本から多くの事を学んでいます。

「古本屋魂」は、継続しています。

b

天才とは、運と努力を兼ね備えているようです。
頑張れるのも人それぞれの気質なんだと思います。

幸いの日本人は、稲作文化なので昔ほどではないのでしょうが、ガンバれる人種だそうです。

「欧米人は、酪農、小麦栽培など年間2000時間労働
機械化、大型農業
アジアの稲作文化は、年間3000時間労働
小規模農家、棚田、家族農業、手間のかかる稲作中心」

太古の昔から培われた、欧米人よりもガンバれる気質を生かして、これからも学び続けることを誓います。いつもチャレンジ精神です。

全ては、患者さんの笑顔のために・・・

下田孝義

2017.09.07更新

先日頂いた、ジャイアンツ戦を見に行ってきました。

bu


息子は、大好きな長野選手のホームランに大興奮

bu

小五の夏休み最後の日に良い思い出が
出来ました。

毎日、塾と家の往復となってしまった、夏休みでしたが、楽しい終えることが出来ました。

子供の笑顔を見て、父親としても嬉しく、楽しく過ごしました。

明日から9月になります。
リフレッシュ出来たので、また  真摯に患者さんに向き合っていきたいと思います。

全ては、患者さん、メンバー、家族の為に・・・

下田孝義

 

2017.09.07更新

ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長下田孝義です。

三鷹ハートフル矯正歯科医院に新しい口腔内カメラが導入されました。世界では、3年前にIDS(世界デンタルショー)発売されていだと記憶しております。
当グループには、モデルチェンジ前のiTero(全国40台限定)からインビザライン用の「歯型取り」を「歯型撮り」に改め、診察時間の短縮、嫌な型取りの撲滅、精度の向上などに努めてきました。

今回のモデルチェンジからは、更に進歩したものとなりました。カメラの撮影精度が、高まりお口を開けている時間が減りました。また、それは、不快な乾燥させるためにエアーが出続ける時間を短くさせ、顎の疲労も減少させます。

ソフトウエアの更新から、クリンチェックと言われる矯正診断の表示もより分かりやすくなり、治療計画立案やその説明など大画面で非常に使いやすくなっています。

ブログ写真1


また、見ての通り、パソコンというよりも大きな画面といった感じです。iPhoneのような、タッチ操作で全てが賄える様に変わったために便利になりました。

現在日本でインビザラインに利用できる、口腔内カメラは、3種類となりました。

ブログ写真2

その全てを使い、全容を理解しているのは、全国でもハートフル総合歯科グループしかないと言えるでしょう。
一台数百万する口腔内カメラですが、インビザライン矯正治療を行う上で必須!
激しく進化していているそのハード、ソフトを巧みに取り扱い、診療に生かしていこうと思います。

インビザライン矯正治療の腕とは、症例数にある意味依存します。それは、従来のワイヤー矯正と全く違う歯の動き方をするので、大学での矯正教育とは、一線を画しているからです。
また、コンピューター技術の支援が入ることも大きな特徴です。
だから、最新の機械を使用する事で、サポートも、強化されます。インビザライン矯正にAIが、始まると更に変わっていくことでしょう。まだまだ、進化は、止まりません。

最新の機械で、常に時代の流れに乗っていきます。

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

下田孝義

 

 

2017.08.31更新

ハートフル歯科医院、ハートフルデンタルクリニック、三鷹ハートフル小児歯科医院、三鷹ハートフル矯正歯科医院の理事長下田孝義です。

ハートフル歯科にジョーモーションファンクションの機材がやってきました。
ジョーモーションファンクションとは、顎運動解析が出来るソフトウェアです。

失われた歯牙の噛み合わせを調整しながら、作る
それが、主な「歯科医療」

銀歯や白い歯に限らず、噛み合わせの回復を主に担っています。

その際に、「しっかり噛んでー!」と言いながら、噛み切る位置を模型で再現するのが従来の歯科治療。
これからは、下記のような装置をつけて三次元的な運動をコンピュータに取り込んで運動を再現していきます。

しっかり噛んだ一点だけを再現しながら製作する被せ物
→噛む運動を再現して、その動きを加味しながら製作する被せ物

これが、次世代の歯科治療になるはずです。

噛み合わせを読み込むところです。
コンピュータ上で顎が動いています。

次のステップは、これにCTや本人の歯牙データを一緒に合成します。


顎の運動解析
CTでの骨
歯牙データ
の三者を融合して、いきます。

まだ
作業の途中ですが、解析が進んだら、ご報告します。


ただいま、最先端の診療技術で、診察中です。(^^)

全ては、患者さんの笑顔の為に・・・

下がジョーモーションファンクションの動画になります、「動画」をクリックしてご覧下さい。

動画


理事長
下田孝義

 

2017.08.25更新

息子も大きくなってきました。
一緒にお風呂に入ることも普段は、ありません。
一緒に寝ることもなくなりました。
それは、そうですよね。
小学5年生です。
もう、一緒に遊んでくれなくなりました。
子育てされた方なら、みんな 感じる時なんだと思います。
親離れする日!

寂しいですね。(T . T)

五年生の夏休みの宿題も終えて、やっと落ち着く
-夏休みの最後の日-
そして、同じく僕の公休日の木曜日が、重なりました。(^^)

更に、
息子が行きたいと言っていた、ジャイアンツ戦まで、重なっていたのです。

そんな奇跡の木曜日、ジャイアンツ戦のプラチナチケットを患者さんから頂きました。

ヤフオクで、探そうと思っていた矢先の出来事。

 

夏休み最後の日

 

僕の心を読まれていたかの如く、「夏休み最後に息子さんと行ってきなよ。」頂きました。
嬉しかったです。

小学5年生になるとなんだか、塾とか夏期講習とか子供も忙しくなります。親子の会話も減りがちです。
「勉強したか!」「宿題やったか!」
口うるさいお父さんになってしまう毎日。
本当は、もっと お友達の事とか、学校の事とか話して欲しいのに。
そんなことよりも先に、「小言親父」になっています。トホホ。

来週の木曜日だけは、仲良し親子で声枯れるまでジャイアンツの応援をしたいと思います。
野球談義で盛り上がってきます。

そして、「夏休みの思い出」作ってきます。

40年近く前に、野球オンチの父親と後楽園スタジアムに行った事は、今も覚えています。
たしか、王監督が、まだ現役の選手でした。
父親は、存命ですが懐かしいです。

息子にもそう思われるのかなぁ。

頂いた方には、この場を借りて感謝の言葉をお伝えしたいと思います。
「ありがとうございます。」

その日ばかりは、優しい父親でありたいと思います。

全ては、愛する息子の笑顔の為に・・・

下田孝義

 

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY